ガイアフローの静岡蒸溜所へ見学に伺ってきました!

挑戦性と軽井沢蒸溜所の設備が息づく静岡蒸溜所

先日、一般公開に先立ち、ガイアフローの静岡蒸溜所に伺ってきました。

場所は、静岡県の静岡市葵区で、まずは、地図で場所をご確認下さい。

山間部と言えば良いのか分かりませんが、蒸溜所は、標高200mくらいのところにあり、市街地から蒸溜所へ向かい道沿いには、無数のお茶畑を見ることがで、いかにも、ステレオタイプの静岡市という風景が広がっています。※蒸溜所の裏手の斜面にも、お茶畑がありました。

蒸溜所のすぐ目の前には、中河内川という非常にきれいな川が流れており、鮎釣りをする釣り人もいます。

ウイスキーの熟成には、湿潤な環境が必須なのですが、この川により、湿度が得られているようです。

また、回りには、杉の様な針葉樹が多数植林されているようで、木々からも、水分が蒸散されていることと思います。

↓こちらが外観で、入り口には、のれんが掛かっています。

また、ご丁寧に、ウェルカムボードもご準備いただき、ホスピタリティを感じました。

↓こちらは、見学者用のテイスティングルーム(ゲストルーム)です。
あとから、ご紹介するポットスチルもこちらの部屋から拝見できます。

それでは、主な製造行程を駆け足で見ていきましょう。

細かい設備や説明は割愛させていただきます。

まず、↓こちらの赤い機械は、ポーティアス社製のモルトミル(ローラーミル)です。

軽井沢蒸溜所の設備一式を入札で購入された際に、それに含まれていた1つが、こちらのモルトミルです。

続きまして、マッシュタン(糖化槽)です。

写真の男性が、社長の中村氏で、今回、お忙しいにも関わらず、ご案内頂きました。

ありがとうございます。

↓こちらは、内部の写真です。

静岡蒸溜所では、マッシュタンからウォート(麦汁)を取り出す際、ポンプで陰圧にして、ウォートを取り出しています。

通常は、重力での自然落下で取り出す場合が多いのですが、ポンプで引っ張ることで、効率的にウォートが回収できます。

↓これは、取り出したウォートの透明度を確認できるガラス製の装置(パイプ)で、光を当てて、色や濁りをリアルタイプで確認できます。

次に、ウォッシュバック(発酵槽)。

ウォッシュバックは、乳酸菌が住み着きやすい木製で、試験的に、一つは静岡産の杉の木で作られていました。※写真:右・手前

現在は、水を張って、アク抜きをされおり、今後、使用されるとのことです。

今後も、ウォッシュバックを増やせるよう、スペース的な余裕をとってあるそうです。

↓ウォッシュバック内にウォートを張り込んでいらっしゃるところですが、既にこの時点で香りが良いです。澄んだ甘い麦の香りがします。

↓実際にウォートを試飲させていただきましたが、大変スッキリして、雑味が少なく、スルスル飲めてしまいます。

↓そして、こちらは、アルコール発酵が終わったウォッシュ(もろみ)です。

↓続きまして、ポットスチル(単式蒸留器)です。

これは、前述のテイスティングルームから、ガラス越しに撮った写真です。

右がスチーム加熱の再溜器で、左が、世界でも例がないと思われる薪直火の初溜器。

薪直火のポットスチルに関しては、スタッフの方が、体調を崩して、また、稼働されていないそうですが、近い将来、実際に蒸溜が行われるそうです。

↓そして、下の写真のポットスチルは、初溜器で、あの軽井沢蒸溜所で使われていたものです。

ポットスチルに詳しい方なら、直ぐに、ラインアームが非常に長く、それも、先に行くにつれてすぼまっているという点に気が付かれると思います。

↓近くらから撮った写真ですが、まず、こちらは、スチーム加熱の再溜器。

↓こちらが、薪直火の初溜器。

↓下の方は、このようになっていて、薪を焚べられるようになっています。

林業が盛んな地域なだけに、地元の資源を有効活用して、ウイスキーを製造したいという思いから、このポットスチルを導入されたそうです。

↓こちらは、軽井沢蒸溜所で使用していた初溜器です。

↓こちらは、ミドルカットされたニューポット。

  

↓そして、スチルハウスから移動して、ウェアハウスへ。

ウェハウスは、非常に珍しいのですが、天井に光を取り込むためのガラス窓が取り付けられて、明るいです。

写真の機械は、樽のフープ(タガ)を締めるための装置で、こちらも軽井沢蒸溜所にあり、引き取ったものだそうです。

今のところ、まだ、使う予定がないそうで、メンテナンスをすれば、使えるようになるようです。

↓ウェアハウスは、ダンネージ式ではありますが、床はコンクリート製です。

現在は、3段ですが、いずれは、4段で積み上げられる予定だそうです。

また、写真ではわかりづらいですが、ウェアハウスの天井が、ダンネージ式としては非常に高いです。

↓一部、シーズニングされたシェリー樽や試供品のミニ樽もありました。

そして、下の2期のポットスチルは、軽井沢蒸溜所の中古品ですが、酷使され、非常に薄くなって、穴も空いているので、展示用とのことでした。

また、写真の2基以外にも、バラした状態のものが1つありました。

ということで、かなり駆け足でしたが、製造工程を一通り、ご覧頂きました。

薪直火のポットスチルが動いているところが見られなかった点だけは、心残りですが、中村社長に丁寧にご説明いただき、大変有意義な蒸溜所見学となりました。

ガイアフローの皆様、ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

若鶴酒造・三郎丸蒸溜所が新しい一歩を踏み出しています。

新たな環境での仕込みを始めています。

富山県砺波市にある若鶴酒造・三郎丸蒸溜所では、現在、リニューアルした設備での、試験的な製造は始まっています。

90年ほど前に立てたられた、非常に古い木造の建物でしたが、リニューアルの途中ではありますが、かなりきれいになっています。

↓さて、こちらの機械は、新品のアラン・ラドック製のモルトミル(ローラーミル)です。

簡単に言うと、モルト(麦芽)を細かく砕くための機械です。

今までは、グリスト(粉砕麦芽)を購入されていたのですが、今年の仕込みから、モルト(麦芽)の状態で購入して、粉砕を自社で行われています。

モルトはクリスプ社製のヘヴィリーピテッド麦芽で、フェノール値は50ppmです。

↓これが、実際に粉砕を行っている模様です。

↓グリストは、通常、ハスク:グリッツ:フラワー(※粒度の大きい順)=2:7:1が標準的なのですが、マッシュタンの構造などを考慮して、3:6:1と、少し荒目に粉砕して、よりスムースにウォート(麦汁)を採れるように配慮されていますが、今後、もう少し、粒度を大きくされることを検討されているそうです。

写真は、グリストセパレーターで、左からハスク、グリッツ、フラワーを分離したものです。

↓こちらはウォッシュバック(糖化層)で、以前から使われていたものに、改良を加えて、余計な装置を外して、サーキュレーションのシステムを取り付けてあります。

↓これは、上部から内部を、蓋の隙間からのぞいているところです。

↓こちらは熱交換器で、今回新たに導入されました。

↓緑色の設備は、ホーローのウォッシュバック(発酵槽)です。

これは、以前から使用しているものです。

発酵は約4日で、今年から、エール酵母とディスティラリー酵母を併用されるそうです。

↓そして、こちらが、ポットスチル(単式蒸留器)です。

以前から使用していた、焼酎用のステンレス製のポットスチルを改造して、基本的な形状や仕組みはそのままで、ネックからコンデンサーまでを銅製に作り変えました。

ポットスチルは以前から1基で、今回も、この1基で、初溜、再溜を行います。

その為、今回、銅製の物にするに辺り、ネックの上のエルボーの部分に、シャワーを取り付けてあり、洗浄が行えるようになっています。また、圧力変化による事故防止のために、ネックに安全弁が取り付けてあります。

↓そして、他の蒸溜所のポットスチルと比較して珍しい点は、蒸気を冷却をするコンデンサーで、ちょっと専門的な話になってしまいますが、シェルアンドチューブコンデンサーとワームタブを併用しています。

簡単に言うと、1基のポットスチルに、2タイプのコンデンサーが取り付けられていることで、それは、わりと珍しいと思います。

もう少し詳しく説明すると、冷却の一段回目として、ラインアームの部分が、横向きのシェルアンドチューブコンデンサーになっており、ラインアーム(に相当する太いパイプ)の中に細いパイプが多数取り付けられており、その細いパイプの中を冷水が通り、ラインアームの中をアルコールを含む蒸気が通ることより、蒸気が冷却されます。

そして、通常のコンデンサーにあたる部分(※上の写真の右の銅製の筒)が、ワームタブで、太いパイプの中に冷水が張ってあり、その中を蛇管が通っています。その蛇管の中を蒸気や前段階で一部冷却されて液体状になったスピリッツが通り、液体としてニューポットが得られるわけです。

なので、このような2段構えの冷却方法は、焼酎ではしばしばあるそうなのですが、モルトウイスキーのポットスチルとしては、珍しいです。

ポットスチルの釜(本体)の部分に関しては、ステンレス製のままですが、試験的な蒸溜の結果によっては、銅製のウールを活用して、より銅の触媒作用を得られるようにされる予定です。

また、今回のポットスチルは、一時的なもので、いろんな条件が整えば、将来的には、サイズの大きな銅製のポットスチル2基を導入されたいと考えていらっしゃるそうです。

現在は、深夜に及ぶ製造作業で、試行錯誤の連続でご苦労が絶えないようですが、大変頑張っていらっしゃいますので、見守ることしか出来ませんが、これからも応援していきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

タリバーディン マレイ 2004 12年 56.1% ファーストフィルバーボン樽 / OB

タリバーディン マレイ 2004 12年 56.1% ファーストフィルバーボン樽 / OB

今後のタリバーティンに、さらに期待が持てる、コスパの良い1本です。

タリバーディン マレイ 2004 12年 56.1% ファーストフィルバーボン樽 / OB

香り:ライト、麦芽、バーボン樽のバニラ、ミックスナッツ。

味:ライト、麦芽、レモン。カスクストレングスの力強さもあるが、全体的にクリアな味わいで柔らかい。

もう少し、味わいが出てきそうな感じではありましたが、十分に良さを感じられました。

香味の要素の複雑さは、熟成年数相当だと思いますが、香味ともにライトで、全体的にクリアで柔らかい印象が強く、キレイにバーボン樽のニュアンスが出て、かなり仕上がっているように思いましたし、ちょうどいいタイミングのリリースだったのではないかと思います。

これ以上、ライトになっても、バーボン樽が強く出過ぎても、良さをスポイルしてしまったかもしれませんので、ちょうどいい塩梅なのかもしれません。

また、タリバーディンに感じることの多い、個人的には苦手な青い植物感が感じられず、不思議に思い、意識的に植物感を探したのですが、気になるような植物感は、その時点では、ハッキリと認識することは出来ませでした。

これが、再操業後の特徴なのかまでは分かりませんが、もし、青い植物感が、原酒から無くなってきているのであれば、素直でライトなタイプの酒質なだけに、良い樽で熟成させれば、ちゃんと良いものがたくさん出て来るような気がします。

あと、もう1点、このボトルは、シングルカスクではありませんが、ヴィンテージ入りの12年のカスクストレングスで出来が良く、それでいて価格が税込みで6千円代前半くらいというコスパの良さは、このボトルの大きな魅力だと思います。

実際に、リリースされてから、市場で一気に動いたようで、人気のため、なかなか買えないボトルとなってしまったようです。

これからのタリバーディンに、より期待したいと思った1本でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ベンロマック オーガニック 2010 43% / OB

ベンロマック オーガニック 2010 43% / OB

繊細で優しい味わいのベンロマックです。

 

ベンロマック オーガニック 2010 43% / OB

香り:優しい麦芽、ハチミツ、うっすらミント、レモン、樽のオーク。

味:柔らかい麦芽とはちみつの甘味、加水の柔らかい口当たり。時間の経過で、ほんのりキャラメルやチョコレートっぽい甘さが出て、少しリッチになる。

GMが所有する、スペイサイドモルトのベンロマック蒸溜所の、オーガニックです。

商品あんなにもある通り、オーガニックなのですが、そのこだわりは、非常に強いようで、商品案内には下記の通りの記載があります。

※「有機栽培麦芽のみ使用」といったウイスキーは少量のリリースが見られますが、この商品は英国土壌協会(ソイルアソシエーション、以下SA)から世界で初めて認定を受けた、正真正銘のオーガニックモルト。
SAは欧州で最も広く知られた、厳しく信頼性の高い公的なオーガニック認定機関ですが、今回の商品に関しては原料や酵母だけでなく樽のかけらやウイスキーのサンプルまで、あらゆるものが検査対象になっています。更には検査役人が製造工程の全てをチェック。その認可を示す左ロゴマークが、外装缶の後部についています。原料の麦芽だけでなく酵母や樽など、商品化までの全工程が同協会に認定されたこだわりの品なのです。                            JIS商品案内引用

このように、徹底的にオーガニックに拘った商品で、単に麦芽がオーガニックというのとは一線を画する商品のようです。

実際に飲んでみると、全体に穏やかで柔らかい印象が強く、優しい麦芽の甘みが感じられます。

この麦芽のニュアンスが、オーガニックによるものなのかどうかは分かりませんが、単にライトだとか、加水のニュアンスというだけでない、優しさが感じられます。

また、2010ヴィンテージで、若いため複雑さは強くないですが、6~7年の熟成年数にも関わらず、未熟感は少なくスムーズな点は、興味深いです。

もう少し、熟成期間を長くしたものや、そのカスクストレングスバージョンを、いつか飲んでみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ベンリネス 1995 21年 50% / ザ・ウイスキー・エクスチェンジ(レトロラベル)

ベンリネス 1995 21年 50% / ザ・ウイスキー・エクスチェンジ(レトロラベル)

開けたてより、少し時間が経った状態の方が、甘みが前に出てきて、より好印象でした。

 

※開けたてのサンプル
香り:少しこもった香り立ち、樹液、古樽、僅かにキノコ、熟れたリンゴ、ハチミツ、麦芽。

味:少しバターっぽいクリーミーさ、古い樽の甘み、僅かに粉っぽさ?、ハチミツ。

期待した、ハチミツや麦芽の甘みや熟したリンゴっぽいフルーティさは感じられましたが、サンプルが、結構固いようで、少しこもった香りで、古い樽っぽい香味が優勢だったように感じました。

ただ、後日、瓶から詰め替えたサンプルではなく、ボトルのまま減った状態のものを頂きましたが、香りのこもった感じがほとんど無く、より甘みが強調され、スムースな印象で、サンプルの印象より明らかに好ましく思いました。

サンプルを飲んでいるときは、ある程度、硬い状態だということを考慮して、しっかり時間を掛けてテイスティングをしているのですが、これは、思った以上が差がありました。

蒸溜所の知名度や味の方向性からすると、市場で、まとまった量が早く動くタイプではなく、あまり目立たない存在かもしれませんが、しっかりとした中身のボトルだと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

ベンリネス 1995 21年 50% / ザ・ウイスキー・エクスチェンジ(レトロラベル)
15,155円(税込16,367円)
https://e-singlemalt.co.jp/?pid=118581847

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3