シングルモルトを知る@ジェイズバー(池袋)その3 フェッターケアン1975/テイスター偏

フェッターケアン1975年 33年熟成 58.5%/ スコッチモルト販売 テイスター先日の記事の続編です。

池袋のJ’s BARには、長熟ロングモーン祭りが目的で足を運んだわけですが、正直、ロングモーンより小生の体が反応したモルトがありましたので、前回に続き、紹介していきたいと思います。

前回は、キャンベルタウンロッホ10周年記念ボトルのボウモア1993をご紹介しましたが、今回は、スコッチモルト販売のテイスターのフェッターケアン。 
 
 
フェッターケアン1975年 33年熟成 58.5%/ スコッチモルト販売 テイスター

かなりのハイレベルです。 
 
浅いコメントで申し訳ありませんが、本当に味わい深いシングルモルトです。

味わいの重厚感と深みが半端じゃないです。

重厚と言っても、決して凝り固まっているわけでなく、ナッツやチョコやカカオの香ばしく適度な重みと甘さと香りが何層にも折重なっているように、感じられました。

それに、余韻が長く、心地よい。

実際、もっといろんな要素が感じられると思いますが、複雑すぎてうまく表現ができません。

フェッターケアンに対して経験不足であること考慮しても、このフェッターケアンがそんじょそこらのフェッターケアンでないことは、容易に断言出きます。

こんなシングルモルトが普通に飲めれば、本当に幸せなのですが、昨年の夏頃に販売されて、すぐに売り切れてしまったそうです。残念…。  
 

もし、決して安くはありませんが、機会があったら絶対に飲んでみてください。

ちなみに、同じくテイスターのブナハーブンは、フェッターケアンほどピンときませんでした。

1 9 10 11