ハイランドパーク 19年 43% OB

ハイランドパーク 19年 43% OB

焦げたイチゴジャムと透明感が特徴的な1本でした。

ハイランドパーク 19年 43% OB

香り:イチゴジャム、深みのあるウッディさ、アーシー、ピート、焼きたての天津甘栗、栗の花のハチミツ。
味:スモーク、わずかに渋み、焦げたイチゴジャム、焦げのようなニュアンスがあるにも関わらず際立った透明感を感じる。非常に優しいアルコール感。

福島県いわき市のテイスティング会で頂いた1本です。

焦げの要素を感じましたが、不思議なくらい透明感があって、アルコール感が優しいことに驚きました。
焦げのニュアンスに全然嫌味がなく、イチゴジャム感を引き立てていました。

また、ハイランドパークらしい香り高いピート感とハチミツ感もあり、オールドボトルで現行とは全く異なりますが、方向性としては通じるものもあるように感じました。

ヴィンテージ的には、50年代後半辺りで、おそらく1959か60年ではないかとのことでした。

前々回・前回でご紹介している、グレンカウダーやスプリングバンクにも感じましたが、良質のオールドボトルの加水の心地よさというか、アルコール感の優しさのようなものは、なんとも言い表せない、沁みる安堵感があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ボトラーズフェス その3

今回も、ボトラーズフェス その3ということで、飲んで写真を撮ったボトルを駆け足でご紹介です。

★秩父2009年 ウイスキートーク2014向け

2013年の通称カワウソラベルにつづいての、2014年版。

2013年版は、世界のキッチンからの『ソルティ・ライチ』っぽい味わいだったのですが、2014年の方がややケミカルなフルーティさが強く、ホテルのリンスっぽいニュアンスのあるフルーティさを感じました。

特徴的で、面白いボトルだったので、個人的に1本予約をしました。

秩父 ウイスキートーク2014

★アベラワー12年 40% 1.3L スクエアボトル

写真が逆さなわけでなく、お店で逆さに吊るして、注ぐ為に、最初からラベルを逆さにして張っているボトルで、ご存じの方も多いと思います。

度数違いや、ラベルの上下が通常のものなど、何タイプか存在しています。

このボトルは見たことがあったのですが、飲むの初めてで、結構丸いシェリーの味わいでしたが、ブラインドでは絶対当てる自信がありません。

現代のアベラワーを飲むと、結構シェリーに酸味を感じて、バルサミコ酢っぽいお酢の様に感じるのですが、このボトルは、かなりマイルドな印象でした。繊細だったので、テイスティンググラスで飲めたら良かったのですが。。。

アベラワー12年

 ★キンクレイス1968 ~ 1996 40% GM コニサーズ・チョイス

こちらは、超有名ボトル。幻のキンクレイス。

優しい甘みで、うわさ通りのメロンっぽいフルーティさがあります。メロンっていうより非常に緑っぽいフルーツがやんわりと香ってくるって言うべきでしょうか?

好き嫌いという次元ではなく、大変貴重な歴史的なボトルをありがたく飲ませていただきました。

キンクレイス1968 GM CC

 ★秩父2010 シルバーシール向け

短期熟成ながら、かなりの完成度がありました。

甘くウッディな、若くても芯の通った味わいでした。

秩父 シルバーシール向け

★ミルトンダフ1969 GM リザーブラベル SSS 60.4%

香り立ちが良い素晴らしい濃厚シェリー感。
勢い良く香りが伸び、リッチなシェリーの甘みとスパイシーさ、後口のやや強めの渋みも心地よく、余韻も長くて、流石の一言。

GMの蒸留所ラベル1969の加水50%とかなり近い味わいですが、こちらはカスクで度数も高いので、より迫力が強く、非常に記憶に残るものでした。
ミルトンダフ1969 GM リザーブラベル SSS
★ハイランドパーク1988 25年 ケイデンヘッド(黒ケイデン) シェリー

上の、ミルトンダフを先に飲んだことを、非常に後悔するくらい、ミルトンダフに圧倒されてしまいましたが、このハイランドパークは、最近のリリースとしては、なかなか良い出来だと思います。

プラカップだったことと、抜栓して、そんなに時間が経っていないようなので、硬さが目立ちましたが、ポテンシャルの高さも感じました。
ハイランドパーク 1988 ケイデンヘッド
★マクダフ 1980 ウィルソン&モーガン

会った知り合い数人に、とにかく、飲んで来いと言われて飲んだマクダフ。

飲みやすいなぁなんて思って飲んでいたら、飲んだ後の返りがトロピカルでビックリ!

2013年ボトリングで、こんなボトルがあるなんて……。
マクダフ 1980 ウィルソン&モーガン
★グレングラント 1929 サンデマン

凄すぎる(^_^;)

1929年蒸留のグレングラント。

状態のせいなのか、割とマイルドで個性が感じにくかったですが、優しくて非常に飲みやすかった印象的です。すぅっと飲めてしまいました。これまた大変貴重なボトルでした。

グレングラント1929 サンデマン グレングラント1929 サンデマン その2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

<シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録・解除はこちら>
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ボトラーズフェス その2

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

今回は、ボトラーズフェスで飲んだボトルを駆け足でご紹介していきます。

ボウモア1993 16年 59.9% ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

93ヴィンテージとして、大変話題になった1本ですねぇ。個人的に1本買ったボトルで懐かしいです。

当時よりも、アルコール感がまったりしている印象で、改めて飲んでみると、プラコップのせいもあると思いますが、フルーティな印象よりも、モルティな甘みのほうが、より引き立っていました。

ボウモア 1993 59.9% WA PD

 ボウモア1993 8年 40% for MAEDA

正直、このボトルのことを存じ上げなかったのですが、このボトルが93ヴィンテージの走りになったボトルとのことで、実際、トロピカルさが出ていて、8年の40%とは思えない出来でした。若さはあまり感じませんでした。

ある方から、ブラインドで飲まされて、『69ヴィンテージのボウモア』と答えましたが、度数の低さは加水だったのですね(^_^;)ハズカシイ

前田のボウモア1993

ボウモア1969 44.0% ダンカンテイラー ピアレスコレクション

想像したより、南国フルーツ感は強くありませんでしたが、南国フルーツ感はたしかにありました。このボトルこそ、テイスティンググラスで時間を掛けて飲みたかったと思うボトルでした。もったいない。。。

ボウモア1969 44% DT PC

グレンカダム1975 46% モンゴメリー(加水)

前から存在は知っていたけれど、仕入れていなかったボトルで、試飲して仕入れました。

シェリー系なんだと思いますが、加水にしては味も色も濃い目で、クリーミーな良さがちゃんと出ていて、なかなか良いものだと思います。

価格はやや高価格帯で、加水で、70年代のカダムという、ややマニアックなボトルですが、好きな人にはたまらないっていうタイプだと思います。

グレンカダム1975 モンゴメリー

ハイランドパーク 1992 46% モンゴメリー(加水)

ん~、個人的にはクーパーズチョイスの1992 加水の方が上出来だと思いました。

まろやかで美味しいのですが・・・。

ハイランドパーク1989 モンゴメリー

ボウモア1997 16年 54.3% シグナトリーヴィンテージ カスク

これは、飲んで、直ぐ、仕入れを決めました。

ピーティさがしっかりしていて、甘みもあって、適度にフルーティっていう、こういうボウモアが大好きです。

ボウモア1997 16年 SV カスク

ボウモアが好きなので、のっけからボウモアばかり飲んでいました(^_^;)

ボトラーズフェスの模様ですが、その3に続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

<シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録・解除はこちら>
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ハイランドパーク 1988~2003 56.5% / ディスティラリーコレクション

ハイランドパーク 1988~2003 56.5% / ディスティラリーコレクション

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ハイランドパーク 1988~2003 56.5% / ディスティラリーコレクション

上手く表現できませんが、スペックを考えると、信じられない旨さです。
2003年ボトリングで、ボトリング後10年以上が経過しているボトルです。

非常に上品で重厚感や深みのあるキャラメルやバニラを使ったクリーム。  
素晴らしいモルティさや、ハイランドパークらしいピート香が一体になっている。 
複雑で表現が難しいが、様々な要素の一体感が素晴らしく、約15年熟成とはしては出色の完成度。

あくまで推測ですが、このボトルが非常に素晴らしいのは、恐らく開栓後、10年近くの年月が経過し、度数が極端に落ちること無く、ボトル内での状態変化が非常に上手くいったのだと思われます。

それにより、角が取れ、各要素が開き、上手く融合していて、素晴らしい『一体感』を生み出していたのではないかと思います。

もちろん、開栓して、長く置いておけば、何でも美味しくなるわけではなくて、このボトルが非常にポテンシャルが高く、保管環境の良さと相まって、偶然に生まれた産物の様に思われました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命は、シングルモルト通販モルトヤマまでお願いします。

<シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録・解除はこちら>
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ハイランドパーク 1996&1998 59.9% / 源助屋ウイスキー

ハイランドパーク 1996&1998 59.9% / 源助屋ウイスキー

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ハイランドパーク 1996&1998 59.9% / 源助屋ウイスキー

オフィシャルのシングルカスクのボトル2本を、土屋守先生がヴァッティングしたオリジナルボトル。一瓶200mlです。

以前、別の機会で、飲んだときは、シェリーの濃厚さがいいなぁと思ったのですが、今回は開けて間もないせいか、少々ゴム・硫黄系が強い印象。

以前飲んだ記憶と照らし合わせると、開栓してから、少し放置したら、ゴムっぽさが少なくなるのでしょうか?それとも、開封せずに、一年強放置しておくと、この様にゴムっぽさが現れてくるのでしょうか?

自分がハイランドパークに感じる三温糖っぽさやピーティなニュアンス以上に、シェリー感が強く、ボディがしっかりしていて複雑さもあり、ゴムっぽささえ許容できれば、それほど古くないヴィンテージとしては、なかなかだと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命は、シングルモルト通販モルトヤマまでお願いします。

<シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録・解除はこちら>
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

1 2