スコットランド研修2017の雑感③:現場で働く人々の凄さ

スコットランド研修2017の雑感③

整理しきれないスコットランド研修での感想を雑感として、書いていきます。

現場で働く人々の凄さ

↓下の写真は、グレンファークラスのウェアハウス内のカスクから、ヴァリンチで原酒を採取してくださっている、トーマス・ウェブスター氏(愛称:トミー、(肩書は、ウェアハウス・チャージヘッド))

どんな仕事でも、現場の人間が一番、現場のことを分かっているという風に言われることが多いですが、ウイスキーの世界でも、どうやらそれが当てはまるようです。

当たり前ではありますが、やはり、ご自身が携わられているウイスキーへの理解が深く、熟知されている方が多い印象で、中には、職人と言うか達人というレベルに達しているのではないかと思うような方もいらっしゃいました。

特に、今回の研修で、心に残った人物は、グレンファークラスのウェアハウス・チャージヘッドという肩書を持つ、トーマス・ウェブスター氏(愛称:トミー)で、寡黙であまり多くを語るようなタイプの方ではないですが、まさに背中で語るという感じで、自信をもって、オススメのサンプルを勧めてくださったのですが、それが、凄いのなんの……。

なんというか、ここまで大量のストックがある中から、ここまで良いものをしっかり把握されているのが驚きですし、特にこの樽がいいとか、この原酒はどう素晴らしいかとということを、言葉少なながら端的に表現されるのがあまりにも的確で、分かりやすく、驚くべきレベルでした。

↓下の写真は、グレンファークラスのウェハウス内で、カスクからヴァリンチで取ったサンプル。

自分自身、仕事柄、ウイスキー業界の方とウイスキーの話をすると、この方はウイスキーに対してどれだけの経験値があって、どれだけウイスキーに対する見識や愛情があるのかということは、大体検討が付きますし、一緒に同じものを飲んだ時のコメントを聞けば、そのテイスティング能力や審美眼が、だいたい分かるのですが、トミーは蒸溜所で働かれている方の中でも別格で、まさに偉大な達人クラスだと思います。

『ここまで原酒のことを理解していて、そして、愛している人がいるのか…。』

と思ってしまうくらい、トミーの言動に感服しました。

それと同時に、このような素晴らしい現場の方々の長年の努力の積み重ねが有ってこそ、美味しいウイスキーが出来上がるのだということ、再認識させられました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

スコットランド研修2017の雑感②:ボトラーズの間の差と現状

スコットランド研修2017の雑感②

整理しきれないスコットランド研修での感想を雑感として、書いていきます。

↓下の写真はエルギンにあるゴードン&マクファイル本社のボトリング施設兼ウェアハウス。

ボトラーズの間の差と現状

これは、現地のボトラーズに行くまでもなく予想が付くところではありますが、世界的なシングルモルトブームの影響で、蒸溜所からボトラーズに新たに渡る原酒は少なくなっているということは、やはり間違いないようです。

具体的な蒸溜所名の言及は避けますが、有名なある人気蒸溜所の原酒が、もう、ボトラーズに一切販売されなくなっただとか、特定のボトラーにしか、特定の蒸溜所の原酒が販売されることはないとか、そのような話も、耳にしました。

また、ボトラーズが原酒を手に入れるにしても、当然、若いヴィンテージのものが多いようで、昔からのストックが多くないボトラーズに関しては、リリースできるボトルが、若いヴィンテージになっていくことは、自明の理です。

その流れにあって、ここ数年、ボトラーズが自信が、蒸溜所を買収したり、新たに建設する当流れは、至極真っ当でというか、そうすべき状態であるということは間違いありません。

実際に、ボトリング出来るサンプルを、幾つかのボトラーズに飲ませていただいたり、ウェアハウスで直に樽から飲ませて頂いて痛感しましたが、00年代や10年代の非常に若い原酒が比較的多く出てくるところもあれば、80年代や90年代のストックも豊富で、かつ質が非常に高いボトラーズもあり、中には、半世紀ほどの熟成年数の樽をまとまった量で持つ蒸溜所もあり、ボトラーズによって、質・量ともに若干の差があるように感じました。

この傾向は、シングルモルトのブームが落ち着くまでは、しばらく続くでしょうし、時間の経過ともに、それが顕著に市場で現れてくるのではないかと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

スコットランド研修2017の雑感①:グレンファークラス蒸溜所の偉大さ

スコットランド研修2017の雑感①

今回、スコットランドへ行って、ウイスキー人生約14年で、初めて知ったこと、気づいたことなどが、山ほどありました。

まだまだ、整理しきれないので、まず、雑感として、まとめてみたいと思います。

グレンファークラス蒸溜所の偉大さ

今回伺った、いずれの蒸溜所も、素晴らしい原酒をストックされていましたが、その中でもグレンファークラスが、特に素晴らしく、比較的若いものから長期熟成のものまで、プレーンな感じの樽から濃厚なシェリーカスクまで、とてつもない質と量のストックを持っていて、圧倒されるばかりでした。

特に、今回は、非常に良い樽からサンプルを頂くことが出来たようで、ハッキリ言って、どれを選んでもある一定上のクオリティに達していて、逆にその中で一番いいものを選ぶのが難しいと思えるほどのレベルの高さでした。

実際、自分が伺った際は、約40種の樽から、ヴァリンチで直接取った原酒をテイスティングさせていただいた訳ですが、10樽近くは、店主の太鼓判に推したいレベルでしたし、2樽は、飛び抜けて素晴らしいレベルのもので、驚きました。

ただ、いつも、こんなに良いものばかりが出てくるわけではないそうで、時間を掛けて培った人間関係というか信頼関係が、樽の売買において、最も重要なものだと改めて実感しました。

ちなみに、上の写真のカスクは、グレンファークラスの見学者用のカスクで、最も古いもので1953ヴィンテージという半世紀以上(約64年)も熟成されたとんでもなくレアなものをテイスティングさせていただきました。

また、1961ヴィンテージに関しては、神の領域と言っても大げさでない震えるくらい美味いものもありました。

また、写真にはありませんが、若いヴィンテージの物の中に、とてつもないポテンシャルを秘めたヴィンテージがあり、荒削りではありますが、そのポテンシャルに関しては、1961ヴィンテージに負けない凄まじいレベルで、腰を抜かしそうでした。

そのヴィンテージに関しては、まだまだ若く、当分はボトリングされることはないと思いますが、きっと、ボトリングされたときには、多くの方に驚きと感動を与えるに違いありません。

グレンファークラス蒸溜所での模様は、改めて、書きたいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

スコットランド研修へ行ってきました。

スコットランド研修へ行ってきました。

5月後半にスコットランドの蒸溜所とボトラーズを回り、見学やサンプルのテイスティングをさせていただきました。

実質的な滞在期間は、一週間もなく、超過密で過酷なスケジュールではありましたが、大変勉強になり、充実した時間を過ごすことができました。

すべてをお伝えできないのですが、下記の蒸溜所とボトラーに伺いました。

・スプリングバンク蒸溜所(テイスティング)
・グレンガイル蒸溜所(ツアー)
・グレンスコシア蒸溜所(ツアー)
・グレンファークラス(テイスティング)
・ベンロマック蒸溜所

・ケイデンヘッド
・ゴードン&マクファイル
・モリソン&マッカイ
・ハンターレイン
・ダグラスレイン

それぞれの、詳細については、また、追って書こうと思っているのですが、各蒸留所の状況やボトラーズの状況やボトリングのためのサンプルの内容について、現状を把握できたことは、とても大きなことだったと思います。

どの蒸溜所・ボトラーズがどんな樽をどれだけ持っているということ生で見て、把握できある機会はなかなか出来ないでしょうし、ましてや、サンプル瓶からのテイスティングだけでなく、ウェアハウスで熟成されている樽から直でテイスティングをさせていただく機会も多くあり、五感で、体験できたことは、忘れられない経験となりました。

そのことは、今後、シングルモルトの専門店を営む上でも、プライベートボトルをボトリングする上でも、とても大きな財産になると思っています。

また、今回、お世話になった大先輩の皆様方には、この場を借りて、改めて御礼申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

グレンエルギン 1995 21年 53.1% ホグスヘッド / BBR復刻ラベル

 グレンエルギン 1995 21年 53.1% ホグスヘッド / BBR復刻ラベル

 グレンエルギン 1995 21年 53.1% ホグスヘッド / BBR復刻ラベル

香り:桃や梨やオレンジっぽフルーティさ、オーク、ハチミツ、シロップ、バニラ、みかん、ミント、しっかりした麦の香り。
味:バニラ、桃や梨やオレンジっぽいフルーティさ、オーク、ミディアムボディだが力強さもある、シロップとハチミツを思わせるしっかりした甘さ、バランスが良い。

バランスが良く、しっかりとした飲みくちとフルーティな甘さで、飲みごたえがあり、とても良い出来だと思います。

なにかが突出しているとか、飛び抜けて美味いっていうタイプではないですけど、フルーティでバランスが良く、しっかりした飲み応えもあるスペイサイドモルトなので、バーのラインナップとしても、自宅飲みでも、とても重宝され、愛されるボトルだと思います。

ぜひ、お試しください!
店主の太鼓判とさせていただきます。

ラベルがリニューアルされたBBRの復刻ラベル(レトロラベル)

余談ですが、日本では、このグレンエルギンから、復刻ラベルのラベルデザインがリニューアルされました。

下は、割と新しいリリースのオーヘントッシャンですが、中央の絵のフレームやフォントやテキストサイズは、全然違いますね。

ちなみに、下が、7年前に、エジンバラのウイスキーエクスペリエンスで、店主 下野が撮影した、かなり古そうなレトロラベル。

アメリカ向けのブレンデッドウイスキーのようですが、年代が分かりませんし、この時代の前後のラベルのデザインがどうなのかもわからないので、あまり参考になりませんが、こちらのボトルに関しては、最近の新・旧ラベルの中間のようなデザインで、どちらに似ているとは言い切れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

モルトヤマでも、本商品をご購入いただけます。完売の際は、ご容赦下さい。

【店主の太鼓判】グレンエルギン 1995 21年 53.1% ホグスヘッド / BBR復刻ラベル

https://e-singlemalt.co.jp/?pid=116434881
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2