シングルモルトウイスキー初心者にオススメする本は?:ひとくちメモ

シングルモルトウイスキーの本当の初心者にオススメする本は、新しいムック本。

※著者のお名前は、敬称略で表記します。
※本のリンクはAmazonへのリンクです。アフィリエイトではないので、好きなところで買ってください。

シングルモルトウイスキー初心者に推薦する本はなにか聞かれることが、しばしばあるのですが、はっきり言って、最近の写真がたくさん入って、読みやすく作っているムック本のようなもの(※雑誌と本の中間的な存在)に関しましては、よく出来ているのですが、参考文献が同じで、構成や内容が似たものも少なくないので、最初に読む本に関しては、大型書店で、出版日が新しく、写真やイラストや自分が興味がありそうな情報が載っているものを買われればいいと思います。

読んでいて、写真を見ていて楽しい本であるということが非常に重要です。

強いて言うなら、最近はボトルの終売や新しい蒸溜所の建設など、情報の変化が大きいため、できるだけリリースが新しいものの方が望ましいと思います。

いくつか、オススメしたいものがあるはあるのですが、発刊から数年立っていて、少し内容が古かったり、絶版になっているものもあるので、敢えて、ムック本に関しては、どれが良いとは申しません。

ポイントを整理すると

  1. 写真や図解が多く、見ていて楽しい。(特にボトルの写真や蒸溜所の写真が多いものが望ましい。)
  2. 発売日が新しい。

の2点を念頭に置いて選んでみてください。

内容が、デタラメで読むに耐えないというほど酷い内容のものは、このご時世、ほぼ無いと思いますので……。

最初から、気合を入れて、難しく分厚い単行本や専門書を読もうと思うと、なかなかハードルが高いので、最初は、雑誌感覚て気軽に楽しめるものを探してください。

尊敬するギタリストの方が仰っていることですが、

『初心者が購入すべきギターは、楽しくて、練習がしたくなるギター。』

なのだそうで、いくらいいギターでも、弾きたくない、弾いていて楽しくないギターは、良いギターではないないのです。自分が好きだと思うもの、自分に合っているものを選ぶことこそが、肝要ということです。

これは、きっとどんな分野でも大事なことだと思うので、ついつい楽しくて、読み込んでしまうようなムック本を探されていはいかがでしょうか?

もし、ムック本をどうやって探せばいいかわからないという方や、近くに大型書店が無いという方には、単行本ですが、下記の本がオススメです。

シングルモルト&ウイスキー完全バイブル(ナツメ社)

肥土伊知郎 (監修)

こちらは単行本なのですが、写真や図解も多く、非常にわかりやすいです。

監修は、イチローズモルトで知られる、ベンチャーウイスキーの社長である、肥土伊知郎(アクト イチロウ)氏が監修されていることもあり、安心して読むことができ、また、リリースが2017年8月と新しい点もオススメの理由です。同社のブランドアンバサダーの吉川氏も、モデルとして登場します。

痒いところに手が届いた本で、初心者の方からよくある疑問にも丁寧に答えられていますし、酒屋でのウイスキーの購入方法やバーでの楽しみ方、飲み方に至るまで、幅広く網羅されていて、本当に気が利いた内容になっています。

好みはあると思いますが、まず、コレ1冊さえあえれば、初心者の方は、まず安心ですし、そこまでマニアックに知りたいと思われない方は、当分この1冊で十分です。

むしろ、専門的な内容にも優しく触れられているので、これらをすべて覚えたら、立派なウイスキー通です。

1,600円+消費税ですが、それ以上の価値がある本だと思います。

もし、迷われるようでしたら、まずは、こちらの本をオススメします。

つぎの段階で読むべき本は?

『シングルモルト&ウイスキー完全バイブル』だけでも、十分な内容なのですが、より理解を深めて、ステップアップするために読んでおいたほうが良いと思う本は、下記の2点です。

製造過程や歴史などについて、難しいところや興味がないところがあれば、読み飛ばしてもいいので、まずは、一冊を読み切るということが大切だと思います。

最初は、みんな、知らないことやわからないことがたくさんあるので、全部を理解しようと思わなくていいので、気軽に読んでみてください。

もし、わかりにくい部分や掘り下げたい内容があれば、パソコン・スマホで検索すれば、だいたいのことは写真や情報が出てくるので、補足することが可能です。

新版 シングルモルトを愉しむ (光文社知恵の森文庫)

土屋 守 (著)

こちらは、ウイスキー文化研究所 代表の土屋守氏の著書。

スコッチのシングルモルトに興味があるかたは、まず、こちらを読むのが良いと思います。

スコッチの歴史や文化、各蒸留所の話や製造に関して、一通りのことが、この一冊に凝縮されています。

ポケットやカバンに入れて、携帯しやすい文庫本サイズで、軽快な文章で読みやすため、サクサク読みすすめられます。

 

日本ウイスキー 世界一への道 (集英社新書)

嶋谷 幸雄 (著), 輿水 精一 (著)

次に、こちらは、サントリーOBのお二人の嶋谷 幸雄氏と輿水 精一氏が書かれており、特に輿水氏に関しては、NHKプロフェッショナル仕事の流儀に出演されたこともあり、ご存じの方も非常に多いと思います。

こちらは、ジャパニーズウイスキーの作りての立場から、ウイスキーの歴史やウイスキー製造工程について、詳しく解説されています。

ウイスキーの製造工程に関しては、初心者には正直難しいことが多く書かれていますが、深くウイスキーの製造工程について理解するには、うってつけの本です。

こちらは、Kindleでも読めるので、スマホで、空き時間に読めるのがありがたいです。

ウイスキーの本を読んだあとにすべきこと・気をつけるべきこと

ウイスキーの本を読んだあとに、すべきことは、まず、ウイスキーを飲むことです。

これが、まず、基本です。

知識先行というのは、望ましくないので、実際に、本の中に出てきたボトルや蒸溜所のウイスキーを飲んでみましょう。

そして、本に書いてある味の解説やテイスティングノートと自分の感想とのすり合わせをしていきましょう。

そうすることによって、香味の表現の仕方が少しづつですが身につきますし、記憶をしやすいです。


次にすべきことというか、出来たら望ましいことは、蒸溜所見学です。

製法に関しては、いくら文字や写真で解説されていても、実際にものを見ないとスケールや香りや温度、雰囲気を感じることが出来ないですし、頭にあるものを実際に見ることによって、疑問も解決できますし、より深く理解が出来ます。

また、ウイスキーをどんな人達が、どんな思いで作っているのかを知ることも大事です。

大手の蒸溜所の場合は、作り手の姿や思いを垣間見るチャンスはなかなかないですが、少しでも、それを知ると、自分自身のウイスキーへの愛情や思いみたいなものが、より強くなると思います。

蒸溜所までの移動に、お金も時間もかかるので、そんな簡単にとは行けないとは思いますが、ぜひ、出張や旅行のタイミングで、いずれかの蒸溜所の近くに行く場合は、ぜひ、蒸留所の見学をしてみてください。

事前に、予約が必要な蒸溜所が多いので、事前に、ホームページなどで情報を収集して、然るべき手続きを踏んでから蒸溜所に伺うようにしてください。


そして、最後に気をつけて頂きたいことは、本で学んだ知識を人にひけらかすようなことは避けてください

とくに、バーで、非常に難しい質問をバーテンダーの方にしたり、後輩や他のお客さんに知識を披露するようなことは、みっともないので慎みましょう。

うんちくを披露するのは楽しいと思いますが、度が過ぎると無粋ですし、知識は、自分がウイスキーを楽しむためと、人にウイスキーの魅力を伝えるために活用してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シングルカスクとは:ひとくちメモ

シングルカスクとは何か?

シングルカスクとは、SINGLE CASKという英語で、直訳すると『ひとつの樽』の意なのですが、ウイスキー界では、ひとつの樽の原酒を(他の原酒と混ぜずに)商品化したもののことをそう呼びます。

特に、バーボンバレルで熟成させたウイスキーやバーボンウイスキーにおいては、シングルバレル(SINGLE BARREL)とも言いますが、大きな意味では同義です。

モルトヤマでお取り扱いさせていただいているボトルは、シングルカスクのもが非常に多いですが、一般的に、流通しているボトルの多くは、何樽もの原酒をヴァッティングして(※混ぜ合わせて)、意図した味わいに整えて、リリースしているのが一般的です。

シングルカスクに関してしては、特に優れた原酒や個性的な原酒を選んで、リリースされることが多いため、より個性を感じることができるものが多いと思います。

シングルカスクが、必ずしも優れているとは限らない。

複数の樽をヴァッティングされているものより、シングルカスクのほうが優れているという風に思われている方が少なからずいらっしゃるのですが、必ずしもそうとは限りません。

店主も、飲み始めの学生時代は、なんとなくシングルカスクの物の方がすぐれているという風に思い込んでいました……。

もちろん、優れたシングルカスクのボトルもたくさんありますが、個性が強すぎるものや、欠点が目立ちやすいものも少なくありません。

一方で、複数の樽をヴァッティングしたものは、シングルカスクほど突出した個性は、相対的に出にくいかもしれませんが、良い樽選んでしっかりヴァッティングする事ができれば、より香味に深みや厚みが出せたりということがあるので、必ずしもシングルカスクの方が優れているというわけではないですし、その逆も然りという訳です。

その典型のひとつが、かつてのサマローリのリリースだと考えてもいいと思います。

オード 1962~1984 58% / サマローリ ブーケ

シングルカスクだからと言って、カスクストレングスとは限らない。

しばしば勘違いされている方がいらっしゃるのですが、シングルカスクでのボトリングのボトルだからと言って、必ずしも、カスクストレングス(※樽出しのアルコール度数)だとは限らず、50%前後や46%程度に加水して、アルコール度数を下げてからボトリングされている場合も珍しくありません。

以上、シングルカスクについてでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ウイスキーはビンの中で熟成するのか?:ひとくちメモ

ウイスキーはビンの中で熟成するのか?

よくあるご質問に、『ウイスキーはビンの中で熟成するのか?』と聞かれることがあります。

メーカーさんや一部評論家の見解としては、『瓶内で熟成をすることはありません』というのが答えです。

ウイスキーはあくまで、木製の樽(※殆どがオーク材の樽)の中で熟成されます。

ウイスキーは、瓶内で全く変化しないのか?

科学的にその香味を定量化して、比較したわけではないので、科学的な裏付けがあるわけではありませんが、飲み手の先輩方や一部のモルトバーのバーテンダーの方の間では、未開封の瓶内での変化が起こると言われる方のほうが、私が知る限りは多いです。

また、自分自身、同時に複数本購入したボトルで、リリース当時の香味と、冷暗所に保管して数年経ってから開栓したボトルの香味が、明らかな違いがあったということが何度かありました。

原理は、解りかねますが、冷暗所に保管しても、コルク栓から、水やアルコールが微量ですが蒸発したり、ウイスキー成分が僅かに含まれる瓶内の酸素と反応したり、瓶内のウイスキーの成分同士がゆっくりと反応したりして、香味が変化するということがあるのかもしれません。

未開封の瓶内での香味の変化を、『瓶内熟成』とか『瓶熟』と呼ぶことがありますが、樽の中での熟成とは全く別のものですし、ある種の『劣化』と考える人もいるようです。

いずれにせよ、良かれ悪しかれ、瓶内の香味が変化するということ自体は、恐らく間違いではないと思われます。

よく言われるのは、シェリー樽の一部で見られるような硫黄化合物の香味に関しては、時間はかかりますが、10年、20年と冷暗所に保管しておくことで、その香味が若干弱まったり、消えていくとい現象です。

また、樽の由来の香味と酒質そのもののとが馴染んだり、アルコールの刺々しさが緩和されてスムーズになったりということも言われたりします。

ただ、あまりに長く保存していると、ものによっては、アルコール度数はしっかり残っているのに、ボディが非常に弱く、腰がない感じになってしまうマイナスの変化をする場合があるので、一概に、良い変化をするとは言えません。

とにかく、長くなりましたが、

『未開栓のボトルを冷暗所に保管しても、ビン内ではゆっくり変化するかもしれないけど、あくまで、それは、ウイスキーの世界では熟成とは呼ばない。』

と理解していただければ良いと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シングルモルト(シングルモルトウイスキー)とは:ひとくちメモ

シングルモルト(シングルモルトウイスキー)とは、どういうウイスキーでしょうか?

※入門者向けの記事です。全然ひとくちメモじゃなくてすみません。

シングルモルト(シングルモルトウイスキー)のことを、ご説明する前に、まず、モルトウイスキーとは何でしょうか?

簡単に言うと、モルトウイスキーは、モルト(MALT:大麦麦芽)を原料として、作られたウイスキーのことです。

【いきなり脱線】
(※以下知らなくて良い話:一応、ちょっとむずかしいですが、要件として、連続式蒸溜機ではなく単式蒸溜器(ポットスチル)による蒸溜が必要だと考えてください。ニッカウヰスキーのカフェモルトとは、モルトが原料ではありますが、カフェスチルやパテントスチルなどと呼ばれる連続式蒸溜機を用いて蒸溜されるため、ISC(インーナショナルスピリッツチャレンジ)という世界的なコンペティションでは、グレーンウイスキーとして扱われていました。難しいので、単式蒸留器に関しては、また、改めて。)
【以下本題に戻る】

では、シングルモルトウイスキーとはどういう意味かというと、ひとつ(Single)の蒸溜所で作られたモルトウイスキーのことです。※蒸溜所とは、ウイスキーを造る工場のことです。

言い換えると、他の蒸溜所の原酒を混ぜていないモルトウイスキー、もしくは、ひとつの蒸溜所の原酒のみを用いてリリースされたウイスキーと言えます。

よく、シングルモルト初心者の方が勘違いされていることですが、一般的なシングルモルトも、ひとつの蒸溜所の複数の原酒を混ぜわせていることがほとんどです。

ひとつの(樽の)原酒を混ぜずにリリースした、シングルカスクと呼ばれるタイプのボトルがあるものの、一般的にリリースされているシングルモルト多くは、前述の通り、複数の原酒を混ぜ合わせています。

それは、人間の双子が一卵性双生児であっても、全く同じ人間にならないのと同じで、実は、全く同じ条件下で作った同じ製造ロットの樽同士でも、少なからず味の差があるからで、同じブランドの定番商品が、リリースのたびに味が違う困るので、味の安定化を図るために、ブレンダーと呼ばれる職人が、ある一定のブレ幅に収まるように、原酒をコストやストックも勘案してバッティングした(※混ぜ合わせた)ものをボトリングしています。

なので、ボトルのラベルやデザインがリニューアルされなければ、大きく味が変わることは、通常ありません。(※ただし、時代ともに徐々に自ずと変わっていく場合もありますし、ニーズに合わせて意図的に微妙に変えて行く場合もあります。)

また、原酒のヴァッティングにより香味の幅や複雑さ、厚みを得られることもあるという利点もあるので、単純にリリースごとの味の安定化のためだけではありません。

逆に、一つの樽の原酒を商品化するシングルカスクの場合、傑出した出来の樽や非常に個性的なものが出来た場合に、敢えて、シングルカスクとリリースする場合があります。

いわゆるオフィシャルボトルやディスティラリーボトリングなどと呼ばれるものでは、シングルカスクのものが頻繁にリリースされるわけではありませんが、しばしば、日本市場限定や蒸溜所やイベントの記念ボトル、蒸溜所限定などとして、販売されていることもあります。

ですが、ボトラーズ(独立系瓶詰め業者)からのリリースの場合は、シングルカスクでのリリースは、珍しくありません。

シングルモルトの代表的な銘柄としては、ジャパニーズなら、山崎、白州、余市、宮城峡、秩父、スコッチなら、マッカラン、グレンフィディック、グレンリベット、ボウモア、ラフロイグ、タリスカー、グレンモーレンジィなどがあります。

では、ブレンデッドモルトやヴァッテッドモルト、ピュアモルト、ブレンデッドウイスキーとは、どういうウイスキーでしょうか?

複数の蒸留所のモルトウイスキーの原酒を混ぜ合わせるとブレンデッドモルトまたはヴァッテッドモルトと呼びます。現在、スコッチでは、ブレンデッドモルトが正式な名称とされています。

ブレンデッドモルトの代表的な銘柄といえば、ジャパニーズなら竹鶴(※竹鶴35年を除く)、スコッチなら、モンキーショルダー、ジョニーウォーカーグリーン(※ジョニ緑)あたりです。

一方、ピュアモルトという言葉は、ジャパニーズの世界でも、しばしば使われていますが、曖昧な定義の言葉であり、明確な意味を持つウイスキーの専門用語ではありません。

前述のブレンデッドモルトの意味でピュアモルトと記載されているボトルが、スコッチのシングルモルトであっても、過去に、シングルモルトのグレンフィディックや、ブレンデッドモルトのカーデュ(※今はシングルモルト)でピュアモルトという表記がなされていた時代もあるので、ブレンデッドウイスキーではないというだけの意味で、その曖昧さから、2009年からスコッチのラベルの表記としては禁じられています。

そして、モルトウイスキーと、とうもろこしや小麦などの穀物が主原料のグレーンウイスキーの原酒をブレンドして作ったウイスキーは、ブレンデッドウイスキーと呼びます。

ブレンデッドウイスキーの代表銘柄は、ジャパニーズなら、響、角瓶、トリス、サントリーオールド、鶴、ブラックニッカ、スーパーニッカ、スコッチならオールドパー、ジョニーウォーカー、バランタイン、デュワーズ、シーバスリーガル、カティサークなどがあります。

最近では、シングルモルトが非常に人気が高まっているものの、スコッチの消費量の約9割がブレンデッドウイスキーであり、ブレンデッドウイスキーは、やはり、その飲みやすさと価格に強みがあると言えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

熟成年数とヴィンテージとは:ひとくちメモ

熟成年数とはどういう意味でしょうか?

熟成年数というのは、木製の樽の中で、ウイスキーが熟成されていた(※寝かされていた)期間です。

ラベルに、ジャパニーズなら12年とか25年とか、スコッチならAGED 12 YEARS OLDとか書かれているのが熟成年数です。

熟成年数は、使われている原酒が、一番若いものでも最低何年以上熟成されているという意味で、例えば12年ものであれば、一番若い原酒であっても12年以上は熟成していると言うことになりますので、場合によっては、13年だったり、20年だったり、少量ながら長期熟成の原酒が使用されている場合もあります。

また、仮に、30年や40年という長期熟成の原酒を多く使っていても、原酒のひとつが10年ものなら、この場合は10年としか名乗ることが出来ません。

くどいようですが、そのウイスキーに使われている一番若い原酒が、最低でも何年以上熟成されているという意味なので、長期熟成の原酒が使われているとかいないとか、原酒の熟成年数の平均が何年なのかということは、表記される熟成年数とは全く関係ありません。

それと、一般的にノン・エイジ(NA)とかノン・エイジ・ステイトメント(NAS)と呼ばれる熟成年数の表記がないものに関しては、最低熟成されている原酒を使用しているのかは分かりません。

スコッチの場合、法定義で最低3年熟成させないとウイスキーとは呼べませんので、どんなに短くても3年なのですが、日本ではそのような法定義がありません。

熟成年数がないボトルが増えているのは、昨今のウイスキーブームで原酒が慢性的に不足しており、熟成年数を表記して使用できる原酒を制限してしまうのを回避するためです。

要は、若い原酒を使えるようにするためです。

なお、熟成年数は満年齢で、数え歳ではありません。

ヴィンテージとはどういう意味でしょうか?

ウイスキーにおいてヴィンテージという言葉は、ヴィンテージ物という古いものや優れたものという意味合いで使用される場合もありますが、

『このウイスキーのヴィンテージは何年?』

というような会話で使われるヴィンテージの意味は、そのウイスキーの蒸溜年のことを意味します。(※たまに、熟成年数という意味でヴィンテージと使われている方もいらっしゃいます。)

そもそもワインの場合は、ヴィンテージはワインの原料であるブドウの収穫年を指すのですが、ウイスキーの場合は、原料の穀物の収穫年ではなく、蒸溜年(※ウイスキーを仕込んだ年)を指します。

例えば、ウイスキーのボトルに、『Distilled (in) 1995』 という風に、蒸留した西暦が書いてある場合は、『1995年ヴィンテージ』と呼ぶことができ、1995年に蒸溜されたウイスキーで、1995年に蒸溜した原酒のみで構成されているウイスキーということになります。(※原酒を混ぜずに、ひとつの樽の原酒のみでリリースされるシングルカスクの場合もあります。)

なお、最近、一部のボトルのラベルに『SINCE 19☓☓ YEAR』などと西暦で表記されているボトルがありますが、これは、蒸溜年やボトリング年などではなく、蒸溜所の設立の年です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2