三郎丸 1990 27年 カスクストレングス 59% 500ml / OB

三郎丸 1990 27年 カスクストレングス 59% 500ml / OB

※当店では完売しております。また、再入荷の見込みもございません。

香り:古い樽、オイル、溶剤、内陸系のピート、焼けたゴム、強いアルコール、バニラ、熟したリンゴ。

味:力強いアタック、熟したリンゴ、焼けたゴム、古いオイル、古い樽のえぐみ。

富山県砺波市の若鶴酒造・三郎丸蒸溜所の限定のシングルモルトです。

1990ヴィンテージで、リニューアル前の焼酎用のステンレス製のポットスチルにより蒸留された原酒を使用しています。

カスクストレングスでのリリースということもあり、かなり、個性が飛び抜けたボトルで、正直、独特の焼けたゴムのような香りに強い特徴を感じました。

シェリー樽によるあるような硝煙の香りとは異なり、樽からではなく製造工程で出てきた硫黄化合物の香りではないかと考えられます。

そういう意味では、なかなか通常のリリースのボトルで、ここまで、そもそもの原酒由来の硫黄化合物のニュアンスが感じられるボトルはないので、資料的にもかなり貴重なものであると思います。

また、今後しばらくは、シングルモルトとしてまとまった量のリリースをされる予定はないそうなので、なおさら貴重です。

今年のリニューアル後の原酒に関しては、強い硫黄化合物のニュアンスは、消えて、大変クオリティの高く、正統派なシングルモルトになりうるポテンシャルがあると思いますので、その原酒を使った商品のリリースを楽しみに、3年後の2020年を待ちたいと思います。

※当店では完売しております。また、再入荷の見込みもございません。


シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

若鶴酒造・三郎丸蒸溜所の一般見学が可能となりました!

事前の電話予約が必要です!

富山県砺波市の若鶴酒造・三郎丸蒸溜所が、リニューアルオープンして、一般見学が可能となりました。

入場料は無料ですが、事前予約制で、お電話にてご予約を受け付けていらっしゃいます。

詳細は下記のページをご覧ください。

http://www.wakatsuru.co.jp/saburomaru/access.php

※上記写真は、リニューアルオープン前に撮影した写真です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

三郎丸 1994 ~ 2016 シングルモルト 50%

三郎丸 1994 ~ 2016 シングルモルト 50%

香り:古めの樽、特徴的な穀物の香り、ピート、ミーティ、甘露飴、リンゴ、ミント。
味:粘性を感じる甘さ、ミーティ、甘露飴、溶剤、少しの粉っぽさ、穀物を思わせる植物感、タバコ。

改修前の三郎丸蒸溜所の特徴であるミーティさと穀物の植物感が現れつつも、バランスが取れた1本。

今月、リニューアルオープンした三郎丸蒸溜所ですが、もちろん、こちらはリニューアル前の原酒で、焼酎用のステンレス製のポットスチルで生産された1本です。

先述の通り、ミーティさと穀物の植物感が旧三郎丸蒸溜所の特徴で、そのクセのため、多少、飲み手の好みがハッキリと出ると思います。

このミーティさに関しては、主因としては、やはり、ポットスチルがステンレス製であったためだと思います。

通常、ウイスキーのポットスチルは銅製で、触媒作用により硫黄化合物が分解されるのですが、旧三郎丸蒸溜所(※リニューアル前の意)の原酒に関しては、焼酎用のステンレス製のポットスチルであったため、いずれにも、硫黄化合物のいわゆるミーティと呼ばれるような香味が感じられます。

そういう意味では、樽からではなく、原酒そのもの由来のミーティさを感じられる貴重な1本だと思います。

また、穀物の植物感に関しては、以前はポットスチルを焼酎の蒸留に使用していたり、ネックやコンデンサーをきれいに洗浄できていないまま初溜と再溜を同じポットスチルで行っていたりなど、いろいろな要因が考えられるとのことで、これらの問題に関しては、現在、クリアされているので、リニューアル後は、植物感に関してもミーティさに関しても、クリアされているようです。

実際に、先日、金沢のウイスキーイベントに、三郎丸蒸溜所が出展されていた際に有料試飲でだされていた、今シーズン2回目の仕込みのニューポットは、かなり洗練された味わいに進化しており、たいへん驚かされました。

まだ、若干、モルティな香味が若干強いかなぁと思ったのですが、プロジェクトリーダーの稲垣氏によれば、麦汁(ウォート)もう少し工夫して取り出し、より清澄なものを取り出すことができるはずなので、改善できるはずだと仰っていましたので、ますます期待が持てると思います。

三郎丸1994に関しては、限定販売されていたボトルで、既に完売ですが、バーでは、まだ飲めるところもあるようです。

富山県内ですと、今のところ、高岡市にある、先日リニューアルオープンされたモルトバーのハリーズ高岡さんにて、ショットで飲むことができるようです。(※完売の際はご容赦ください。)

単純に美味しいかどうかだけでなく、歴史的にも資料的にも大きな意味のある一本だと思いますので、見かけた方は召し上がってみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

若鶴酒造・三郎丸蒸溜所のリニューアル記念式典に参加しました。

若鶴酒造・三郎丸蒸溜所のリニューアルに、地元からも熱い視線が送られています。

式典で、蒸溜所の設備や製造方法がどのように変わったのかを説明されている稲垣貴彦プロジェクトリーダー。

先日、平成29年7月12日に、北陸唯一の蒸溜所である、富山県砺波市の若鶴酒造・三郎丸蒸溜所のリニューアルの記念式典に参加してきました。

若鶴酒造は、1952年から、ウイスキーを作りはじめて、昨年までは、ステンレス製のポットスチルで、モルトウイスキーを製造し、シンブルモルトウイスキーやブレンデッドウイスキー、また、原酒を使ったリキュール類を販売してきました。

三郎丸蒸溜所のリニューアル記念式典ですが、本当に感慨深いものでした。
人の顔がはっきり写っている写真は上げられないですが、富山県知事や地元の国会議員の方や経済界の有力者の方を始めとして、約130名もの方が参加され、盛大な会になりました。

当日は、地元の新聞社やテレビ各局が押し寄せ、テレビでは地元各局の夕方の地元のトップクラスのニュースになっていましたし、地元の最大手の新聞社は、第一面に大きく取り上げて、中面でも詳しく紹介さるほとの、熱の入れようでした。

想像していたよりも、地元からの注目度高く、大変驚きました。

やはり、昨今のウイスキーブームの影響が大きいようです。

三郎丸蒸溜所の劇的な変化

約四年前に、NHKの番組の取材で、ウイスキーのガイドとして伺い、ステンレス製のポットスチルでモルトウィスキーの製造をされていると知り、5種類ほどの原酒を飲ませて頂いて、その味わいから、どうしても、銅製のポットスチルを導入せざるを得ないと思ったものの、誰に伝えるべきなのか、どう伝えるべきかわからず、もやもやして過ごしていました。

実は、若鶴酒造のCEOの稲垣晴彦氏に、ウィスキー作りの改善の必要性をお伝えすべく、繋がりのある方に、どうにかお伝えできないかご相談したりしていたのですが、それも、なかなか叶わぬまま、昨年の大阪でのウィスキーフェスティバルで、ブース出展をしていたところに、突然、

『若鶴酒造の稲垣です!』

と、ご挨拶に来てくださって、蒸溜所のことでお話しをしたいと言ってくださったのが、CEOのご子息で、現在、ウィスキーの製造のプロジェクトリーダーの稲垣貴彦氏でした。

三郎丸蒸溜所のリニューアルにあたり、自分自身は特に何をした訳でもないのですが、その辺りから、何故か、今まで噛み合わなかった歯車が、急にビシッとハマって、大きな物事が良い方向に物凄いスピードで動いて、劇的に変わっていくのを目の当たりにしました。

ご存知の通り、稲垣プロジェクトリーダーの努力と発想力、地元企業やクラウドファンディングの協力者、そして、同業他社のウイスキー製造者の協力も会って、三郎丸1960の販売、クラウドファンディングで成功を収められて、蒸溜所がリニューアルオープンされました。

朝の連続テレビ小説『マッサン』が産んだ日本のマイクロディスティラリーたち

今、蒸溜所は、約四年前に、自分が、こうあって欲しいと思った姿に、着実に近づいています。

今に至った背景としては、世界的なウイスキーブームと、朝の連続テレビ小説『マッサン』の影響によるジャパニーズウイスキーブームによる、ジャパニーズウイスキーに対する需要の増加も、非常に大きな要因としてあることは言うまでもなく、マッサン様々と言う他ありません。

もちろん、これは、若鶴酒造に限ったことではなく、全国的な、マイクロディスティラリーの増加も、マッサンのお陰によるところが大きいと言えます。

そう考えると、マッサンことニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏は、日本にウイスキー製造の技術をもたらした『日本のウイスキーの父』であり、さらには、現代の日本で沢山の蒸溜所が産まれるきっかけと土壌を作った『日本のマイクロディスティラリーの父』でもあると言っても過言ではないと思います。

もちろん、サントリー(寿屋)の鳥井信治郎氏をはじめとする、先人のウイスキー製造に関わった人々の存在がなければ、それが、成り立たなかったであろうことは、忘れてはなりません。

若鶴酒造の三郎丸蒸溜所を皆さんで応援して下さい!

ポットスチルは、まだ、完全な銅製ではありませんが、ネックからコンデンサーまでが銅製になり、各製造工程が見事に見直されて、ポットスチルも、今後、大型化と完全な銅製化を計画されているそうです。

ここからが新たなスタートです。

きっとこれからも、さらに、改善を加えられるでしょうし、水面下で誰も行ったことのない画期的な新しい試みにもチャレンジされているそうなので、ぜひとも、富山の三郎丸蒸溜所を暖かく見守ってください。

地元の酒屋として、そして、地元のシングルモルトウイスキー愛好家としてのお願いです。

よろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録