エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ 2002 (ブルゴーニュワイン)

エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ 2002 (ブルゴーニュワイン)

エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ 2002 (ブルゴーニュワイン)

※写真はワインカフェ シンクエンタウノのマスターの撮影

初めてワインの事を書きますが、ハッキリ言って、シングルモルト見習いのワインの知識は限りなく、ゼロに近いですが、1ヶ月~2ヶ月に1回くらいのペースで飲んでいます。

ボルドーワインとブルゴーニュワインの違いも曖昧で、ボトルの形が違うくらいしかわかりませんが(汗)、最近は、たまたま、ブルゴーニュワインを頻繁に飲んでいます。

写真のワインも、ブルゴーニュワインで、エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ 2002です。
詳しい能書きは分かりませんが、ブルゴーニュワインの神様の故アンリ・ジャイエの甥のエマニュエルさんが作ったワインで、ヴォーヌ・ロマネは村名らしいです。

使っているブドウは、ピノ・ノワールです。あのロマネ・コンティと同じ品種で、ブルゴーニュワインの多くがピノ・ノワールを使っているそうです。

ワインの味は、うまく表現できませんが、これは今まで飲んだブルゴーニュワインの中で、一番美味しいと思いました。

まず、香りが本当に濃厚で重いです。圧倒的な重層感。この濃厚な香りが絶対的な特徴だと思います。

とにかく、甘く濃いベリーや木香と適度なワカメの様な海藻感の一体感がすごい!

なのに、香りに反して味は、非常に繊細で、軽い酸味と甘みが一瞬広がったと思ったら、しなやか、すぅーっと綺麗にフェードアウトして、心地よい香りの余韻を残します。嫌味や雑味感は全然ありません。
個性が無いのではなく、お酒として洗練されているので、変な後味がしないのだと思います。

香りと味とのギャップも、このワインの面白さかもしれません。

ちなみに、このワインは、富山市荒町の51(シンクエンタウノ)で頂きました。

シンクエンタウノのブログはこちらです。

マスターの料理も非常に美味しいので、お近くの方は是非足を運んでみてください。

ちなみに、自分がボルドーワインで、一番美味しかったと思ったのは、シャトーパルメ1979。
頂き物だったのですが、曖昧な記憶をたどると、飲みやすくて非常にバランスが良くて、タンニンもほどほどで、ワインを飲んで素直に美味しい思ったのは、パルメが初めてでした。
その時は、いっしょにシャトーオーゾンヌ1979も頂いたのですが、オーゾンヌの方が少しクセの強い印象でした。

あと、一番飲んでみたいのは、シャトーラグランジュで、ボウモアのクラレットの熟成に使った樽のワインです。

到着 ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラム

※後日のテイスティングのノートの記事は、下のリンクをクリックしてください。
 
後日の記事:ボウモア1993~2010 16年 59.9%/ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム テイスティングノート

ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラムついに到着しました。 まだ、飲んではいません。 
 
巷で話題(?)のパーフェクトドラムのボウモア1993ヴィンテージです。 
あの奇跡のボウモアと称されたキャンベルタウンロッホ10周年(ケイデンヘッド)のボウモア1993に匹敵すると言われる、このボウモア。 
残念なことに、日本での流通量は全209本のうちの極々わずかなうえに、オークションで転売したり、買い占めたりしている人がいるようで、入手困難となっています。 
現に、某オークションでは、4万円を超える価格で取引されたようで…。 
かく言う小生はと言うと、某酒屋さんにお願いして、やっとこさ1本手にいれることができました。 
価格はと言うと、消費税・送料等々込で、1万7千円程でした。 良心的に販売してくださった酒屋さんに感謝します。ありがとうございます。
 
開栓はまだですが、恐らくスコットランド旅行から帰って来た後、6月末か7月の初旬には、行きつけのバーに差し上げて、1杯頂こうと思いますので、それまでコメントはお待ちください。
ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラム

ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラム

生きています

OMC スキャパ1975 25年大変ご無沙汰しています。

ちゃんと生きておりますし、モルト熱が冷めたわけでもなく、仕事が忙しいせいで、精根尽き果て、更新できずにいます。

申し訳ありません。

 
とりあえず、6月の初旬にスコットランドに行くのですが、その前にやることがたくさんありまして…。

アイラ島全部の蒸留所とスペイサイドの蒸留所の何箇所を巡るつもりですが、スペイサイドに関しては未定です。

わくわくしていることは言うまでもないのですが、ボウモア蒸留所では、クラフトマンズツアー(職人の方に専属で蒸留所内を案内して頂だき、樽から試飲できる!)をお願いしておりますので、非常に楽しみにしております。

ただ、スコットランド英語が分かるかどうかは、非常に不安です…。 
 
 
それと、ボウモアつながりですが、一部で話題になりましたパーフェクトドラムのボウモア1993が入荷したとの連絡を某酒屋さんから頂きました。

恐らく、1週間以内に手に入るので、到着し次第、写真をアップしたいと思います。

多分、行きつけのバーに差し上げ、コメントは、少し後になると思いますのでご容赦ください。 
 
写真は、最近飲んだOMCのスキャパ1975-2001 25年 シェリー樽です。 
良くも悪くも、しっかりとしたシェリー感です。