トロワ・リビエール 1998 43% C-142(シングルカスク)

トロワ・リビエール 1998 43% C-142(シングルカスク)

バーボン樽の良い影響をしっかりと感じることができるラムです。

トロワ・リビエール 1998 43% C-142(シングルカスク)

 

店主 下野のテイスティングノート
香り:嫌味のないサトウキビの由来の植物感、黒蜜、カラメル、干しわら。時間が経つと植物感が弱まりバニラが出て、次第に華やかに。
味:ミディアムボディ。植物感はあるが気にならない程度。しっかり甘みはあるが、甘ったるさは感じず、黒蜜、バーボン樽由来のバニラのような甘さ、ハチミツ。

個人的な嗜好であるのですが、甘ったるい甘さが強いものや植物感が強いものは苦手なのですが、こちらのトロワ・リビエールは、そういうネガティヴさを感じず、バーボン樽の良い影響をしっかりと感じることができる1本で、モルト好きの方でも、気に入っていただけそうなラムだと思います。

それにしても、昨今のウイスキーブームの中で、ここ2~3年ラムへの注目が高まっているように感じますし、ウイスキーのボトラーズからも、ラムがリリースされるということは珍しくなくなったように思います。

それも、ボトラーズのシングルモルトのように、シングルカスクでリリースされているものも少なくなくありません。

その一方で、一般的に、ラムは、モルトウイスキーに比べれば、かなり甘さが強いので、モルト好きの方に好まれ辛いものもあるかもしれませんが、モルトウイスキーを意識してか、本ボトルのように、甘ったるさを感じさせず、熟成に用いた樽の良さを持ったものも、しばしばリリースされているように思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

金沢ウイスキーテイスティング会 “アスケイグを愉しむ”のお知らせ

金沢ウイスキーテイスティング会 “アスケイグを愉しむ”のお知らせ

モルトヤマの石川県のお客様であるブナ野郎ことKAMEYA(カメヤ)さんが、4月1日(土)に、石川県金沢市のマクリハニッシュさんにて、テイスティングを開催されます。

テーマは、ポートアスケイグということで、アイラ島のカリラとブナハーブンがラインナップされています。

詳しくは↓のチラシを御覧ください。画像をクリックすれば、拡大されます。

金沢ウイスキーテイスティング会 “アスケイグを愉しむ”のお知らせ

※↑画像をクリックすると画像が大きくなります。

私、モルトヤマ 店主は、グラスの貸出という形でご協力させて頂く予定で、当日も、グラスの片付けなどのお手伝いのため、伺う予定にしております。

興味を持たれた方は、ぜひ、KAMEYAさんにメールでお申込みやお問い合わせをなさってみて下さい。※記事の最後にも、お問い合わせ先のメールアドレスを掲載しています。

2017.4.1 Sat.  18:30~

会場:マクリハニッシュ(金沢市木倉町2-4 西野ビル2F)

企画・ガイド:Masafumi Kameya (Whisky Blogger)

ウイスキーラヴァーの日常
http://malt.hateblo.jp/

協力:下野 孔明(シングルモルト通販モルトヤマ) ※グラスの貸出の協力をさせて頂きます。

会費:4,000円

テイスティングボトル(15ml):
①ブナハーブン オフィシャル12年
②ブナハーブン オフィシャル18年
③カリラ1991 10年 Wilson & Morgan
④カリラ オフィシャル 25年
⑤ブナハーブン1988 スリーリバース ダンス21弾
⑥カリラ フレンズオブクラシックモルツ限定品
⑦ブナハーブン1976 39年 sherry butt ケイデンヘッド

【お問い合わせ・お申込み】
MASAFUMI KAMEYA(カメヤ マサフミ)

下記メールアドレスにご連絡下さい。
mail:  bunnahabhain.lover★gmail.com
メールアドレスの★星印を、@アットマークに変更して下さい。

お店への直接の問い合わせはご遠慮ください。
※先着10名様程度を予定しております。満員の際はご容赦ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シルヴァーノ・サマローリ氏の訃報に接して

シルヴァーノ・サマローリ氏の訃報に接して

 

イタリアンボトラーのサマローリの創業者、シルヴァーノ・サマローリ氏が逝去されました。

先日、世界的に有名なモルトバーのオーナーの方の、Facebookの投稿で、訃報に接しました。

サマローリ氏自身は、サマローリブランドからは離れて、『MASAM』というブランドを立ち上げて、つい最近、日本でも、スリーリバーズさんが、ブレンデッドモルトとブレンデッドウイスキーをリリースされたばかりという状況で、信じられませんでした。

サマローリ氏の偉大な功績を振り返るため、サマローリの伝説級?と言われるボトルの中で、自分自身が飲んだ3本について、書いてみたいと思います。

自分自身、初めてサマローリの伝説的なボトルを飲ませていただいたのが、ブーケのボウモアです。

ボウモア 1966~1984  53% / サマローリ ブーケ

ボウモア 1966~1984 53% サマローリ ブーケ

5年前くらいに飲ませていただいたボトルで、まだまだ、ひよっこだった頃(※今もまだまだ勉強中ですが…)、全身、鳥肌が立つくらいの衝撃的な南国フルーツを感じるボウモアで、まさに至福の一言というべきボトルでした。

よく、ボウモアを飲んでいると、『南国フルーツがあるかないか』、『フルーティさが強いか弱いか』、なんて話になることがよくあるのですが、このボウモアに関しては、南国フルーツを探す必要なんて皆無で、香りからして、ビックリさせられ、飲んだらもっとビックリするというレベルでした。

ボウモアに対して、やすやすとマンゴーという表現を使うと、諸先輩方からお叱りを受けることがあるのですが、このボトルに関しては、間違いなくマンゴーという表現が適切であると言ってもいいと思います。

総じて、66ヴィンテージのボウモアは超ビッグヴィンテージで、どれも凄いと言われればそれまでなのですが、このブーケの66と、キングスバリーの66に関しては、南国フルーツのフルーティさだけを考えれば、飛び抜けて素晴らしいというほかないです。

オード 1962~1984  58% / サマローリ ブーケ

オード 1962~1984 58% / サマローリ ブーケ

こちらも、同じく、サマローリのブーケというシリーズで、厚みのある麦の味わいと圧倒的な複雑さ、それでいて、まとまっているバランスの良さが素晴らしい1本です。

オード自体のハウススタイル、度数の高さや、そして原酒の選択とヴァッティングの妙などが重なって生まれた伝説的なボトルなのだと思います。

スプリングバンク 12年 57.1% / サマローリ

スプリングバンク 12年 57.1% / サマローリ(通称サマバンク)

最高峰のスプリングバンクです。

スプリングバンクの良さとシェリー樽の良さが、高次元で融合した1本で、ブーケのオード同様に、ハイプルーフとヴァッティングの妙による重厚さと複雑さが感じられます。

自分が飲んだ記憶がある中では、最高のスプリングバンクですが、実は、このボトルは、先輩の飲み手の中でも、若干評価が別れるボトルなのですが、史上最強のスプリングバンクとおっしゃる方や、人生の中でのシングルモルトのベスト3に入るとおっしゃる方がいる一方で、美味いけどもっと美味いのがあるとか、最強のスプリングバンクじゃないと言われる方がいるというボトルです。

きっと、状態の問題や好みの問題で、自分にはちょっとついていけないくらいハイレベルな議論なので、それについてはコメントは控えたいと思いますが、どうであれ、記憶に残る大変素晴らしいボトルであることは、断言しておきます。

こうやって、振り返ると、伝説級のボトルをバンバンリリースされていたサマローリ氏の功績は、まさに偉業なのだと再認識させられます。

偶然や幸運というべき要素も有ったのかもしれませんが、審美眼というか、卓越した樽の選定能力やヴァッティング能力、コネクションがなければ、これらのボトルをリリースできたとは、とても思えません。

『これからも、ブランドは変われど、もっともっと、サマローリ氏のリリースされたボトルが楽しめるし、サマローリ氏が近年のヴィンテージのボトルをどのように評価して、どうリリースされるのかも、酒屋として楽しみだなぁ。』と思っていた矢先の出来事で、ただただ、残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シェリー樽の記事に関して

シェリー樽の記事に関して

シェリー樽の記事に関して、一部のお客様から反響を頂きまして、その後も続きの記事を書いてはいたのですが、先日、『シェリー&ピッツアパーティ in 富山』というシェリーミュージアム館長でシェリーの専門家である中瀬航也氏がガイドを務められたイベンドで、中瀬氏が、春に新しいシェリーの専門書を出版されると伺いました。

その本の中でもいわゆるシェリー樽についても触れていらっしゃるようなので、シェリー樽の記事に関しては、その本のリリースがなされた後に、改めて自分なりに再整理を行って、投稿したいと思います。

先日の、中瀬氏のセミナーでも、実は、ある程度疑問の幾つかの疑問が整理できたり、解決の糸口をつかむことができたのですが、もう少し、掘り下げて理解してからでないと、疑問が疑問を生む状況で、混乱を招くだけなので、しばらくお時間を頂ければと思います。

中瀬氏の新著に関しましては、まだ、リリースされておりませんが、具体的なリリース日に3月の第3週のようで、近い将来、大型書店やAmazonなどで購入できるそうなので、その日を首を長くして待ちたいと思います。

詳しい本についてのご案内は、中瀬氏のFacebookの公開の投稿で、明らかにされていますので、こちらをご紹介しておきます。

Amazonで発売された際は、改めて本ブログでも、ご紹介したいと思います。

<ご報告>I will publish a book about "Sherry"He publicado el libro sobre "Vino de Jerez"(In Japanese)この度、二冊目の本を出すことになり...

中瀬 航也さんの投稿 2017年2月14日

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

クライヌリッシュ 1997 19年 ラガヴーリンカスク 51.2% / モルトマン

クライヌリッシュ 1997 19年 ラガヴーリンカスク 51.2% / モルトマン

ラガヴーリンの空樽で熟成させた個性派のクライヌリッシュです。

クライヌリッシュ 1997 19年 ラガヴーリンカスク 51.2% / モルトマン

店主 下野のテイスティングノート
香り:香り立ちは普通、粉っぽいほうじ茶、お菓子のクリーム、オレンジ、塩キャラメル、奥に僅かなスモーク。
味:ミドルボディでクリーミー。ほうじ茶、オレンジピール、アプリコット、舌に残るピート、塩気、後口のタンニンと灰っぽさを伴うエグみ。

インポーターさんに確認したところ、ラガヴーリンの空樽でフィニッシュしただけではなくて、100%ラガヴーリンの空樽のみで熟成させてたクライヌリッシュです。

『奇跡的にブローラに似ていてくれないかなぁ……』という淡い期待は、ことごとく打ち砕かれましたが、今までに感じたことがないくらいに強い、ほうじ茶のような個性的が出ており、ピートというより、濃い目のほうじ茶を飲んだときの後口に似ていました。

また、一般的なクライヌリッシュより、塩気が強く感じられ、これも、ラガヴーリンの樽による影響なのかもしれません。

個人的には、やや変化球という印象のボトルですが、ラガヴーリンの空樽で熟成させたという観点で見ると、学ぶことの大きい興味深いクライヌリッシュでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 4