オクトモア/2_140 5年を注文しました

どうも、購入するシングルモルトウィスキーは、月1本と、心に決めたモルト見習いです。

もうすで、11月の購入品を決定してしまいました。

11月中旬に到着予定です。

 

それは、オクトモア/2_140 5年 (62.5%)。

※下の写真は、ブルイックラディ蒸留所の公式ホームページより引用

http://www.bruichladdich.com/latest_news.htm ※引用元URL

オクトモア/2_140

商品の表記の、2は、2nd editionの意味で、140は、麦芽のピート香の強さを表す目安であるフェノール値が140ppmだということ表しています。

 

フェノール値は、アイラモルトの最強クラスのアードベッグでも、だいたい50ppmくらいで、このオクトモアは、その倍以上でシングルモルトウィスキー史上最強のフェノール値を誇ります。

ちなみに、前述のアードベッグのスーパーノヴァと言う、アードベッグ史上最強のピーティさを誇った限定品ですら100ppm超ですから、とんでもないことになりそうですね。

スーパーノヴァは、確かにめちゃくちゃピーティでスパイシーではあるんですけど、骨太でどっしりって感じではなくて、アードベッグにしては割と軽い酒質ゆえに、正直期待はずれだったので、オクトモアには期待しています。

 

そもそも、オクトモアは、アイラ島のブルイックラディ蒸留所のセンカンドブランド、(サードブランド?フォースブランド?)で、激烈にピートを焚いたタイプです。

そのオクトモアより、ピートを控えめで、ラフロイグ並にピートを焚いたものは、ポートシャーロット(ポートシャルロット)と言います。あと、もう一個、ポートシャーロットとオクトモアの中間くらいの物があるらしいですが、調べてないのでよく分かりません・:∵(;´∀`A汗il||li

そもそも、ブルイックラディ自体、自分はあんまり飲まないので(*-ω-)

 

 

それにしでも、ブルイックラディは、遊びすぎじゃないですか。

ボトル自体を赤くしたり、青くしたり、ラベルノデザインにこってみたり、ピートを焚きまくったり、なんとかウッドフィニッシュを思いつく限り出しまくったり。

グレンモーレンジもそうですが、若干迷走している感が無くはないです。

マニアックなモルトが大好きなモルト見習いですが、マニアック過ぎるものばかりで、もう、ついていけません。

 

 

オクトモアの詳細は、CMの後で………じゃなくて、到着の後で。

でも、もったいなくて、開けれず、富山のBARで探すかもしれません。

ごめんなさい。