山崎50年(2011年)57%

山崎50年(2011年)57%

山崎50年(2011年)57%
バーで飲みました。開けて間もない頃に頂いたボトルですが、残り1/4くらいで再度頂きました。

香り:香り立ちがよく、非常に華やかで、深い。白檀ような香木を思わせる非常に複雑なウッディネス、赤い花、熟した赤い果実、高貴なシェリー、少し焦げた樽、ミルクキャラメル。
味:滑らかだが、しっかりとしたボディで、パワフル。高級な高カカオのビターチョコのように複雑で上質なシェリー、舌にまとわりつくような白檀を思わせる香木、レーズンの入った濃厚なバターサンド、少しの樽焦げと僅かなスモーク。舌の上で豊かな香味が、どんどん湧き上がり、口の奥へ広がりに、鼻に抜け、至福というべき心地よさ。

細かい要素を挙げるのとキリがないような複雑さです。

開いて間もない頃は、構成している原酒の中で、特徴的なシェリー樽原酒とミズナラ樽原酒が、それぞれ、バラけているような印象が強くて、それぞれが別個に主張しているように感じられたのですが、今回は、圧倒的な一体感があり、さらに複雑で香り立ちが良いように思います。

ジャパニーズウイスキー独特の長期熟成のミズナラ樽由来の香木感や、素晴らしいシェリー樽由来の香味もさることながら、六花亭のマルセイバターサンドを思わせるお菓子のような濃厚なバタークリームのような油脂分が印象的でした。

サントリーの渾身と1本というべき山崎で、原酒が、これだけの熟成年数に耐えられたということが驚きですし、2011年のリリースとは言え、原酒のストックがあったことも驚きです。

余談ですが、サントリー 山崎蒸留所が設立されたのが1923年なのですが、今年が2017年ということで、あと6年(2023年)で100周年となるわけです。

そうなったときに、きっと、100周年を記念したいろんなキャンペーンが行われたり、100周年記年のリミテッドエディションみたいなものが出るのかなぁなんて想像しているのですが、あの偉大なサントリーさんのことなので、100周年に恥じない、長期熟成の特別な山崎のボトルがリリースされるのではないかと個人的に期待しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

建設中の静岡蒸留所に伺ってきました!

建設中の静岡蒸留所に伺ってきました!

静岡蒸留所

6月27日に、静岡県静岡市に建設中のガイアフローディスティリングの静岡蒸留所へお伺いしました。

IMG_4237 - コピー
↓こちらは動画です。音声も入っています。

残念ながら、ご都合が合わず、中は見られませんが、山の中で、沢山の木々に囲まれ、バックにはお茶畑、近くには川が流れ、川のせせらぎや沢山の鳥たちのさえずり、虫の音が聞こえ、そして、清々しい空気。

動画の音声からも環境の豊かさを感じ取っていただけると思います。

自然豊かなところです。
IMG_4198 - コピー
蒸留所の目の前の川、中河内川で、とても綺麗な川で、釣り人の姿も見られました。

まだ、詳しい製造環境に関するお話しは伺っていませんが、きっと蒸留所に必要な、美味しい水、綺麗な空気、湿度などいう観点からも厳選された理想の環境だと思いますので、より一層、静岡蒸留所への期待が高まりました。静岡蒸留所
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

若鶴酒造とシングルモルト三郎丸1960 55年について

若鶴酒造とシングルモルト三郎丸1960 55年について

富山県砺波市にある若鶴酒造から、シングルモルト三郎丸1960 55年の発売が決まりました。

7月1日より受注を開始し、抽選販売になるそうです。

[基本情報]
■シングルモルト カスクストレングス
■容量:700ml
■ボトリング本数 155本
■蒸留年:1960年5月
■アルコール度数:47度 ※スペックは公式サイトより引用

http://www.wakatsuru.co.jp/saburomaru/index.html

若鶴酒造(三郎丸蒸留所) ポットスチルとコンデンサー 上が、現在使用されているステンレス製のポットスチルで、コンデンサーもステンレス製で、現役です。

三郎丸1960に関しては、こちらのステンレス製ポットスチルではなく、アロスパス式蒸留機で作られた原酒のとのことです。

下の写真は、諸事情により詳細を公表できないのですが、新しく購入された樽で、実験的に熟成に使用されているものです。若鶴酒造(三郎丸蒸留所) 秘密の樽

若鶴酒造といえば、日本酒の若鶴や苗加屋で知られているのですが、なんと、1950年代から現在に至るまで、年間のなかでは短い期間ながらも、シングルモルトウイスキーを作り続けてきました。

生産量や販売量は非常に少なく、ブレンデッドウイスキーとして出回る分があるものの、シングルモルトとしては、稀で、非常に希少な存在です。

今回のリリースは、若鶴酒造に現存する最古の1960ヴィンテージのもので価格は55万円と、とても私たちには手が出ない価格ですが、とても貴重なものだと思います。

詳しい歴史などについては、三郎丸公式サイトをご覧頂くほうがいいと思いますので、詳細は、割愛します。

また、今回を機に、蒸留所としての名前を、『三郎丸蒸留所』とすることしなりました。
これは、地名であり、元々は田んぼの名前だそうです。

Facebookでは、つい先日、若鶴酒造の『三郎丸蒸留所』に伺った際の写真を掲載していますので、ぜひ、ご覧ください。

肝心のシングルモルトウイスキー 三郎丸1960 55年は、まだ、飲むことができていないというか、価格が価格なので、飲むことはかなり厳しいと思いますが、偶然ですが、3年ほど前に、NHK富山のニュース富山人の取材で、ガイドとして同行し、この1960ヴィンテージの原酒を含む、4つの原酒を飲ませていただいていました。

当時のウェアハウス内で、4種を頂いたのですが、写真の一番右端の褐色の色の濃いものが、3年前の次点での1960ヴィンテージの原酒です。

4つの原酒の共通項として感じられたのは、下の上で、ほんの少しだけピリピリと残る刺激があるのと、独特な穀物臭。

ピリピリとした刺激は、アルコールによるものではなく、蒸留器がステンレス製で、触媒作用がなく、分解されなかった何らかの物質によるものかと推察しています。正直、他のモルトウイスキーには感じたことのない刺激でした。ただ、不思議と市販されていたシングルモルトの20年には、その刺激は、あまり感じなかったのですが…。

※以下の3枚の写真は、3年前の当時のものです。

若鶴酒造(三郎丸蒸留所)テイスティング 平成25年当時

ただ、1960ヴィンテージのものは、全く異質で、円やかかつ非常にライトで、穀物臭と古樽の香味がより強く、ほんのり自家製の沢庵や奈良漬のような漬物の香りもありました。

また、長期熟成の紹興酒やオロロソ・シェリーを思わせる酸化熟成感が印象的で、樽そのものの影響もさることながら、熟成期間の長さがもたらした熟成と言うべきものでした。

今まで、様々な長期熟成のシングルモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーを飲んで来ていますが、明らかに今まで経験しているものとは、異なる印象で、大変貴重な経験となりました。

そこから、さらに原酒が3年ほど熟成が進んで、ボトリングされているので、どのような味になっているのか、大変楽しみにです。

値段的にも本数的にも飲むことは厳しいかと思いますが、チャンスが有れば、頑張って飲んでみたいと思います。

若鶴酒造(三郎丸蒸留所) ウェハウス 平成25年当時若鶴酒造 三郎丸蒸留所 3年前

それと、近い将来、若鶴酒造の三郎丸蒸留所から、また、大きな発表があると思われます。

蒸留所の未来が明るくなる、そんな、発表です。
今後も、富山のウイスキー、若鶴酒造の三郎丸蒸留所に注目して下さい。

なお、当店では、三郎丸1960 55年の販売の予定は一切ありませんので、ご容赦下さい。
また、本件に関するお問い合わせにもお答えできません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

秩父 2010 5年 52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

秩父 2010 5年  52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

Asta Morris × Chichibu 2010/2016 5yo Cask No.702 52.3%
Cask type:Virgin hogshead 1st fill

先日、ボトラーズフェスで飲んでいましたが、サンプルを頂いて自宅でも飲みました。秩父 2010 5年 52.3% #702 / アスタモリスのテイスティングノート

香り:心地よいモルティな穀物香、赤いリンゴ、ウッディなスパイス、ハチミツ、強いオークの香り、オレンジ、プレーンなビスケットのようなお菓子。

味:強いオークの味、淡くフルーティ(赤いリンゴ?)、大麦、ウッディなスパイス、スムースだがスパイシーで心地よく余韻も長い。僅かに樽の成分と思われるエグみが舌に残るが、アクセントとなっている。

秩父らしい樽の強さのなかに、アスタモリスのバート氏らしい味わいを感じます。

以前、こちらの店主のブログの記事でもご紹介したとおり、ベルギーのボトラーアスタモリスのボトリングの秩父です。

カスクタイプがVirgin hogshead 1st fillと記載があるので、ホグスヘッドのほぼ新樽ということになります。

まだ、アスタモリスの商品を飲まれたことが無い方も、いらっしゃるとは思いますが、今まで、自分が飲んだ限りのアスタモリスの味わいの特徴というか共通項を一言でいうと、素直で、優しくフルーティで、スムースな点だと感じています。

どちらかという、激しく・個性的なものよりは、バランスが良く・淡い感じの香味のものが多いような気がします。

一方、同じ輸入元のガイアフローさんのお取り扱いのボトラーであるブラックアダーに関しては、最近は、パワフルなアルコールのパンチの効いているのが、特徴だと感じていて、アスタモリスとブラックアダーに関しては、個人的に、対極的なベクトルを持つボトラーであると解釈しています。

この秩父に関しては新樽だからなのか、他の秩父以上に熟成させた樽の成分が濃いようで、力強い樽の香味があり、最後にエグミが僅かに残りますが、それが淡い味わいの中でアクセントとなり、味わいに深みを与える一因になっているようにも思えます。

ただ、この樽では、10年、15年の熟成をさせると樽がきつく効き過ぎるような気がするので、そういう意味では、グッドタイミングなのだと推測しています。

なお、アスタモリス代表のバート氏のテイスティングノートも併せて記載させて頂きます。(メーカー資料)

バート氏によるテイスティングコメント

香り:バニラとシトラスをたっぷりと感じ、エレガントなオークも香る。私が初めて日本を訪れた時のことを思い起こさせるような、愛しい気持ちが蘇る香り。

味わい:パワフルでクリーミー、エレガントなオークが何層にもなって感じられ、オレンジと優しいバニラの味わい。

余韻:日本の繊細な技術を感じるような丸みを感じ、長く続いていく。

以上が、バート氏のテイスティングノートですが、日本への愛着を感じるテイスティングコメントで、バート氏が日本を好きなことが、テイスティングコメントからも垣間見えます。

今後のアスタモリスと秩父にも注目ですね!

※なお、当店でのネット販売の予定はありません。また、秩父関連の商品に関するお問い合わせには、一切お答え・ご返信しておりませんので、ご了承下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

山崎 シェリーカスク 2016 48%

山崎 シェリーカスク 2016 48%

価格や入手困難さはともかく、中身はよく出来たシェリーカスクの1本です。

山崎 シェリーカスク 2016 48% 裏面

香り:濃厚なビターチョコレート、上質なシェリー樽、ダークフルーツケーキ、スパイスミックス、熟したアメリカンチェリー、香り立ちはよく、重厚感も感じられる。
味:心地よいビターチョコのような甘さと渋み、比較的近年の長期熟成シェリーだが複雑さもあり上質。ダークフルーツケーキ、濃厚なシェリー樽で味わいが深く、熟成感があり、加水だがヴァッティングのお陰か厚みがある。目立ったネガティブさはない。

開けたての頃は、重厚でどっしりと印象が優っていましたが、開栓後1ヶ月ほど経って、伸びやかで、華やな印象が強くなりました。

山崎 シェリーカスク 2016 48% 裏面

参考まで、サントリーの公式サイトのニュースリリースのリンクを貼っておきます。

サントリーシングルモルトウイスキー
「山崎シェリーカスク2016」数量限定新発売

― 「山崎」ブランドの多彩な原酒の香味を楽しむシングルモルトウイスキーシリーズを世界で発売 ―
http://www.suntory.co.jp/news/article/12560.html

税抜き36,000円で、日本国内販売 約1,500本だったわけですが、まぁ、争奪戦でした(汗)

残念ながら、当店(モルトヤマ)にも入荷することがありませんでしたが、お客様からのお問い合わせが非常に多かった1本です。

ご多分に漏れず、この山崎のシェリーカスク2016も、昨今のジャパニーズ・ウイスキー人気(バブル?)の影響をモロに受けて、高値でヤフーオークションなどで転売されていたようです。

20万円スタートとかどうとかと聞きましたが、私個人としては買えるわけがないので、落札価格がどれくらいなのかは存じあげません(汗)

確かに、山崎の中でも美味い方だと思いますし、少なくても、今の相場を考えれば、メーカー希望小売価格は妥当感もあると思います。

ただし、やはり、バーで飲むにしても、ショットの値段もかなり高くて、個人的には、とても気軽に飲める価格ではないです。

山崎シェリーカスク2013が、ジムマーレー氏のウイスキーバイブル2015の中で、世界一のウイスキーだと評価されたということは、あまりにも有名ですし、一般のニュース番組の中でも取り上げられて、世界的にも話題になったので、それが、ジャパニーズ・ウイスキーの過剰な人気に拍車をかけたのかと思います。

日本のウイスキーが評価されることは、日本人としては嬉しいですが、その一方で転売ヤーが暗躍し、投機の対象になるものも出てくるなど、残念なことが多く、当店にも、珍しい日本のウイスキーだけを欲しいという方もしばしばいらっしゃいますし、電話越しで声を荒げる方もいるなど、正直、困惑しているというのが実情です。

原酒が不足しているメーカーも非常に苦しいでしょうし、酒屋も苦しい、そして、飲みての方も苦しい。なのに転売ヤーが儲かるという悪循環は、どうにかして打破しないといけませんが、どうにも、供給が安定するまでは厳しいかもしれません。

逆に、十分に、原酒がそろって、供給できるようになった時に、どのような反動がくるのかが、怖いです。

暗い話は、さておき、こうやって、ジャパニーズ・ウイスキーが高品質なものを、こうやってリリースできることに関しては、大変明るい気持ちになりますし、サントリーの技術や伝統、ストックの質の高さに、改めて驚かされます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 7