スコットランド旅行記~アードベッグ蒸留所編~

今回は、アードベッグ蒸留所です。

二つのキルンが見えますが、今は使われておらず、下はショップとなっています。

入り口では、犬の置物がお出迎え。本当の犬もいるとか、いないとか…。

上の写真は、モルトミルです。モルト(大麦麦芽)をローラーで粉砕する機械です。

これまで緑とは(笑)

続いてマッシュタン。粉砕麦芽にお湯を入れて、麦汁を取りだします。

こちらは、フラッシュで撮影。湯気が見えます。マッシュタンでは、単に麦汁を作るだけでなく、酵素の反応で粉砕麦芽に含まれていたのデンプンを、麦芽糖などの小さな糖に分解することが重要です。

ウォッシュバックの写真が無かったので(※案内されていないかも…)、続いて、スチルハウス内。ポットスチルの胴体です。

右が初留器、左が再留器で、形は違いますが、ともにランタンヘッド型です。

なお、ポットスチルは、最少のワンペアです。

ポットスチルのネックです。

再留器のコンデンサーにつながるラインアームについている細いくだが、ピュアリファイアー(精留器)なのでしょうか?

これが、アードベッグのクリーンでフルーティな酒質が生まれる一因となっているそうです。

上は、スピリットセーフです。

上の四角い箱には、ローマ字で『インターミディエイト ウォッシュ チャージャー』と書いてありました。

恐らく、ポッチスチルに流し込むウォッシュを貯めておくタンクだと思いますが、違っていたらごめんなさい。

これは、アードベッグの敷地内に散乱している、海藻の一部です。波で打ち上げられたようです。

それだけ、海に近いということがお分かりいただけるでしょう。

上の写真の右にあるのは、アードベッグ ローラコースターをイメージしたディスプレーで、どうやらアイラフェスで使われた物らしいです。

海辺の丘からの撮影。樽、樽、樽、樽。雨ざらしです。

上は、フィリングステーション。樽に、ニューポットを詰めるところです。

上は、ジャックダニエルの空き樽です。

続いて、ヘブンヒルの空き樽。

最後に、ショップ内でテイスティングを…。

左からスーパーノヴァ2010、スティルヤング、TEN、コリーブレッカン、ウーガダール。

自分は、スパーノヴァ2010を頂きました。前年のバージョンよりも若干ボディーがあるような気がしましたが、いずれにしろ、ボディが弱いです。

ショップでは、ランチも食べれます。

残念ながら、パニーニというサンドイッチのようなパンの写真を取るのを忘れたのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

ボウモア蒸留所のお姉さんも、『アードベッグ蒸留所のパニーニは美味しくて、アイラ島内では有名だよ。』とおっしゃっていました。

その期待を裏切らないおいしさでした。

次回は、ライフログ蒸留所です。お楽しみに。