リッテンハウス ライ25年 50%シングルバレル・ストレート・ライウィスキー/ヘブンヒル

リッテンハウス25年 50% シングルバレル・ストレート・ライウィスキー バレルNo.5/ヘブンヒル

リッテンハウス25年 50% シングルバレル・ストレート・ライウィスキー バレルNo.5/ヘブンヒル 
いきなりですが、ごめんなさい。

シングルモルトではありません。アメリカンのライウィスキーです。

ただ、こいつは、すごいです。普段、ライウィスキーどころか、アメリカンウィスキー自体あまり飲むことがない小生ですが、これが只者じゃないっていうのは分かりましたので、紹介させてください。

色:やや黒みがかった赤だが、透明感がある。

香り:トップの濃厚な香りのアタックでレベルの高さがわかる。華やか。バラや香りの強い花のエステリーさが素晴らしい。度数の強い梅酒のフルーティさ。焦げた樽。やや古い輪ゴム。時間が経過すると、フルーティさよりも、やや焦げの要素が印象的になる。

味わい:決して大味ではない。パンチはあるが、トゲトゲしくなく、嫌なアルコール感がない。喉を過ぎてから、再び口の中にスパイシーさが返ってきて、気持ちが良い。ライウィスキーだがボディが非常にしっかりしていて、上品な梅酒のような甘みもあり、華やかで飲みごたえがある。シングルモルトではあまり感じられない、樽が強く焦げた感じやエグミのような物を感じるが、決して苦にならず、程よいアクセントとなっている。余韻は長く、フルーティさの下に、焦げた樽がしっかり持続する。

総評:良いお値段ですが(汗)、素直に素晴らしいと思えます。アメリカンウィスキーが苦手な小生でも、満足できる一本です。モルト飲みの方でも、ぜひ飲んでもらいたいです。

リッテンハウス25年 50% シングルバレル・ストレート・ライウィスキー バレルNo.5/ヘブンヒル 

ブローラ1982 14年 / ケイデンヘッド オーセンティックコレクション

ブローラ1982 14年 ボトリング1997 60.6%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 

まぁ、暴れん坊です(笑)

アルコールのパンチ力が半端ではありません。14年熟成していますが、かなりヤンチャです。
 
歴史的なことはあまり詳しくないので端折りますが、クライヌリッシュとブローラは特殊な関係です。

ブローラと呼ばれることとなった蒸留所の名前が元々クイヌリッシュで、後にその元々のクライヌリッシュ蒸留所の近くに作られた新しい蒸留所をクライヌリッシュ蒸留所とし、それに合わせて元々のクライヌリッシュ蒸留所がブローラ蒸留所と改めたらしいです。 
 
自分で書いていて、めちゃくちゃ混乱しましたが、とにかくそういうことらしいです。 わかりにくくて申し訳ありません。 

そして、その後、シングルモルトスコッチの魔の年でもある1983年にブローラのみ操業を停止しています。

ちなみに、ポートエレン蒸留所の操業停止と同じ1983年5月の事です。 
それ以上の事は、シングルモルトウィスキー大全をご覧下さい(汗) 

 
味や香りはと言うと、正直な事を申し上げて、スパイシーでパワフルなアルコール感が強すぎて……圧倒されてしまいました。 
 
本当にスパイシーで、キルホーマンのニュースピリッツなんかと比べても、断然飲みづらいです。

単にアルコール度数が高いというよりは、アルコールの質の問題だと思います。

熟成年数が14年あるにもかかわらず、熟成感をほとんど感じさせないヤンチャぶりで、ニューポットっぽい雑味やえぐみの様なものはあまり感じませんが、美味しいとか不味いとかは別にして、とにかく飲みづらい(笑)

本当に舌が、口が、喉が熱くなりました。  
もしかすると、オフィシャルのカリラのカスクストレングスなんかよりも、ビリビリとして激しいかもしれません。 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション
 

味も香りも、スパイシーでパワフルなアルコール感を除いて考えると、軽いレモンに近い柑橘系のスッキリとした香りを微かに感じするくらいで、アルコール以外の個性は薄いかと思います。

まぁ、どうであれ、アルコールのスパイシーさとパワーは、尋常ではないです。 

あと、あまりに飲みづらいので加水しようかと思ったら、バーのマスターに、

『このブローラは、加水しても単に伸びる(※薄まる)だけだから、加水しても意味ないよ。』

と、言われましたので、頑張ってストレートで頂きました。 

 
ちなみにバーのマスター曰く、

『ブローラは、最低でも20年熟成させないと本当の良さが出てこないモルトだよ。』

とのことでしたが、長熟のブローラは、現在いきつけのお店に無いそうです……。  

長熟の魅力的なブローラに出逢いたいです(涙) 
 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション

スプリングバンク1965~1996 31年 42.7% カスクNo.2629/ザ・ボトラーズ 

スプリングバンク1965 1996年ボトリング 42.7% カスクNo.2629/ザ・ボトラーズ スプリングバンク1965 1999年ボトリング 42.7% カスクNo.2629/ザ・ボトラーズ 

先日、ザ・ボトラーズのスプリングバンク1993の記事を書いたのですが、それとは違うザ・ボトラーズのスプリングバンクです。

なんと言っても、蒸留された年もボトリングされた年も、かなり古いです。

ただ、最初に申し上げておきますが、個人的には1993ヴィンテージの方が好きです。

一言でいうと、こちらの1965ヴィンテージは、軽い潮気と樽香を持ち、穏やかでまったりとした熟成感がポイントで、1993ヴィンテージは、パンチがありながらもバランスのとれた、フルーティーさとしっかりとした飲みごたえがポイントで、後者の方が小生には肌が合ったようです。

好みはあると思いますが、少なくても1993ヴィンテージほどのインパクトはありません。

あと、1965ヴィンテージにも、スプリングバンクらしいピリっとした潮気を伴なう、キラキラした華やかな香りがあるのですが、現行のオフィシャルボトルなんかと比べると穏やかで、素直で、ちょっと物足りなさを感じる人もいらっしゃるかと思います。
ここは判断が分かれるところだと思いますが、個人的には、まったりとする長期熟成のシングルモルトとしては熟成感があり評価されるべきですが、スプリングバンクらしさと言う点では、もう少し華やかな個性が出ていればと悔やまれます。

ただ、今となっては、スプリングバンクでこのヴィンテージの古さと、熟成の長さは、なかなか貴重で、非常に落ち着きのある長期熟成のスプリングバンクだと思います。

スプリングバンク1965 1999年ボトリング 42.7% カスクNo.2629/ザ・ボトラーズ 

ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/OB

ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/オフィシャル

ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/オフィシャル

ブルイックラディのセカンドブランドであるポートシャーロットの8年熟成モノです。

能書きは長くなるので、輸入元資料をご覧ください。

ポートシャーロット8年(PC8)も、充分にピーティなフェノール値40ppmの麦芽を使用しています。ポートシャーロットは2001年より蒸溜を開始し、2006年に5年熟成のPC5がリリースされました。第4弾となるPC8は、バーボン樽8年熟成、カスクストレングス(60.5%)のボトリングです。ピートスモーク、海、デメララシュガー、甘いオーク材のフレーバーが年数以上の熟成感、複雑さと芳醇さを醸し出しています。また、エディンバラで開催された「Whisky Fringe」の投票で、250種のウイスキーの中で1位(2009年度ウイナー)に選ばれています。
この後の期待がさらに高まるブルイックラディ蒸溜所の21世紀のモダンシングルモルトをお楽しみください。

~以上、輸入元資料~

感想はと、言うと…

香り:重いアルコール臭、材木を燃やしたような強いスモーク、どちらかと言うとオクトモア2ndエディションよりキルホーマンのウィスキーライブ向けのシングルカスクに近いスモーク感、水飴のような甘み。

味:強いアルコール、しっかりとした丸い甘み、幾分すっきりとしたカンロ飴、材木を燃やした煙たさ、時間が経つにつれ、アルコール感が薄れ、甘さが強調され、さらに時間がたつとピート感が強く感じられる。

総評:スモーキーさが強いのは言うまでもないが、それ以上にしっかりとした甘さが印象的。オクトモア比べると、ずっとバランスが取れていて、スモーキーさが苦手でなければ、度数や熟成年数の割には飲みやすい。ピートの焚き具合が40ppmとラフロイグと同じか、少し弱いくらいだが、一般的なラフロイグよりもヨード感は弱く、スモーキーさが目立つ。

タムデュー1989 19年 57.1% シェリーカスク / ダグラスレイン オールド&レア

タムデュー1989 19年 57.1% シェリーカスク / ダグラスレイン オールド&レア

有数のボトラーズである、ダグラスレインの最高級ブランドのこのオールド&レア(OLD&RARE)シリーズです。

ボトラーズのタムデューを飲むのは、初めてだったのですが、素敵です。

落ち着いた大人な感じです。
タムデュー1989 19年 57.1% シェリーカスク / ダグラスレイン オールド&レア
色:やや濃い赤み。※写真の通り粘度が高く、グラスの内側を流れる涙が長い。

香り:落ち着きがある豊かなドライフルーツ感、酸っぱくないよく熟したレーズン、高級なドライフルーツ、うるさくないが複雑、麦芽感のあるお菓子。

味:上品なシェリー由来の甘みやコクがしっかりしている、余韻が豊かで綺麗、ほんの微かに麦芽の甘みや牛乳を沢山つかったクッキーの様な甘みが残る。

総評:非常に上品で美しいシェリー樽熟成のお手本の様な逸品。酒質自体は、個性のあるタイプではないようだが、その分、シェリー樽の非常に良い影響を受けている。引っ込み思案でもコテコテでもない、適度なシェリー感が素晴らしい。素直な酒質にシェリーがうまくマッチしている。 バーのマスターが、『ナイトキャップにするか、シガーに合わせると素敵だろうねぇ。』とおしゃったが、全く同意。落ち着いた大人向けの一本です。

タムデュー1989 19年 57.1% シェリーカスク / ダグラスレイン オールド&レア

1 89 90 91 92 93 98