ボウモア1999 10年 目白&八重洲 (スリーリバーズ) 55.7%

ボウモア1999 10年 目白&八重洲 (スリーリバーズ) 55.7%

ボウモア10年 目白&八重洲 (スリーリバーズ) 55.7%

先日、富山で、今年のスコッチ文化研究所認定ウイスキープロフェッショナルに合格された、男性と一緒にウイスキーを飲んできました。

50代のお医者様で、若い時はバーボン派で、マッカラン25年がきっかけで、シングルモルト派になられたそうです。

久しぶり、富山で熱くウイスキーについて語ってくださる方がいらっしゃって、本当に嬉しかったです。

その際に、飲んだ大好きなボウモア。(思い入れのあるボトルなのですが、諸事情で詳細は秘密。)

先生にも何口か飲んで頂きましたが、フルーティなボウモアはあまり経験されたことがないそうで、大変気に入って頂きました。

度数が55.7%と高めで、10年ものなのでやや若さはあるのですが、しっかりとした飲みくちで、マンゴーっぽい南国フルーツの甘みと余韻が素晴らしいです。

お話する中で、富山でウイスキーの輪が広がりそうなチャンスがあることが分かったので、色々頑張ってみようと思います

シングルモルト通販モルトヤマ

ボウモア1997~2013 15年 52.5% ザ・ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

ボウモア1997~2013 15年 52.5% ザ・ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

 ボウモア1997~2013 15年 52.5% ザ・ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

クリーミーな甘みを持ったボウモア。丸みを帯びた豊かなボディ。
流行りのフルーティもりもりではないですが、フルーティさもあって、まったり楽しめます。
日本に正規輸入されたものはわずかで、限られたお店でしか飲めないようです。
こういうボウモアも美味しいです。

シングルモルト通販モルトヤマ

インストゥルメンタル ソロ セレクション ボウモア1993 16年 52.4%

インストゥルメンタル ソロ セレクション
ボウモア1993 16年 52.4%

 インストゥルメンタル ソロ セレクション ボウモア1993 16年 52.4%

やっぱり93ボウモアはいい。
ニンマリしてしまいます。こういうボウモアが大好きです。

ボトルの残量が少なかったのと開封してからの時間が経過していたせいか、93ボウモアらしい南国フルーツがやんわり感じられますが、細かい要素はつかみにくく、全体的に穏やかで、クリア。

桃っぽいフルーツの香りや甘みが優勢な印象でしたが、それでも93ボウモアらしさは十分満喫出来ました。

嫌味がなく、美味しいです。

シングルモルト通販モルトヤマ

グレンドロナック1972~2011 39年 54.4% #716 オロロソ・シェリーバット

グレンドロナック1972~2011 39年 54.4% #716 オロロソ・シェリーバット

グレンドロナック1972~2011 39年 54.4% #716 オロロソ・シェリーバット

初めての72ヴィンテージのグレンドロナック。

カウンターでお隣になったお客様のご好意と、お店の方のお気遣いで、飲ませて頂きました。

本当にありがとうございました。

感想が書けないくらい素晴らしいボトルです。

感動。

こういうボトルに一年に一度か二度出会えるから、飲むのをやめられないんですよね。

そして、こういうものをいろんな方に飲んでもらい、喜んで貰いたいんですよ。

理屈じゃないです。

72のグレンドロナックは、高騰して高嶺の花ですが、いつか、どうにか買ってもらえる価格帯で、これに匹敵するくらいの感動的なボトルを仕入れ、富山のBARで販売して、富山のBARで飲んだ人が喜んでいる姿を見るのが自分の夢のひとつです。

そうじゃなきゃ、自分が、酒屋を始めた意味が無いです。

頑張りますので、応援よろしくお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

グレングラント1972 54.2% シェリーホッグヘッド モルツオブスコットランド エンジェルズチョイス

グレングラント1972 54.2% シェリーホッグヘッド モルツオブスコットランド エンジェルズチョイス

グレングラント1972 54.2% シェリーホッグヘッド モルツオブスコットランド エンジェルズチョイス

あんまりグレングラント飲んだことはありませんが、ダントツ。
熟成感とシェリー余韻の長さが抜群。
フルーティですが、シェリーが重すぎず良い甘みで、古樽っぽい材木の渋さやスパイシーさがジワジワと舌の上で持続して、非常に心地よいです。

同シリーズのトマーティン1976の方が、桃のフルーティさがつかみやすく、誰からも愛される優等生的な感じですが、こちらのほうが、材木的なスパイシーと渋みと甘さの絶妙さが加減が、マニア好みって感じです。

テイスターのフェッターケアン1975 33年や、ブラックアダー ロウカスクのセントマグデラン1982 25年のツボって、この後味というか甘みを伴った材木感のあるスパイシー感だと思うんですよね。

ここが、心地良いか・渋く感じるかで相当評価が別れると思います。

自分好みのグレングラントが飲めて幸せでした。

シングルモルト通販モルトヤマ

1 2