スコットランドの旅~ボウモア蒸留所 製麦編~

さぁ、ついにやって来ました。

ボウモア蒸留所(海岸から撮影)

↑煙突中段の左横の黒っぽい本当に小さい点は、ディスプレーのゴミではなくて、カモメです。この写真をとったのが夜中の9時前後だったので、あまりカモメはいませんでしたが、昼間は、昔のボウモアのラベルのごとく、本当にたくさんのカモメが飛んでいました。

ブナハーブン蒸留所の後は、憧れのボウモア蒸留所です!!キルンのパコダ屋根と風見鶏が見られます。

ボウモア蒸留所

写真に写っているのがモルト見習い↑です。ミーハーなただのいち観光客です(笑) 蒸留所のお姉さんに撮って頂きました。

ボウモア蒸留所 ヴィジッターセンター

↑ヴィジッターセンターの売店スペース。伺った1週間程前がアイラフェスティバルだったので、アイラフェスティバルの限定品や、ブラックボウモア、ホワイトボウモア、ゴールドボウモア、30年のドラゴン(黒ボトル)なんかも売っています。

ボウモアでの写真は、たくさんありますので、ボウモア蒸留所に関しては、いくつかの記事小分けにして書きます。

さぁ、早速、念願のボウモア蒸留所見学ですが、世の中はそんなに甘くなく………、ボウモアの水源(ラーガン川?)が枯れ気味で、操業一時休止中でした(号泣)

当然、お目当てのフロアモルティングも見られるはずが無く………、絶望感の中、2時間ほどのクラフトマンズツアー(※一般ツアーとこのマニア向けツアーの2種類があるそうです)に参加しました。 

参加者はモルト見習いと、フェラーリのジャンパー?を着ている台湾人のワンさん。知的でお金持ちっぽい感じの方でした。

ガイドはボウモアの現地のお姉さんで、もちろんガイドは『英語』。

ワンさんは、英語ペラペラ。発音もチョー綺麗。

その点、モルト見習いは、 話についていくのがやっとのレベルで、ところどころ意味不明で『ポカン』としていて、当然、質問なんか出来やしません。

そんな正にアウェイの中、モルト見習いは頑張りました(涙)  

まず、フロアモルティグ(を見られるはずだった)。

フロアモルティング

↑本当は、ここ一面にグリーンモルト(※乾燥前の大麦麦芽(モルト))が敷き詰められているはずでした…。

フロアモルティングと言うのは、水に浸して水分を吸収させたモルトを床にまいて発芽させ、モルト(大麦麦芽)に成長させる工程で、大麦のデンプンやタンパク質から、デンプンやタンパク質をを分解する酵素を生み出します。タンパク質の多くは、この時点で多くが分解されますが、デンプンの多くは、後の糖化(マッシング)の工程で分解されます。

ちなみに、麦焼酎では、この様な『発芽』という大麦自身の生理作用を利用せず、基本的にコウジカビの酵素の力で、デンプンを糖に変えていますので、この点がモルトウィスキーとは決定的に違います。

フロアモルティングは、伝統的な製法ではあるのですが、人力でグリーモルトをかき回す必要があり、重労働で、決して効率が良くないので、これを行っている蒸留所は、スコットランドに6箇所ほどで、アイラではボウモアの他にラフロイグやキルホーマンでも行っています。

また、ガイドのさんの話によると、ボウモアは、フロアモルティングを行ってはいますが、モルトスター(製麦業者)から多く購入しているそうです。

ちなみに、キャンベルタウンのスプリングバンクは、100%フロアモルティングで作ったモルトを使用しているはずですし、逆にほとんどの蒸留所は、モルトスターから大麦の品種やピートの炊き具合なんかを指定して、購入しています。

シール(木製スコップ)など

写真の左写っている(※お姉さんの脚の右側)シャベルは、シールと呼ばれる木製のシャベル。発芽ムラを無くすため(グリーンモルトに酸素を供給するのと、熱や水蒸気がこもってムレないようにするため)グリーンモルトをかき回す必要があるので、その際に使用します。

フロアモルティングの実演

あと、同じく、大麦をかき回したりならしたりするのに、熊手に似た金属製のトンボ(※英語でなんと言えばいいのか分かりませんでした)を使ったり、機械式の攪拌機があります。この二つは、基本的にどちらも同じ目的で使用し、労力を軽減するために、機械を導入したそうです。

モルトを運ぶ二輪車

↑車輪の着いたタンクは、グリーンモルトを運搬するのに使う、台車(二輪車)です。

モルト運搬のパイプライン

↑ねずみ色のパイプというか、四角い筒の様な設備は、聞き間違いでなければ、フロアモルティングが終わったグリーンモルトを次の乾燥の行程へ送るためのパイプラインで、特殊なトンボの様な道具で床の穴へ(※写真では蓋がしてあります)モルトを掻き集めて、流すそうです。

キルン内へグリーンモルトを流し入れるパイプ

 
続いて、乾燥の行程へ。↑写真のパイプは天井から伸びていて、フロアモルティングが終わったグリーンモルトがパイプを通って流し込まれます。

キルン(乾燥塔)内部

↑キルン内部の床は、細かい網目状になっており、床にに見える白い点々は、網目に詰まったモルトです。この下から、ピートを焚いて加熱します。

ピートを焚く窯

↑ピートを焚く窯。

グリーンモルトは、発芽が進み過ぎると中の糖質を消費してしまうので、発芽の進行を止めるために、乾燥させる必要があるので、キルンという乾燥塔にパイプで送られ、ピート(※ヒースやシダ類などの植物が腐らずに軽く炭化している泥炭)を焚いて加熱します。

ピートの山

(↑お姉さんが手に持っているのは、ウ●コではなく(汗)、ピートです。ピート、は固形とそうでないもの腐葉土の様な状態の2種に大別され、固形のものは、単に切り出したものではなく、ソーセージのように圧力を掛けて穴から出して整形したものです。これが、ラフロイグ蒸留所では、固形のピートを切り出す際に、既に長方体として整形された状態で切りだしているそうですが、その整形のさせ方が、どのように味わいに影響が出るかは、わかりません。また、ラフロイグ蒸留所の説明では、英語を聞き取り間違えていなければ、整形されている固形のピートは、主に加熱の燃料として使い、腐葉土状の整形されていない方は、主にピートの香りをつける事を目的に使っている人のことでした。

 腐葉土状のピートは、主にピート層でも割と表層の部分で、まだ、植物が炭化しきらずに植物としての成分が多く残っているらしく、そのため、比較的炭化の進んだ深い層のピートよりも、一般的に植物由来のあの独特のピートの香りが出やすいそうです。)

↓※おまけ:ピートの切り出し場の様子。下部の層の方がきめ細かい粘土質で、上部の方が植物の形が残っていたり繊維質な物を見ることが出来、明らかに層によってピートの質が違う事が確認できます。写真に写っているのは、浅く掘ってあるので、実際は、もっと深いところまでピートの層になっています。

ピートの切り出し場の断層

(※おまけというより蛇足:ちなみにオークニ島にあるハイランドパーク蒸留所では、ピートの層をフォギー(約8,000年)、ヤフィー(約12,000年)、モス(約16,000年)の3層に大別し、性質の異なるそれぞれをミックスして、乾燥作業に使用しているそうです。※参考資料 アサヒホームページ http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/brand/highland/quality/ )

この乾燥行程は、グリーンモルトの中の酵素を失活(※タンパク質が変性して酵素としての機能を失う状態)させてはいけないので、ただ闇雲に加熱するわけにはいきません。あくまで、加熱そのものが目的ではなく、乾燥させて発芽のプロセスを止めること(+ピートの香り『薫香』を麦芽につけること)が目的なのです。

グリーンモルトは最高でも80℃程度までしか温度は上げられませんので、ピートを窯にくべるにしろ、職人技が必要とされます。

↓キルン上部のファン。この上が、独特のパコダ屋根になっている(ハズ)。

キルン上部のファン

こうして、加熱されたグリーンモルトを除根して、モルト(大麦麦芽)となります。

その後、モルトは、ゴミを取り除いた後、モルトミルと言われる製粉機で挽かれ、さらにそれをマッシュタンに入れて、お湯を加え撹拌し、モルト由来の酵素の力で、主に麦芽糖などの糖が多く含まれるウォートと呼ばれる麦汁を取り出す作業に入ります。

続きは、次回の『製粉から発酵編』の記事で。

ボウモア1993~2010 16年 59.9%/ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム

ボウモア1993~2010 16年 59.9% /ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム EXバーボンホッグスヘッド

ボウモア1993~2010 16年 59.9% /ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム EXバーボンホッグスヘッド

巷で話題になって、しばらく経ちましたが、ついに飲みました。

お世話になっているバーに差し上げて、1杯頂きました。

なお、今回から、テイスティングノートの香りと味を分けて、書くのを止めて、おりまぜて書きます。やはり、香りと味を分けて書くのには無理があるので、その様にさせて頂きます。

※開栓直後の1杯を1時間半程かけて飲みました。

色:薄いゴールド

香りと味:①、②、③、④は時系列。

①開栓直後:極めて鋭いアルコールで鼻が痛い。鼻がやられそうな位アルコールが感が強い。アルコールが若い印象。口に含むと鼻で感じたほどは、アルコールがヤンチャではないが、やはりパワーがある。適度にピーティ。少し潮気。やや甘い。この時点で、アルコールのパワフルさ以外は、ここ最近のボウモアのイメージからは、逸脱していない。

②5~10分経って少しアルコールが落ち着いてくると、香りの展開力を発揮し始める。バーボン樽(ホッグスヘッド)由来と思われるパイナップル香全開。やんわりマンゴー。微かにパッションフルーツが見え隠れ。開栓直後のキャンベルタウンロッホ10周年のボウモアに比べると、マンゴーの印象は薄い。米のもみがら。小麦粉。薄いカカオ。

③さらに時間が経っても、アルコールの力強さは健在。徐々にパイナップル香から、松の葉や針葉樹の新しい材木を切断した時の香りへ変化。小麦粉の様な穀物感が持続。

④加水すると、アルコール感と針葉樹を切断した時の香りが薄れ、小麦粉や甘さ控えめなクッキー的な穀物感が鮮明になる。

総評:個人的には、キャンベルタウンロッホ10周年のケイデンヘッドボウモア1993の方が、マンゴー感や心地よい程度に焦げた麦の甘みが感じられて(※そのボトルも開栓後の一杯目を頂いている)好み。ハッキリ言って、開栓直後の状態では、飲みづらい方もいらっしゃるかと思うので、ある程度、若干ボトルの量が減って、香りが開く待ったら若干飲みやすくなるかもしれない。展開力とポテンシャルは本物。言葉では表わしきれない、色んな香りと味の要素を持ち合わせており、その点は、極めて非凡だと言える。もう少し、時間をおいて、再チャレンジしたい。
 
   

ちなみに、このボトルは、富山市の桜木町(※住所は総曲輪)のリンカーンホール1階の、ショットバーリクオルさんで、お召し上がり頂けます。※売り切れの際は、ごめんなさい。

ワンショット 1,500円です。

『貰い物なのに金をとるな』なんて無粋な事を言わないでください。

お店に利益が出て、その余力で新しいボトルをお店において頂ければ、他のモルト好きの方にも自分自身にもメリットがあるので、それで良いと思っています。

もし、チャンスがあれば飲んでみてください。万人向けでは無いかもしれませんが、面白いと思います。

ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラム

スコットランドの旅 ~ブナハーブン蒸留所編~

カリラ蒸留所の次は、ブナハーブン蒸留所に行きました。

ブナハーブン蒸留所

ここでは見学という見学はせず、ポットスチルを見て、ショップを回ったくらいですが、非常に海岸が綺麗で、ここち良かったです。

ブナハーブン蒸留所 その2

アイラモルト中では、一番アイラモルトのキャラクター(※潮気、ピーティさ、スモーキーさなど)を持たないブナハーブンですが、それでも、海岸の蒸留はあります。

ブナハーブンの最大の特徴は、アイラモルトでありながらピートを麦芽に炊き込む量が非常に少ないと言うことです。

ピート香の強さ値は、フェノール値で表されますが、最も麦芽にピートを炊き込むと言われるアードベッグ蒸留所では55ppm前後で、アイラで中庸のモルトと呼ばれるボウモアは26ppm程度ですが、ブナハーブンでは2ppmと非常に弱いのです。

 (※フェノール値の話しは、書籍や蒸留所の話しなどでよく出てきますが、同じ蒸留所について述べているものでも値がマチマチだったりして、正直、どれを信じていいのか分かりません。ただ、当然、同じ蒸留所内でピートを強く炊き込んだり弱く炊き込んだりすることもありますが、基本の値はあると思うのですが……不思議です。)
 

ブナハーブン蒸留所側の海岸

フェノール値はどうであれ、蒸留所が海に面しているにも関わらず、アイラモルトのキャラクターが弱いということは、言うまでもなく、アイラモルトのキャラクター作りには、アイラ産のピートでしっかり麦芽に香り付けをしてやることが、重要なのでしょう。

 
ブナハーブン蒸留所 ポットスチル

↑ポットスチルです。3機見えますが、真ん中が初留器(ウォッシュスチル)で、両サイドが再留器(ローワインスチル=スピリットスチル)でしょうか…。

今気づきましたが、蒸留されて出てきた気体(アルコールや水蒸気)を冷却するコンデンサーっていう装置が、見えません。たぶん、壁の奥にあるのだと思いますが、自分が見学した他の蒸留所では、ほとんど同じ部屋の中にコンデンサーを見ることができたので、比較的変わりモノだと思います。

次回は、ボウモア蒸留所編です。次の記事の内容はめちゃくちゃ濃いですよ(※写真が多いだけかも(汗))!

スコットランドの旅~アイラ島 カリラ蒸留所編~

スコットランドの旅。今回は、アイラ島のカリラ蒸留所編です。

エジンバラからグラスゴーを経由して、飛行機(プロペラ機)でアイラ島へ入りました。 

この日は、カリラ蒸留所、ブナーハーブン蒸留所、ボウモア蒸留所の3蒸留所を回りました。

アイラ空港とプロペラ機

アイラ島での案内は、アイラモルト好きには、よく知られているクリスティーンにお願いしました。 
彼女は、今までに、ウィスキーライターのマイケル・ジャクソン氏(※キングオブポップではありません)、土屋守氏、小説家の伊集院静氏や数多くの著名な日本のバーテンダーを案内しています。 
クリスティーンとピート

ボウモア蒸留所で勤務されていた時に、ウルルン滞在に出演され、日本でも有名人となり、今は、世界からやってくる観光客やウィスキー関係者のガイドのお仕事をされています。

移動は、クリスティーンのホルクスワーゲンのミニバンです。クリスティーンは走り屋ですが、非常に運転が上手です。

彼女自身、「私は、島一番のF1ドライバーなのよ!」と言っていました。

写真は、ピートの切り出し場です。乾燥させているピートがありました。

ピート

アイラ島の約1/4の土地は、ピートで覆われているらしく、ところどころ道路がひどくガタガタしている一因は、アスファルトの下のピートの層が、車の重さで徐々につぶれて行くからだそうです。

 
では、早速ですがカリラ蒸留所での模様を……。 

カカリラ蒸留所 車から撮影リラ蒸留所 車から撮影 
ガイドツアーに参加しましたが、残念ながら、ディアジオ社の蒸留所の内部は、基本的に撮影は禁止なので、外観の写真しか有りません(涙)。

カリラ蒸留所を海から撮影

これは、ディアジオ社のポリシーらしいですが、アイラの他の某蒸留所のスタッフの方は、「蒸留所内の写真を取らせないなんて、クレイジーだ!」だと言っていました。 ただ、カリラやラガヴーリンは、ウォッシュバックから直接汲んだ、ウォッシュ(※アルコール度数7~8%くらいのビール状のもの)を飲ませてくれたので、その点親切ではありました。

標識(ポートアスケイグ)
カリラ蒸留所は、アイラ島のポートアスケイグに位置しており、最近、ボトラーズから地名のついたボトルがリリースされていました。

カリラ蒸留所
 
外から見える、ポットスチル。 

カリラ蒸留所のポットスチル外からはネックが、かろうじて見られます。 
カリラ蒸留所のポットスチルその2

蒸留所自体が海岸にあって、アイラ海峡を挟んで対岸がジュラ島です。 

アイラ海峡とジュラ島
このアイラ海峡(= Caol Ila(※ゲール語) = Sound of Islay(※英語)) のゲール語の名前が、カリラ蒸留所の名前の由来となりました。 
 

下の写真は、ウェアハウス(樽の貯蔵庫)です。蒸留所の名前を見ることができます。

カリラ蒸留所 ウェアハウス

海は、非常に澄んでいます。

カリラ蒸留所側の海岸
写真中央の猫は、クリスティーンの飼猫、『SUSHI(スシ)』です。(※後ろの見える山がジュラ島)日本好きのクリスティーンらしいネーミングです。

SUSHI(スシ)

SUSHIとカリラ蒸留所で出逢ったのは偶然で、クリスティーンも驚いていました。

ちなみに、カリラ蒸留所のすぐ側に、90歳を越えるクリスティーンのお母さんの家があります。

クリスティーンのお母さんは、90歳を越える高齢にも関わらず、車で買物に行くくらい元気な方で、途中、我々の車ともすれ違いました。クリスティーンのお母さんは、ウィスキー雑誌のウィスキーワールドのアイラ特集にクリスティーンと共に登場したことが有ります。

こんな素敵な場所でくらして入れば、長生きできそうですね。

 
次回は、アイラ島 ブナハーブン蒸留所編です。

スコットランドの旅~エジンバラ編~

また、また、また、ご無沙汰しております。

念願のスコットランド旅行(蒸留所見学)を終え、帰国しました。

非常に有意義な旅となりました。色々なことがあり過ぎて、ひとつの記事にまとめることは到底不可能なので、小分けにして書いていきたいと思います。

 
と言うわけで、初回は、エジンバラ編です。

スコットランドの首都、エジンバラでは、時間的な制約や航空会社のストライキ等の影響で、エジンバラ城、ウィスキーヘリテージセンター(ウィスキーエクスペリエンス)しか回れませんでした。 
エジンバラ城 
エジンバラ城の目と鼻の先にあるウィスキーヘリテージセンターは、ウィスキーの製法や歴史を学んだり、試飲ができる、いわばウィスキーの博物館(※日本語の音声ガイド有り)で、非常にレアなボトルの展示も見ることができます。

ウィスキーヘリテージセンター(ウィスキーエクスペリエンス)

写真のボトルは、確かブラジルのコレクターがディアジオ社に寄贈したものだったかと思いますが、質・本数共に半端なレベルでは有りません。 

ウィスキーヘリテージセンターの展示ボトル

ウィスキーヘリテージセンターの展示ボトル(ボウモア)↑ シェリフのボウモアが!!!!!  ブラックボウモアが!!!!!!

もちろん、展示品は飲むことができませんが、見ているだけで幸せな気持ちになります。

ウィスキーヘリテージセンターの展示ボトル(マッカラン)

 
 
ちなみに、この後、試飲スペースでボウモア10年 テンペスト(オフィシャル)を試飲しました(美味しくて、写真を撮るのを忘れていました(涙))。

かなり好印象でした。最近のオフィシャルボトルに感じた物足りなさを払拭するような出来で、さわやかな柑橘系フルーティさ、紅茶の甘み、程よいピート、塩気と適度な飲みごたえとパンチ力が相まって、限定品とはいえ、10年のオフィシャルとしてはかなりの出来です。

インパクトとバランスを共に兼ね備えて、秀逸なオフィシャルボトルです。

 
なんだかんだで、足早にエジンバラを去り、グラスゴー経由でアイラ島へ……。

次回からは、アイラ島編です。お楽しみに。

1 2