GMケルティックのロングモーンが、また…

ゴードン&マクファイル(GM)ケルティックラベルのロングモーンが、またリリースされるとの案内が来ました。

金欠で買えないですが、興味はもちろんあります。

スペックは以下の通りです。(※以下輸入元資料より文章・写真引用)

ゴードン&マクファイル ケルティックラベル(for JIS)

ロングモーン1964 46年 51.3%  ファーストフィルシェリーホッグスヘッド

総ボトリング数 165本 カスク№1033
ゴードン&マクファイル ケルティックラベル(for JIS)  ロングモーン1964 46年 51.3%  ファーストフィルシェリーホッグスヘッッド  総ボトリング数 165本 カスク№1033

2010年年末第1弾リリース、GM社最高峰ケルティックラベルの「シリーズ最古 ロングモーン1964」と「シリーズ初 ストラスアイラ1967」2種が入荷致しました!!

ロングモーンはこのケルトラベルでリリース数が多い銘柄ですが、単に人気があるということではなく、数あるサンプルの中でもやはりロングモーンが素晴らしい秀逸なカスクが存在します。そのロングモーン同ラベルで最古となる1964年で、非常に貴重なものであることに疑いはないと思いますが、以前も含め1964のロングモーン原酒はピークを過ぎた感が強くありました。しかしこのカスクだけは渋さが多少あるものの、それもアクセントにそれ以上の各要素の強さが光りました。

※引用終り

輸入もと資料の通り、同じくストラスアイラ1967ヴィンテージも併せて販売されます。

それにしても、いい色ですね。いい意味でも悪い意味でも、しっかりシェリー味なのかもしれませんね。
飲んでみたいのは、やまやまなのですが、富山で入荷するお店が果たしてあるのかどうか……。

こういうボトラーズの高価格帯の商品は、富山ではなかなか出会えせん(涙)

オーナーズカスク一時休売

恥ずかしながら、今日知りました。

サントリーのオーナーズカスクが一時休売されるとのことです。

サントリー公式ホームページ http://www.suntory.co.jp/whisky/ownerscask/

サントリー 山崎蒸留所 貯蔵庫(ウェアハウス)ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うとリストアップされた樽の中から、樽ごとウィスキーを購入し、ボトリングされた状態で宅配してもらえるというシステムです。

理由は定かではありませんが、発表の時期が本年6月なので角瓶の売れ過ぎによる原酒不足が一因として考えられると思います。

どれくらいの量を販売されていたのかは、知る由もないですが、お祝い事や記念、あとは酒屋(小売店)のオリジナル商品として、そこそこ需要があったのではないかと思います。

正直、自分も10年先、お金を貯めて、一樽分、ある方に差し上げようと思っているのでが、不安になってきました。(※それ以上に、樽ごと買えるくらいのお金を貯められるかどうかの方が、よっぽど心配ですが(汗))

とにかく、ちょっと気がかりではあります。

シングルモルトにはまると、どうしても一期一会のシングルカスクっていうのは、特に魅力的に感じてしまうんですよ。おいしいかまずいが、好きか嫌いかは別にして、非常に個性的面白いものが多くて、たまりません。

いち早い復活が望まれます。

ウィスキーエキスパートへの道その2 参考書

ハイランダーイン(クレイゲラキ/クレイゲラヒ)10月のウィスキーエキスパートの試験勉強が、一向に進まない、シングルモルト見習いです。

ブログなんか更新している場合では、ありませんが、息抜きということで……。

問題が難しいんですよ。覚えることが多くて多くて、嫌になります。

過去問集はあるのですが、一般的な問題集なるものはありませんので、辛いです。

一応、勉強に使っているメインの本を揚げておきます。

(※写真は、スコットランド クレイゲラキのハイランダーイン)

・ウイスキーコニサー教本2010 上巻・下巻

・シングルモルトウィスキー大全

・エキスパート試験過去問題集(平成16~19年度)

・The Whisky World(ここ最近の5冊くらい)

以上の、4点くらいでしょうか。

基礎知識としては、教本を使っていますが、モルトの蒸留所のディープな情報は、シングルモルトウィスキー大全のレベルまで必要となるでしょう。

The Whisky Worldは、タイムリーなネタに対応すべく購入しました。

過去問を見ると、新設の蒸留所や復活した蒸留所に関する問題が出てくるので、新鮮な情報を仕入れるルートがないのであれば、The Whisky Worldは外せないかも…。

過去問の傾向を見る限り、この4冊でしっかり勉強すれば、満点はともかく、合格点は堅いと思います。

あくまで、ちゃんと勉強すればの話だが(汗)

試験まで、残り20日を切ってしまって、さらに憂鬱になる今日この頃………。

ウィスキーエキスパートへの道

先日の記事の通り、現在、スコッチ文化研究所(代表 土屋守氏)のウィスキーコニサー試験のウィスキーエキスパート(※3階級の一番簡単なグレード)を受けるつもりなのだが、まぁ、思うように勉強は進まない。

勉強すればするほど、自信喪失状態に陥り(※そもそも自信なんて無いが…)、凹んでしまう。

おまけに仕事が忙しいし、月4回ほどの休みも、ここ最近、他の趣味のイベント事や結婚式が重なって、ことごとく勉強の時間が取れない。

こういうときだけは、週休2日の方が羨ましいと思うが、そんなことは言い訳にはならないし、そもそもバーテンダーの多くの方は、週休1日あるかないかくらいで働かれているわけで、そういう意味で同じ土俵の上に立っているのかもしれない。

ただし、日毎からウィスキーを扱う仕事をしている方と、全然関係ない仕事をしている人とでは、基礎知識や各ボトルに関する情報や蘊蓄のレベルがやはり違う。

普段、アイラモルトばかり飲んでいる自分のようなただの飲み手にとって、スコッチの蒸留所の地域区分を覚えるだけでも、非常にキツのだ。

『ブレイヴァル』と言う言葉を聞いて、一瞬、

『ん?蒸留所の名前なの?』

と思ってしまう程度の知識レベルの人間に、さらに場所だの、仕込み水だの、所有者だの、ポットスチルの数だの、設立年だのを覚えることが容易でないことは、自明の理であるわけで…。
ただ、少しずつではあるが、進歩しているところもあり、過去問は、しっかりと余裕を持って合格点(※70点)を超えられるようになってきたが、過去問なんて、繰り返せば、だれだって70点を超えるわけなので、自信には、なかなかつながらない。

それに、アイリッシュはとにかく、カナディアンとアメリカンの問題を解いているときは、あいかわず、お手上げ状態で、普段、ほとんど飲むことないツケをここで払わさせられることになりそうだ。

あと、時事ネタ問題で、少しばかり、やんちゃするのは、辞めていただきたい。

アメリカ大統領の話だとか、オリンピックの話だとかは、お願いだから出題しないで欲しい。ウィスキーに関するの知識がどうのっていうより、一般常識クイズのようになっている問題は、分からなかったとき、非常に腹立たしい思いをする。

長文になってしまったが、要は単なる愚痴である。

大変申し訳ない。

試験までもう20日ほど………この不安とイライラは、しばらく続きそうだ。

ウィスキーエキスパート試験勉強中

ウィスキーヘリテージセンターの展示ボトル(マッカラン)平成22年10月に行われるスコッチ文化研究所のウィスキーコニサー試験 ウィスキーエキスパートの試験勉強をちょろっとやっているが、まぁ、これが難しい。 
 
いや、難しいというより、アメリカン、アイリッシュ、カナディアンウィスキーについて、ほとんど無知であるからだ。

情け無いと言う他ない。解けない問題が無いわけではないが、個別の蒸留所の知識になるとお手上げ状態になる。

ただ、平成18年の過去問は、自己採点では、約78点という合格点を取れたが、他の年度(※試験は平成16年から行われている)の試験は、6割くらいという状況で、これでは不合格である。(※合格点は約70点とのこと)

あと、スコッチでも、蒸留所の所有者やマニアックな特徴を聞かれるとかなり怪しい。 
お恥ずかしながら、普段はアイラモルトばかり飲んでいるので、地域区分が怪しい蒸留所が沢山ある。  

というのも、ハイランドと一口にいっても、それが、東西南北ハイランドのどれに分類され、さらに、地図上のおおよそどこら辺なのかまでわからないと厳しいのだ。
 
簡単なところで言うと、例えば、グレンドロナック蒸留所は、現在の地域区分ではハイランドに属するということを知っていても、それがスペイサイドに近い東ハイランドであることを知らないと解けない問題が出てくるわけである。

もっと言うと、全蒸留所のおおよその位置関係が分かっていないと、『蒸留所を北にあるものから順に並べよ』という問題が出たときに、勘に頼る他なくなるわけで、地図を見ながら勉強することが重要なのだ。それ以外にも、スコットランドの地図を使った地理問題や、アメリカとアイルランドの地図を見ながら、地名や蒸留所名や場所を問う問題もある。

試験まで、もう1ヶ月ないのだが、日々、自信がなくなっているのは、間違いないと思う。

頑張ります(涙)

1 88 89 90 91 92 101