秩父 2010 5年 52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

秩父 2010 5年  52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

Asta Morris × Chichibu 2010/2016 5yo Cask No.702 52.3%
Cask type:Virgin hogshead 1st fill

先日、ボトラーズフェスで飲んでいましたが、サンプルを頂いて自宅でも飲みました。秩父 2010 5年 52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

香り:心地よいモルティな穀物香、赤いリンゴ、ウッディなスパイス、ハチミツ、強いオークの香り、オレンジ、プレーンなビスケットのようなお菓子。

味:強いオークの味、淡くフルーティ(赤いリンゴ?)、大麦、ウッディなスパイス、スムースだがスパイシーで心地よく余韻も長い。僅かに樽の成分と思われるエグみが舌に残るが、アクセントとなっている。

秩父らしい樽の強さのなかに、アスタモリスのバート氏らしい味わいを感じます。

以前、こちらの店主のブログの記事でもご紹介したとおり、ベルギーのボトラーアスタモリスのボトリングの秩父です。

カスクタイプがVirgin hogshead 1st fillと記載があるので、ホグスヘッドのほぼ新樽ということになります。

まだ、アスタモリスの商品を飲まれたことが無い方も、いらっしゃるとは思いますが、今まで、自分が飲んだ限りのアスタモリスの味わいの特徴というか共通項を一言でいうと、素直で、優しくフルーティで、スムースな点だと感じています。

どちらかという、激しく・個性的なものよりは、バランスが良く・淡い感じの香味のものが多いような気がします。

一方、同じ輸入元のガイアフローさんのお取り扱いのボトラーであるブラックアダーに関しては、最近は、パワフルなアルコールのパンチの効いているのが、特徴だと感じていて、アスタモリスとブラックアダーに関しては、個人的に、対極的なベクトルを持つボトラーであると解釈しています。

この秩父に関しては新樽だからなのか、他の秩父以上に熟成させた樽の成分が濃いようで、力強い樽の香味があり、最後にエグミが僅かに残りますが、それが淡い味わいの中でアクセントとなり、味わいに深みを与える一因になっているようにも思えます。

ただ、この樽では、10年、15年の熟成をさせると樽がきつく効き過ぎるような気がするので、そういう意味では、グッドタイミングなのだと推測しています。

なお、アスタモリス代表のバート氏のテイスティングノートも併せて記載させて頂きます。(メーカー資料)

バート氏によるテイスティングコメント

香り:バニラとシトラスをたっぷりと感じ、エレガントなオークも香る。私が初めて日本を訪れた時のことを思い起こさせるような、愛しい気持ちが蘇る香り。

味わい:パワフルでクリーミー、エレガントなオークが何層にもなって感じられ、オレンジと優しいバニラの味わい。

余韻:日本の繊細な技術を感じるような丸みを感じ、長く続いていく。

以上が、バート氏のテイスティングノートですが、日本への愛着を感じるテイスティングコメントで、バート氏が日本を好きなことが、テイスティングコメントからも垣間見えます。

今後のアスタモリスと秩父にも注目ですね!

※なお、当店でのネット販売の予定はありません。また、秩父関連の商品に関するお問い合わせには、一切お答え・ご返信しておりませんので、ご了承下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シングルモルト通販モルトヤマ 3周年に寄せて(長文)

いつも、シングルモルト通販モルトヤマをご利用いただき、ありがとうございます。

お陰さまで、当店は、明日4月20日をもちまして、ネットショップの正式オープン3周年(4年目)を迎えます。

これも、一重に、ご愛顧いただきましたお客様とインポーター様や問屋様、取引会社様の皆様のお陰です。

また、今まで、力不足や経験不足で、いろんな形でお客様にご迷惑をお掛けしたり、ご期待に応えられなかったりということが多々あり、申し訳ありませんでした。

今後とも、小さいながらも、多くのお客様に喜んで頂けるように、精進して参ります。

思い起こせば、3年前に、なぜ、カルチャー教室(※習い事の教室)の運営をしている会社が、新規に酒類販売免許を取得し、シングルモルト・ウイスキーを専門に通信販売するのだと、関係各所から不思議がられました。

その上、仕入れの検討をしたいから、とにかくサンプルを飲ませてくれ!サンプルを飲ませてくれ!としつこく何度も言うので、いろんな取引会社様に迷惑に思われることも少なくなく、正直、煙たがられていたような気がしますが(苦笑)、最近では、ようやく、どんな酒屋(シングルモルト専門店)なのか、理解されつつあるようで、ご協力頂ける温かいインポーター様がたくさんいらっしゃって、安心しています。ありがとうございます。

2013年、富山から、富山県内や広く多くの地方の方にも、いろんなシングルモルトを飲んでいただきたいと思い、このモルトヤマを始めました。

ですが皮肉なことに、ちょうど、タイミングとしては、モルトの相場は急激な右肩上がりで、世界的なウイスキーブーム加えて、日本では2014年にマッサンによるブームがやってきて、今まで普通に買えたウイスキーが買えないどころか、終売になったり、値段が高騰したり、中には、どう考えても、中身に不釣り合いと思える価格で、オークション等で取引されるものが出てきて、おまけに、転売ヤーが暗躍し、特定の商品ばかりが瞬殺されるなど、ウイスキー業界が混沌としてきました。

その一方で、悪いことばかりではなく、今まで、ウイスキーを飲まなかった人たちが、ウイスキーに興味を持って飲み始めて、そして、スコットランドのみならず、日本にも、数多くの蒸留所が新設されており、それに関しては、大変うれしく思っています。
ただ、いつか、この度を越して加熱したウイスキーブームは、いわゆるバブルは、いつかは、収まると思うのです。

そして、私の想像の範囲にしか過ぎないですし、中国やインドなどの今後の経済状況にもよるのでしょうが、近い将来、ウイスキーの需給バランスが逆転するときが来るのではないかと危惧しています。

今、筍のように乱立している数多くの蒸留所の原酒が、ある程度まとまった量、熟成が進んだ原酒となった時に、(※もちろん既存の蒸留所も増産しています。)それだけの原酒を、消費できるだけの需要が見込めるのかと言われると、それは、不確定要素とは言え、かなり怪しいのはないのでしょうか?

80年代に蒸留所がバンバン閉鎖されたり操業休止されたりというようなところまでは行かないとは思いますが、少なくても、今後、ジャパニーズウイスキーに関しては、『ジャパニーズウイスキー』だからバンバン売れるという時代は、個人的には終わると思っています。

これから、必要とされるのは、単なるジャパニーズウイスキーではなくて、『美味しくて、手の届くジャパニーズウイスキー』なのではないでしょうか。

それは、ジャパニーズウイスキーに限らず、どのウイスキーにも言えることでしょう。

そして、オークションで、特に美味しいとは思えないものが、時より法外な金額で、金額で取引されているのを見ると、だれが飲むのだろうかと不思議に思います。

もちろん、嗜好品ですから、とんでもなく高い金額でも楽しく飲める人がいるなら、それでいいでしょうし、ものの値段なんて、需要と供給の力関係で決まるものなので、値段に対して、一概に良い悪い、安い!高い!と断じることはできませんが、少なくも、妄信的に特定のウイスキーのメーカーやブランド、ラベルだけを追い求めて、大枚を叩くことに関しては、疑問を呈さざるを得ません。

酒屋としてはそうボトルがニューリリースであれば、当然売りやすいですし、そういう意味ではありがたい存在ですし、お客様からそのメーカー、ブランドに対する信頼の証拠だとは思いますが、特定のメーカーのものやブランドだけを、冷静さを欠き、妄信的に追いかけることは、幾分かの危険性をはらんでいるように思えます。

ウイスキーはお酒です。
飲み物です。

作り手の方だって、きっとお客様に飲んで楽しんで貰いたいはずですし、単なる所有する物や資産として扱われることを望んでいないと思います。

そして、有名でないメーカーやブランド、ボトルの中でも、数は多くないかもしれませんが、知られていないだけで、探せばきっと魅力的な物があるはずなのです。

だからこそ、酒屋というものは、このご時世、出来るだけ飲めるボトルを飲み、自分自身の主観で恐縮ではありますが、飲んだボトルの情報を提供したり、テイスティングノートを買いたり、見向きもされないようなものの中から、光るボトルを見つけたり、埋もれがちなボトルの魅力を発信し、微力ながらもお客様のボトル選びの一助になることが必要なのだと、モルトヤマは考えています。

『モルトヤマはフザケた変な酒屋だ!』
と同業者の方やお客様から嘲笑されることがよくあります。

奇抜な梨の妖精の格好や奇々怪々な言動等々があるので、フザケていると思われる方もいらっしゃると思いますが、私は、どう思われようが、言われようが全く気にしていませんし、そのことで、モルトヤマという変な酒屋の存在を見て、知り、覚えて頂けるなら本望です。

ただ、

『お客様の足元を見て、適正な価格と思わる価格の何倍もの価格で販売する酒屋』
『珍しい商品をオークションに流してぼろ儲けする酒屋』
『ウイスキーを横向きで陳列したり、梱包したりする酒屋』
『サンプルがあったり、飲めるチャンスが十分にあるボトルなのに、全然飲もうともせず、メーカーやインポーターから来た案内文のコピペだけで、自分が飲んだように商品を勧める酒屋』

の方が、フェスで梨の妖精の被り物をするバカよりも、よっぽどフザケていると思っています。

商売だから儲けなければいけませんし、儲けがなければやっていけないのですが、儲かるためなら手段を選ばないような真似はしたくありませんし、ウイスキーに対して思いや愛着がない人の『単なる商品』であって欲しくないです。

こういう業界が混沌としている時代だからこそ、こういうモルトヤマのような『変な酒屋』は必要だと思いますし、ありがたいことに、モルトヤマを必要としてくださる、温かくて理解のあるお客様が少なからずいらっしゃるからこそ、3年間、モルトヤマをやってこられたのだと、コレだけは自負しています。

だから、今後も、お客様のそのご期待に応えるべく、今までどおりマイペースで、できることに全力で取り組んで行きたいと思います。

それと、以前からメルマガにご登録頂いているお客様に、すでに少しだけお話をしておりましたが、モルトヤマの3周年記念ボトルを詰めたいという思いがあり、取り組んでみたものの、なかなか条件が折り合わず、まだ、具体的にご案内できる情報は、何一つありません。

ただ、今年度中には、モルトヤマ3周年記念のプライベートボトルとして、なんとかリリースできればと思っていますので、その際は、ぜひ、よろしくお願い致します。

また、店主の太鼓判について、改めて申し上げておきたいのですが、あくまで、店主の太鼓判は、店主が飲んだものの中で大変気に入って、お客様にもぜひ飲んでいただきたいという観点で選んだお酒に対して付けているものです。

決して、誰が飲んでも美味しいとか、大衆受けするかしないかどうかという点に主眼をおいているわけではありません。そもそも、嗜好品なので誰が飲んでも美味しいモルトなんてそうそう無いです。

高額ボトルや過去のリリースされた特に美味しいボトル、そして有名なオールドボトルと較べて、『こんなの美味しくない!』とか言われても、『そりゃそうじゃん。』としか言いようが無いです。

店主の太鼓判については、単なる1つの指標として考えて頂ければいいと思いますし、
『モルトヤマの下野が好きなボトルなのかぁ。』
『こういうボトルもあるんだなぁ。面白そうだから、買ってみようかなぁ。』
程度に捉えて頂ければありがたいです。

モルトヤマを信頼して頂けるのはありがたいですが、太鼓判だから買う、太鼓判ではないから買わないと思われることは、本望ではありませんので、冷静にご判断頂いた上で、欲しいと思われたボトルをご購入頂ければ大変嬉しいです。
長くなってしまいましたが、頑張ってこれからもモルトヤマを運営致しますので、今後とも、モルトヤマをよろしくお願い申し上げます。

 平成28年4月19日
シングルモルト通販モルトヤマ
店主  下野 孔明

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

5月21日(土) ウイスキーフープのボトルを楽しむ会

5月21日(土) ウイスキーフープのボトルを楽しむ会(テイスティング会のお知らせ)

テイスティング会 ウイスキーフープのボトルを楽しむ会

※画像は、クリックすると拡大表示されます。

5月21日(土) 富山県富山市のタウザー様にて、テイスティング会のガイドをさせていただきます。
今回は、富山では珍しいザ・ウイスキーフープのボトルをお出しします。
東京や大阪では、飲めるお店は多いですが、富山では飲めるチャンスがほとんどないと思いますので、ぜひ、この機会にお召し上がり頂ければ幸いです。

ガイドはシングルモルト通販モルトヤマ 店主 下野が務めます。
富山の近県からの参加者の方も大歓迎です。
どれも魅力的なボトルで、個人的には、トマーティンとアランとグレンバーギーが特にオススメです!

・インペリアル1995 19年 53% シグナトリー
・バルメナック1988 26年 51.8% シグナトリー
・バルブレア1996 19年 51.1% G&M
・トマーティン1995 20年 60% OB
・アラン1997 18年 49.4% OB
・グレンバーギー1997 18年 56.2% G&M
※各15ml。 全てストレートでご提供致します。
※OBは、オフィシャルボトル(ディスティラリーボトル)の意。

ぜひとも、ご参加下さい。
詳しくは、画像(チラシ)をご確認下さい。

なお、事前の電話予約が必要ですので、お気をつけ下さい。

ご予約・お問い合わせはお電話で
バー & キッチン タウザー
電話076-422-1778
(午後7:00~午前3:00)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録