グレンモーレンジ ネクタドール 46% / オフィシャルボトル

グレンモーレンジ ネクタドール 46% / オフィシャルボトル 
 
グレンモーレンジ ネクタドール 46% / オフィシャルボトル このグレンモーレンジは、フランスはソーテルヌの白ワイン(貴腐ワイン)の空き樽でフィニッシュされたグレンモーレンジで、かなり個性的なグレンモーレンジと言えます。 
 
そもそも、貴腐ワインと言うのは、白ぶどうの特定のカビが感染することによって、糖度が高まり、さらには独特の甘い香りをもった白ワインです。 

小生は、貴腐ワインを3度くらいしか飲んだことがないのですが、ハチミツの様なあの独特の甘い香りが苦手なので、普段、甘いワインを飲みたいときは、ドイツのアイスヴァイン(アイスワイン)か、マスカットで作られたイタリアの白ワインを頂きます。 
 
それはそうと、このアスターは、しっかりと貴腐ワインの影響を受けています。 
 
色:やや薄い金色

香り:甘い。白ぶどう。ハチミツがかかった新鮮な果物。柑橘類のようなフレッシュ感。バニラと樽香。 

味:しっかりと甘く柔らかい。白ぶどう。ハチミツ。軽い酸味。はっきり甘いが、しつこく持続する感じではない。

総評:シングルモルトとしては、しっかりとしたハチミツの様な甘みと白ぶどうを中心にした果物感。個人的には、最初一杯よりも、ドライなモルトを飲んだ時の締めの一杯として、この甘さと香りを楽しみたいです。甘いモルトが苦手な方には、あまりお勧めできないかと思います。
 
 
 
 
 
 
グレンモーレンジ ネクタドール 46% / オフィシャルボトル 

グレンモーレンジ アスター 57.1% / オフィシャルボトル

グレンモーレンジ アスター 57.1% / オフィシャルボトル

 
グレンモーレンジ アスター 57.1% / オフィシャルボトル 
10年のオリジナルに比べると、明らかにこちらのアスター方が洗練された印象を受けます。

オリジナルに感じられた、飲みにくい日本酒のようなエグミがなく、個性を主張するタイプではなく、非常にまとまっていて自然に受け入れられます。

度数は高めですが、度数ほどの刺々しさは感じず、まったりと飲むことが出来ます。 度数は全く違いますが、まるで、上品な日本酒の大吟醸を飲んでいるような感覚に近いです。 
 
雑味の無いスッキリとした甘みと、クリーミーさ。

特に、このクリーミーさは、グレンモーレンジ独特のクリーミーさというか、個性的なグレンモーレンジ独特の質感を感じます。

個性と言うよりは、現代のグレンモーレンジとしての完成度を追求した一本だと思います。  
 
 
 
グレンモーレンジ アスター 57.1% / オフィシャルボトル