トバモリー 1995 21年 50.9% リフィルホグスヘッド / ザ・モルトマン

トバモリー 1995 21年 50.9% リフィルホグスヘッド / ザ・モルトマン

店主 下野のテイスティングノート
香り:クリーム、麦芽、レモン、奥に灰っぽさのある少しのピート、バニラ、はちみつ、アプリコット。
味:クリーミーなテスクチャーで、しっかり目のボディ、少しスパイシー、オレンジ、ワックスのかかった果皮、奥に灰っぽさのある少しのピート、後口は少々粉っぽさを感じる、熟しきっていないマンゴーの皮。

クリーミーさとアプリコット感が出ていて、期待を上回る出来で、こちらのボトルは、テイスティングしてから仕入れました。

香味ともにクリーミーで、アプリコットのようなフルーティさやワックスの掛かった果物の皮のような印象が強かったです。
また、トバモリーは、ノンピーテッドタイプのはずではありますが、レダイグのように決して強くはありませんが、香味の奥に灰っぽいピートのニュアンスを少し感じました。

ここで、馴染みの薄いトバモリー蒸溜所についてご紹介しておきます。

トバモリー蒸溜所があるマル島は、他の島に比べるやや場所などが知られていないように思いますので、地図をご覧ください。

マル島は、アイラ島とジュラ島の北側で、オーバン蒸溜所がある西ハイランドの西側に位置する島です。

トバモリー蒸溜所はマル島唯一の蒸溜所で、ノンピートタイプのトバモリーと、ピーテッドタイプ(35ppm)のレダイグの2つのブランドを作り分けています。

所有者は、バーン・スチュワート社で、アイラのブナハーブン蒸溜所と南ハイランドのディーンストンも所有しています。

しばしば、レダイグがアイラモルトに香味が似ていると言われるのですが、その一因としては、少なくても2013年頃まではポートエレン・モルティングス(※モルトスター)から麦芽を購入している点と、大半が本土のディーンストンで熟成させられるのですが、一部は、マル島やアイラのブナハーブン蒸溜所でも熟成させている点が挙げられるでしょう。

ポートエレン・モルティングスからモルトを購入している点と本土の集中熟成庫で熟成させる点は、アイラ島のカリラ蒸溜所と共通項が垣間見えます。

レダイグの特徴としては、乳酸っぽいフレーバーが、出ていることが多い点ではありますが、過去に二度ほど、ブラインドテイスティングで、レダイグをカリラと答えてしまいました(吐血)

それはそうと、昨今、アイラモルトの価格高騰が激しい現在、レダイグの人気や需要も上がり、レダイグも価格高騰気味であることは否めません。

レダイグもいいのですが、今一度、トバモリーをゆっくり味わってみてください。

参考文献:
シングルモルトウイスキー大全(小学館)
ウイスキーマガジン(マル島―トバモリーとレダイグを知る May 29, 2013)


※以下、モルトヤマの宣伝です。

トバモリー 1995 21年 50.9% リフィルホグスヘッド / ザ・モルトマン
15,155円(税込16,367円)
https://e-singlemalt.co.jp/?pid=121104052

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ブルイックラディ 2002 14年 54.9% シェリーバット / ザ・モルトマン

ブルイックラディ 2002 14年 54.9% シェリーバット / ザ・モルトマン


香り:鰹節っぽさのある樽、腐葉土を思わせるピート、濃縮したスパイス、奥にフルーツ。
味:鰹節、腐葉土、奥にフルーツと僅かに青っぽさ、出汁、複雑でややしっかりとした飲みごたえ。

複雑なシェリー樽のニュアンスと飲みごたえが好印象だったブルイックラディです。

鰹節っぽい樽のニュアンスが特徴的だったのと、ピートに腐葉土を思わせるニュアンスがあったのが特徴的でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

★ブルイックラディ 2002 14年 54.9% シェリーバット / ザ・モルトマン
10,035円(税込10,837円)
https://e-singlemalt.co.jp/?pid=120915111

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

シークレット スペイサイド 2002 14年 55.9% シェリー樽 / ザ・モルトマン

シークレット スペイサイド 2002 14年 55.9% シェリー樽 / ザ・モルトマン

蒸溜所はワッカランとしらを切るのは難しい、マッカランと思われる1本です。

香り:ブラックチェリー、濃厚なシェリー、強いバニラとウッディさ、プラム、煮詰めたコーラ。
味:濃厚だがスムース。濃さの割には複雑さや厚みが少し物足りない。強いバニラとウッディさ、カラメルソース、素朴な麦芽。後口はビター。

蒸溜所名を伏せられていますが、インポーターからの商品案内を見る限りは、蒸溜所はマッカランだと考えられます。

マッカランの希少性や、オフィシャルボトルの現状を鑑みれば、すぐに市場から消えてしまうボトルだと思います。

当店では、あっというまに間に完売してしまいました。

色から想像するように、実際の香味も濃厚なシェリー樽のですが、味わいは意外にスムースでした。

ただ、贅沢を言えば、もう少し、厚みや複雑さがほしいというのがホンネではありますが、こんなスペックのマッカランをこの時代に1万円半ばでリリースしてくれた事自体が、凄いことだなぁと感心しました。

香味としてはスパニッシュオークのシーズニングのシェリー樽と思われる樽の影響が、非常に強く出ていますし、コレ以上熟成させると、恐らく樽の影響が強くなりすぎたのではないかとも思いますので、このタイミングが良かったのではないでしょうか。

『オールドボトルのマッカランと比べてどう』とか批判めいた事を言う方もいると思いますし、ケチをつけようと思えばつけられるのかもしれませんが、ニューリリースでこのようなものが出てくることは非常に明るいことだと前向きに捉えるべきだと思います。

これからのマッカランに期待したいと思える1本です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

三郎丸 1994 ~ 2016 シングルモルト 50%

三郎丸 1994 ~ 2016 シングルモルト 50%

香り:古めの樽、特徴的な穀物の香り、ピート、ミーティ、甘露飴、リンゴ、ミント。
味:粘性を感じる甘さ、ミーティ、甘露飴、溶剤、少しの粉っぽさ、穀物を思わせる植物感、タバコ。

改修前の三郎丸蒸溜所の特徴であるミーティさと穀物の植物感が現れつつも、バランスが取れた1本。

今月、リニューアルオープンした三郎丸蒸溜所ですが、もちろん、こちらはリニューアル前の原酒で、焼酎用のステンレス製のポットスチルで生産された1本です。

先述の通り、ミーティさと穀物の植物感が旧三郎丸蒸溜所の特徴で、そのクセのため、多少、飲み手の好みがハッキリと出ると思います。

このミーティさに関しては、主因としては、やはり、ポットスチルがステンレス製であったためだと思います。

通常、ウイスキーのポットスチルは銅製で、触媒作用により硫黄化合物が分解されるのですが、旧三郎丸蒸溜所(※リニューアル前の意)の原酒に関しては、焼酎用のステンレス製のポットスチルであったため、いずれにも、硫黄化合物のいわゆるミーティと呼ばれるような香味が感じられます。

そういう意味では、樽からではなく、原酒そのもの由来のミーティさを感じられる貴重な1本だと思います。

また、穀物の植物感に関しては、以前はポットスチルを焼酎の蒸留に使用していたり、ネックやコンデンサーをきれいに洗浄できていないまま初溜と再溜を同じポットスチルで行っていたりなど、いろいろな要因が考えられるとのことで、これらの問題に関しては、現在、クリアされているので、リニューアル後は、植物感に関してもミーティさに関しても、クリアされているようです。

実際に、先日、金沢のウイスキーイベントに、三郎丸蒸溜所が出展されていた際に有料試飲でだされていた、今シーズン2回目の仕込みのニューポットは、かなり洗練された味わいに進化しており、たいへん驚かされました。

まだ、若干、モルティな香味が若干強いかなぁと思ったのですが、プロジェクトリーダーの稲垣氏によれば、麦汁(ウォート)もう少し工夫して取り出し、より清澄なものを取り出すことができるはずなので、改善できるはずだと仰っていましたので、ますます期待が持てると思います。

三郎丸1994に関しては、限定販売されていたボトルで、既に完売ですが、バーでは、まだ飲めるところもあるようです。

富山県内ですと、今のところ、高岡市にある、先日リニューアルオープンされたモルトバーのハリーズ高岡さんにて、ショットで飲むことができるようです。(※完売の際はご容赦ください。)

単純に美味しいかどうかだけでなく、歴史的にも資料的にも大きな意味のある一本だと思いますので、見かけた方は召し上がってみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキー 40%

富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキー 40%

軽やかで華やかなブレンデッドモルトです。

香り:リンゴ、エステリー、ミント、アプリコット、熟れた果実、こなれた麦、華やか。時間が経つと、香り立ちは落ち着く。
味:ライトなボディ、熟れた柿やリンゴのようなフルーツ、フィニッシュは、長めでホットでドライな印象。

蒸溜所とキリンの通販サイト限定で販売されているらしい(?)ボトルで、ピュアモルト表記なので、ブレンデッドモルトということでいいのでしょうか。600mlで税込み3,240円程で売られているそうです。

中身はと言うと、富士御殿場蒸溜所らしい華やかさと軽やかさが、ハッキリ感じられます。

ボディは明らかにライトで、飲みごたえや個性を求める方だと、少し物足りなく感じられる方もいるかもしれませんが、飲み疲れしにくく、華やかで軽やかなタイプが好きな方や、モルトウイスキーの個性に対して苦手意識をお持ちの方や入門者用に適しているのかもしれません。

また、開けたてにもかかわらず、最初から華やかなのですが、時間の経過と共に香りの立ちが落ち着いてきて、割りと早めにおとなしめになるので、サッと飲んだほうが良いのではないかという気がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 50