スペイモルト・マッカラン1967と1969のその後

先日のスペイモルト・マッカラン1969~2009という記事でも書いた、スペイモルト・フロム・マッカラン(ゴードン&マックファイル)の1969(~2009、46%、カスクナンバー9368 日本向け)と、1967(~2008、43%)の、開封後の味の変化を確かめてきました。

スペイサイド・マッカラン1967と1969

※写真は、携帯電話のカメラで、お店の方の許可を得て撮影しました。(画質が悪くてごめんなさい。)

感想はというと、両方とも展開の仕方がすご過ぎます。時間の経過共に、味や香りの変化が劇的過ぎて、モルト見習いの限界を超えていました。

あくまで、相対的な評価ですが、スペイモルト・フロム・マッカラン1967(~2008、43%)は、やはり開栓直後と同様、シェリー香がグラマラスでバラの花束のように華やかですが、マッカランとしての適度な重みや力強さも感じさせる、ゴージャスで秀逸なモルトです。

繊細でかつフルーティで、どちらかというと線が細いですが、本当に華やかでリッチなシェリーの香りが素晴らしいです。

そして、開封直後、全然、面白くなかったスペイモルト・フロム・マッカラン1969(~2009、46%)ですが、こちらは飛躍的に変化しました。こちらも、1967に負けないくらい華やかなのですが、シェリーの香りの出方が控えめでバランスが良いという意味では、より洗練されています。ケバケバしく無いモデル美人って雰囲気です。でも、あくまで骨太です(笑)あとは、樽の香りも結構感じられ、シェリー由来の濃いカラメルのような印象が強いです。
酒質の太さは、明らかに1967とは異なり、どっしりと太く、しっかりしています。

1969は、開栓直後とあまりにも違い過ぎていて、驚かされました。

BARのマスター曰く、この1969は、開栓の際は、少し濁っていたのだけれど、その後次第に濁りがなくなって、見た目も全然違うものになったとおっしゃっていましたが、確かに、その通りでした。

どちらにも、共通して言えるのは、グラスに注いでからの味と香りの変化の度合いが劇的で、変化が幾重にも重なって起こります。

展開力が半端じゃないです。

また、熟成年数は、約40年と約41年ですが、決して熟成感があるからと言って、単に儚く、優しくまったりさせるタイプではなく、枯れることの無いボディに、適度に華々しいシェリーをしっかり身にまとっています。

60年代や70年代やオールド・ヴィンテージのオフィシャルのマッカランは、恥ずかしながら飲んだことはありませんが、どちらも、マッカランの名前に恥じない銘酒だと思います。

なんじゃこりゃっ!キルホーマン3年INAUGURAL

キルホーマン3年INAUGURALを飲んできました。

 

感想は、

「なんじゃこりゃっ!(松田優作風)」

って感じでした。

 

拍子抜けと言うか、期待はずれというか……。キルホーマン3年 INAUGURAL

※携帯電話のカメラで撮影しています。※お店の方の許可を得て撮影しています。

ニュースピリッツを飲んだ事のある人は、どちらかというと、がっかりされた方のほうが多いと思います。

 

以下、輸入元のウスク・イーのホームページより引用

www.whisk-e.co.jp/news/2009100500.html

2009年9月9日には、ファーストリリースの記念パーティーが蒸溜所で開催され、 「INAUGURAL(就任式)」 と名づけられたこのキルホーマンのシングルモルトが初披露されました。
当初の計画では、ファーストリリースとしてバーボンバレル熟成と、 ファーストフィルのシェリーバットで半年間フィニッシュ したものを混ぜ合わせ、世界で15000本ほどを予定しておりましたが、後者があまりにも素晴らしいため、シェリーフィニッシュのみをボトリングすることとなりました。そのため残念ながら、 限定数は8,450本 となりました。

~以上、引用~

 

文中に、『後者があまりにも素晴らしいため…』とありますが、これは、バーボンバレル熟成のものの出来が非常に悪かったので、相対的にシェリーフィニッシュが良いってことのでしょうか?

正直、残念でなりません。

 

某ネットオークションで、12,000円前後で売っている人は勝ち組で、それを買った人は、開けて残念って感じでしょうか…。

正規に購入したとはいえ、商売をするわけでもないのに3本も買ってしまったモルト見習いは、負け組です(涙)

せめて、カスクストレングスであれば、良かったのかもしれませんが…。

アードベッグを超えてくれないのでしょうか?(涙)

 

良くも悪くも、ピーティですごく若い、普通のアイラモルトといったところでしょうか?

個性がないわけではないですが、特筆するところもなく……。

熟成年数が若いなら若いなりに、派手にやんちゃしてくれればいいのですが、内弁慶っぽいところもあり、表現に困ります。

どちらかというと、キルホーマンはやんちゃでいいと思うんですけどね。

敢えて、やさしくて華やかな路線を意識する必要は無い気がするのですが、作り手として、大衆受けを狙っているのでしょうか。

 

そう言えば、キルホーマンに塩茹でのタラバガニを殻ごと焼いて焦がした臭いに近いものを感じるのですが、自分だけでしょうか?

甲殻類を思い起こさせる海っぽい塩気と鼻につく焦げた薬品(ヨード)臭にというか、苦くて臭いお薬というか……。

ズワイガニを殻ごと焼いた臭いとは、また違うんです。もうすこし、磯っぽくてエグイんです。

 そこが、キルホーマンに共通する特徴のような気がします。

 

とくにかく、今後に期待します。

オクトモア/2_140 5年を注文しました

どうも、購入するシングルモルトウィスキーは、月1本と、心に決めたモルト見習いです。

もうすで、11月の購入品を決定してしまいました。

11月中旬に到着予定です。

 

それは、オクトモア/2_140 5年 (62.5%)。

※下の写真は、ブルイックラディ蒸留所の公式ホームページより引用

www.bruichladdich.com/latest_news.htm ※引用元URL

オクトモア/2_140

商品の表記の、2は、2nd editionの意味で、140は、麦芽のピート香の強さを表す目安であるフェノール値が140ppmだということ表しています。

 

フェノール値は、アイラモルトの最強クラスのアードベッグでも、だいたい50ppmくらいで、このオクトモアは、その倍以上でシングルモルトウィスキー史上最強のフェノール値を誇ります。

ちなみに、前述のアードベッグのスーパーノヴァと言う、アードベッグ史上最強のピーティさを誇った限定品ですら100ppm超ですから、とんでもないことになりそうですね。

スーパーノヴァは、確かにめちゃくちゃピーティでスパイシーではあるんですけど、骨太でどっしりって感じではなくて、アードベッグにしては割と軽い酒質ゆえに、正直期待はずれだったので、オクトモアには期待しています。

 

そもそも、オクトモアは、アイラ島のブルイックラディ蒸留所のセンカンドブランド、(サードブランド?フォースブランド?)で、激烈にピートを焚いたタイプです。

そのオクトモアより、ピートを控えめで、ラフロイグ並にピートを焚いたものは、ポートシャーロット(ポートシャルロット)と言います。あと、もう一個、ポートシャーロットとオクトモアの中間くらいの物があるらしいですが、調べてないのでよく分かりません・:∵(;´∀`A汗il||li

そもそも、ブルイックラディ自体、自分はあんまり飲まないので(*-ω-)

 

 

それにしでも、ブルイックラディは、遊びすぎじゃないですか。

ボトル自体を赤くしたり、青くしたり、ラベルノデザインにこってみたり、ピートを焚きまくったり、なんとかウッドフィニッシュを思いつく限り出しまくったり。

グレンモーレンジもそうですが、若干迷走している感が無くはないです。

マニアックなモルトが大好きなモルト見習いですが、マニアック過ぎるものばかりで、もう、ついていけません。

 

 

オクトモアの詳細は、CMの後で………じゃなくて、到着の後で。

でも、もったいなくて、開けれず、富山のBARで探すかもしれません。

ごめんなさい。

グレンリベット18年(旧ボトル)

グレンリベット18年(旧ボトル)
学生の頃、しこたま飲みました。

行きつけの店が、リーズナブル価格で、ボトルキープができるお店(BAR)だったので、飲み始めた場仮の頃は、よくこのボトルをキープしていました。

なぜなら、安かったから(笑)

学生時代、5、6本はボトルキープして飲んだでしょうか。

自分が学生だったので、お店の方が気を使って安くしてくださいました。

 

写真は、学生時代に携帯のカメラで撮ったものです。

ちなみに、左後ろは、バルヴェニー15年で、右後ろは、スプリングバンク10年(旧ボトル)です。

グレンリベット18年(旧ボトル)

味はというと、熟れたりんごと洋梨という印象が強く、フルーティーですが、味も香りも大人しかったです。

モルト見習いのような、パワフルなモルトが好きな人には、少し物足りなさを感じることでしょう。

 

旧ボトルの21年アーカイブを飲んだこともありますが、より華やかではあるものの、やはり何かが足りないような気がしました。

 

その反動か、このグレンリベット18年に満足してからは、激しいカリラのカスクストレングスをキープすることが多かったです。

その後、ボトルキープしていたボトルは、バルヴェニー15年が多く、さらにその後は、お金がなくて竹鶴12年をよく飲んでいました(笑)

竹鶴12年のコストパフォーマンスは、素晴らしいですね。

 

学生の頃の話なので、ちょっと懐かしい…。

 

ちなみに、今は、グレンリベット16年ナデューラが、グレンリベットの中で一番好きですね。

バッチにもよると思いますが、自分が所有するアルコール度数59.7%のナデューラは、ずるいくらい出来がよいです。

キルホーマン3年INAUGURAL 三連星

祝!キルホーマン3年INAUGURAL購入。

アルコール度数:46%のノンチルフィルターっていうのも、嬉しいですね。

詳細は以下の通りです。

以下、輸入元のウスク・イーのホームページより引用

www.whisk-e.co.jp/news/2009100500.html

2005年、アイラ島に124年ぶりに蒸溜所が誕生しました。その名はキルホーマン蒸溜所。
スコットランド最西のキルホーマン蒸溜所は19世紀のアイラ島では一般的であったファームディスティラリー(農場蒸溜所)で、使用するモルトの一部を自社の畑で栽培しています。使用するピートももちろんアイラ島産で フェノール値は50ppm と非常にピーティです。

2009年9月9日には、ファーストリリースの記念パーティーが蒸溜所で開催され、 「INAUGURAL(就任式)」 と名づけられたこのキルホーマンのシングルモルトが初披露されました。
当初の計画では、ファーストリリースとしてバーボンバレル熟成と、 ファーストフィルのシェリーバットで半年間フィニッシュ したものを混ぜ合わせ、世界で15000本ほどを予定しておりましたが、後者があまりにも素晴らしいため、シェリーフィニッシュのみをボトリングすることとなりました。そのため残念ながら、 限定数は8,450本 となりました。

ニュースピリッツを飲んだジム・マーレイが94点を付け、将来を嘱望されたキルホーマンのシングルモルトが遂にベールを脱ぎます。 数百年の歴史を持つ蒸溜所でもファーストリリースはもちろん一度しかありません。 それがこちらです!今世紀最初のモルトウイスキー界のビッグバンを決してお見逃しなく!!!

~以上、引用~

昨日、写真をアップできなかったので、携帯電話のカメラで申し訳ありませんが、自宅で撮影してきました。

キルホーマン3年箱

分身の術。

キルホーマン×3

!!!

キルホーマン3年 3本

黒い三連星ならぬ、青い三連星でございます……ガンダムを知らない方ごめんなさい。

こいつらを、ガンダムのビームサーベルでやられる前に、早く飲みたいたころですが、お店で飲むまで我慢……我慢……。

地元の酒屋で1本だけ買うつもりだったのですが、ネットで“買えるかどうかわからない予約”を2本していたら、2本とも買えてしまいました。 

完全に計算違いです(号泣) 

とんだ誤算で嬉しいやら悲しいやら…。ヘーゼルバーン12年の購入も響き、もう首が回らなくなってきました。

次の給料日まで、カップラーメンです(涙)

まだ飲んでいませんので、コメントは11月初旬にアップします。

それまでご勘弁ください。

※後日追記、1本は、モルト好きの知り合いのドイツ人にプレゼントしました。

 ある意味貴重なボトルですが、価値を分かってもらえたか、楽しんでもらえたかは分かりません(苦笑)

1 87 88 89 90