ヘーゼルバーン12年(ファーストリリース)

ついに出ました、スプリングバンク蒸留所の第3のブランドのヘーゼルバーン12年。

既に、8年ものがリリースされて久しいですが、ノンピートで3回蒸留なので、良くも悪くも飲みやすいと言った感じでしょうか。モルト見習いのような、味音痴なゆえに、パワフルなシングルモルトが好きな人には、8年は物足りないかもしれません。

 

んで、本題の12年ですが、まだ飲んでいません。

たぶん、富山のバーで、1件くらいは置いてあるところがあると信じているので(涙)、探して飲みます。

ネットでも、瞬く間に売り切れ続出だったので、富山で見かけることが難しいかもしれませんが、このボトルに関しては、開けたくありません。

このボトルは12年としてのファーストリリースで、本数も少なく貴重なので、何か特別なことがあったら、大勢で飲むか、特別なプレゼントに使いたいと思います。

 

 

ヘーゼルバーン12年(ファーストリリース)

アルコール度数:46%

樽:シェリーカスク

蒸留:1997年(※ヴィンテージは入っていませんが、ファーストリリースなので間違いないです)

ボトリング:2009年

限定本数:1200本(?)、

日本入荷本数:300本(?)

※携帯電話で撮影したため、写真がぼやけています。申し訳ありません。
ヘーゼルバーン12年 正面

 

どうやら、シェリー樽のみで12年間熟成させており、ノンカラーリングでこの色を出しているようなので、シェリーの味わいが非常に強く出ているであろう事は、容易に想像できます。
ヘーゼルバーン12年裏面

 

シェリーが、控えめなヘーゼルバーンを食って、渋々こってりシェリー味になっているか、それとも、ヘーゼルバーンがシェリーを身にまとい、グラマラスなセレブになっているのか、地獄の沙汰もシェリー次第でしょう(笑)
ヘーゼルバーン12年 箱