ブローラ1982 14年 / ケイデンヘッド オーセンティックコレクション

ブローラ1982 14年 ボトリング1997 60.6%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 

まぁ、暴れん坊です(笑)

アルコールのパンチ力が半端ではありません。14年熟成していますが、かなりヤンチャです。
 
歴史的なことはあまり詳しくないので端折りますが、クライヌリッシュとブローラは特殊な関係です。

ブローラと呼ばれることとなった蒸留所の名前が元々クイヌリッシュで、後にその元々のクライヌリッシュ蒸留所の近くに作られた新しい蒸留所をクライヌリッシュ蒸留所とし、それに合わせて元々のクライヌリッシュ蒸留所がブローラ蒸留所と改めたらしいです。 
 
自分で書いていて、めちゃくちゃ混乱しましたが、とにかくそういうことらしいです。 わかりにくくて申し訳ありません。 

そして、その後、シングルモルトスコッチの魔の年でもある1983年にブローラのみ操業を停止しています。

ちなみに、ポートエレン蒸留所の操業停止と同じ1983年5月の事です。 
それ以上の事は、シングルモルトウィスキー大全をご覧下さい(汗) 

 
味や香りはと言うと、正直な事を申し上げて、スパイシーでパワフルなアルコール感が強すぎて……圧倒されてしまいました。 
 
本当にスパイシーで、キルホーマンのニュースピリッツなんかと比べても、断然飲みづらいです。

単にアルコール度数が高いというよりは、アルコールの質の問題だと思います。

熟成年数が14年あるにもかかわらず、熟成感をほとんど感じさせないヤンチャぶりで、ニューポットっぽい雑味やえぐみの様なものはあまり感じませんが、美味しいとか不味いとかは別にして、とにかく飲みづらい(笑)

本当に舌が、口が、喉が熱くなりました。  
もしかすると、オフィシャルのカリラのカスクストレングスなんかよりも、ビリビリとして激しいかもしれません。 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション
 

味も香りも、スパイシーでパワフルなアルコール感を除いて考えると、軽いレモンに近い柑橘系のスッキリとした香りを微かに感じするくらいで、アルコール以外の個性は薄いかと思います。

まぁ、どうであれ、アルコールのスパイシーさとパワーは、尋常ではないです。 

あと、あまりに飲みづらいので加水しようかと思ったら、バーのマスターに、

『このブローラは、加水しても単に伸びる(※薄まる)だけだから、加水しても意味ないよ。』

と、言われましたので、頑張ってストレートで頂きました。 

 
ちなみにバーのマスター曰く、

『ブローラは、最低でも20年熟成させないと本当の良さが出てこないモルトだよ。』

とのことでしたが、長熟のブローラは、現在いきつけのお店に無いそうです……。  

長熟の魅力的なブローラに出逢いたいです(涙) 
 

ブローラ1982 14年 (ボトリング1997) 60.5%/ ケイデンヘッド オーセンティックコレクション