ボウモア1993 18年  61.6% /スペシャリティドリンクス マスターピース

ボウモア1993 18年  61.6% アメリカンオークホッグスヘッド /スペシャリティドリンクス マスターピース

まさに傑作。ビックリ仰天の’93ボウモアです。

ボウモア1993 18年 マスターピース

奇跡のボウモアと呼ばれて、話題の絶えない’93ボウモアですが、これは、その中も本当に凄いです。

ウィスキーエージェンシーのパーフェクトドラムの3種や、有楽町のキャンベルタウンロッホさんの記念ボトル、GMのシークレットスチルなどを飲んだことがありましたが、個人的には、このマスターピースが一番です。

スペシャリティドリンクスというボトラーの名前は、よく存じませんが、話によるとウィスキーエクスチェンジが出処だとか。(間違っていたら、ごめんなさい。)

凄すぎて、テイスティングが書けないので、概要を。

ボウモア1993 18年 マスターピース

香りの面では、いい意味で飛び抜けたところが感じられず、スモーク感も上品かつ穏やかなボウモアで、フルーティさも、さほど感じられないが、とにかくマイルド。

だが、口に含むと大化けする。舌にピリッとした刺激を感じたと思ったら、度数と熟成年数から想像されるより意外に柔らかく、マンゴーやパッションフルーツ的な南国フルーツ香りをともなった甘みが舌に広がる。

その次に、アルコールの刺激とフルティーな香りが、優しく上品なピーティーさを伴って、鼻に抜けていく。

抽象的な表現ですが、アルコール度数に見合ったキレがあって、突き上がっていくイメージです。

そして、南国フルーツとピーティーさの余韻が綺麗にフェイドアウトしていき、非常に心地よい。

全体として、美しく、とにかく、上品でまとまりがある逸品。本当に綺麗で、且つインパクトが強いです。

うまく表現できないのが悔しいですが、個性と総合力を兼ね備える凄い傑作です。

 

久しぶりに、ボウモアが、アイラモルトの女王と呼ばれる所以を感じさせられた気がします。まさに、傑作です。

幸せでした。