ノンエイジ山崎、白州

家で、新発売のノンエイジのシングルモルトウィスキー、山崎、白州のテイスティングをしました。

どちらも、1本350mlで1,700円くらいで。スーパーでも、売ってるところがあります。
ノンエイジ山崎、白州

ノンエイジ山崎、白州

山崎 43%
香り:味の無くなったブルーベリーガムのヒント。樽香。巨峰ではない赤いの大きめのぶどう。アメリカンチェリー。トマトケチャップかトマトソースのヒント。若いが複雑。硬いが、時間が経つと化けそう。まだまだ、広がる可能性を感じる。お香。個性的。

味:若くややエグ味とアルコール感を意識させる。甘みがあるが、香りに比べて地味な印象。

総評:若さは否めないが、サントリーの商品としては、コストパフォーマンスが高く、香りのキャラクターの豊かさ・複雑は、評価されるべき。

白州 43%

香り:若葉。竹。パイナップル。きゅうり。バニラ。マンゴー的なフルーツ感のヒント。仄かにピーティ。12年に通づる爽やかさ。卵の黄身。

味:香りの爽やかさに比べて、やはりエグ味を感じる。若い。やや薄くて物足りない。ピート。

総評:さすが白州といえる森の香り。ノンエンジで、白州の香りのキャラクターが十分に発揮されている。味わいの物足りなさは残念だが、香りは素晴らしい。リフィルバーボン系の樽の香りの良さが、うまく生かされている。 洗脳のせいかわからないが、白州の12年とこのノンエイジには、本当に森を感じる。18年は、複雑さと熟成感とピートが印象的。25年は飲んだことはないが、個人的には、12年が白州の完成形だと勝手に思う。
どちらも、本格的なショットバーに置くには、さすがに難しいかもしれないですが、サントリーの努力というか、実力は、やはり半端ではないなぁと痛感させられました。あとは、原酒の作り分けというか、いろんな原酒を持っている強みっていうのは、こういうところに現れるんでしょう。
特に、山崎に関しては、廉価版というより、山崎らしさを残しつつも、個性も追求しているように感じられます。個人的には、白州のほうが、リラックスして家飲みするのに適したモルトだと感じましたが、どちらも、気楽に楽しめるシングルモルトウィスキーとしては、秀逸だと思います。
ぜひ、お試しください。
もし、気に入ったら、12年モノにチャレンジしてください。

※サントリーの回し者ではありません。