ポートエレン蒸溜所とブローラ蒸溜所が復活へ

ディアジオの閉鎖蒸溜所であるポートエレン蒸溜所とブローラ蒸溜所が奇跡!?の復活へ

あまり速報系の記事は興味がないのですが、今日起きたら、すごいニュースが入っていたので、思わず投稿します。

驚くべきことに、10月9日付の下記のBBCのウェブサイトによると、ディアジオの閉鎖蒸溜所であるアイラ島のポートエレン蒸溜所と北ハイランドのブローラ蒸溜所が、約34年ぶりに復活されるそうです。

‘Lost’ Scotch whiskies to be revived:BBC
http://www.bbc.com/news/uk-scotland-glasgow-west-41550326

ポートエレンとブローラといえば、ウイスキー不況の1980年代の中でも、特に蒸溜所の閉鎖が多かった1983年に閉鎖された代表的な蒸溜所で、現在では原酒が非常に希少なため、御存知の通り、ニューリリースが、ウン十万円という金額で販売されるような貴重なものです。

実際、モルトヤマは始めてから、4年半近く経ちましたが、入荷したポートエレンは2本だけですし、ブローラに至っては、1本も入荷すらした事がありません。

2つの蒸溜所が閉鎖された1983年は、店主 下野の生まれ年でもあり、そういう意味では、意識をしている蒸溜所ではありますが、東京のモルトバーで格安で提供されているときくらいしか、もう、飲めることはありません。

ポートエレンに関しては、ウイスキーの製造は行っていなかったものの、モルトスターとして大麦麦芽の生産供給するために残ってはいましたが、まさか復活するとまでは思っていませんでした。

以前、東ハイランドのグレングラッサが復活した時は、大きな話題になりましたが、今回の2つの蒸溜所の復活劇に関しては、それ以上のインパクトと影響をもたらすことは必至だと思います。

また、ブローラに関しては、クライヌリッシュの姉妹蒸溜所で、希少価値だけでなく、味の面でも特に根強いファンがいるので、この一報に大変喜ばれる方も多いのではないでしょうか。

記事によると2020年から、生産を開始するようで、そして、ディアジオとしても、可能な限り元々蒸溜所の蒸溜方法やスピリッツの特徴を再現しようとしているということなので、期待せずにはいられません。


シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!

ポートエレン1980~2006 25年 55,8% プロヴェナンス ジョン・ミルロイ

ポートエレン1980~2006 25年 55,8% プロヴェナンス ジョン・ミルロイ

決してヘビーではないが、複雑なアイラらしいピートとヨードが、しっかり出ている。香りは繊細。
やんわりとりんご的フルーティさ。オレンジっぽいシトラス感。微かにメントールの様な冷涼感。樽香を意識させるリッチな甘み。

なんと言っても、一番の良さはボディが厚いこと。
そして、アルコール度数も高めで、しっかりとした飲みごたえあり、スパイシー。
香りは繊細で、飲みくちは力強く

わりとポートエレンは、控えめな印象な物が多かったんですが、これは、すごく存在感があります。

うまく表現できませんが、自己主張のあるたくましいタイプのポートエレンが飲めて、すごく嬉しかったです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルト・ウイスキーを買うなら

シングルモルト通販モルトヤマ