ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/OB

ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/オフィシャル

ポートシャーロットPC8 8年 60.5%/オフィシャル

ブルイックラディのセカンドブランドであるポートシャーロットの8年熟成モノです。

能書きは長くなるので、輸入元資料をご覧ください。

ポートシャーロット8年(PC8)も、充分にピーティなフェノール値40ppmの麦芽を使用しています。ポートシャーロットは2001年より蒸溜を開始し、2006年に5年熟成のPC5がリリースされました。第4弾となるPC8は、バーボン樽8年熟成、カスクストレングス(60.5%)のボトリングです。ピートスモーク、海、デメララシュガー、甘いオーク材のフレーバーが年数以上の熟成感、複雑さと芳醇さを醸し出しています。また、エディンバラで開催された「Whisky Fringe」の投票で、250種のウイスキーの中で1位(2009年度ウイナー)に選ばれています。
この後の期待がさらに高まるブルイックラディ蒸溜所の21世紀のモダンシングルモルトをお楽しみください。

~以上、輸入元資料~

感想はと、言うと…

香り:重いアルコール臭、材木を燃やしたような強いスモーク、どちらかと言うとオクトモア2ndエディションよりキルホーマンのウィスキーライブ向けのシングルカスクに近いスモーク感、水飴のような甘み。

味:強いアルコール、しっかりとした丸い甘み、幾分すっきりとしたカンロ飴、材木を燃やした煙たさ、時間が経つにつれ、アルコール感が薄れ、甘さが強調され、さらに時間がたつとピート感が強く感じられる。

総評:スモーキーさが強いのは言うまでもないが、それ以上にしっかりとした甘さが印象的。オクトモア比べると、ずっとバランスが取れていて、スモーキーさが苦手でなければ、度数や熟成年数の割には飲みやすい。ピートの焚き具合が40ppmとラフロイグと同じか、少し弱いくらいだが、一般的なラフロイグよりもヨード感は弱く、スモーキーさが目立つ。