ブナハーブン 1987 29年 44% ホグスヘッド / ウイスキーファインド 山海經シリーズ 盤古開天

ブナハーブン 1987 29年 44% ホグスヘッド / ウイスキーファインド 山海經シリーズ 盤古開天

香り:スパイスミックス、シェリー、カカオ、なめし革、朽ちた樽材、チョコレート、梅干しの仁、ナッツ、レーズン、オレンジピール、仄かに火薬。
味:穏やかなシェリー、カカオパウダー、ミルクチョコレート、古めの樽のウッディさ、円やかだがややスパイシー、ドライアプリコットのようなフルーティさ、オレンジピール、心地よい渋み。

当たり年と言われる87ヴィンテージですが、こちらのボトルも大変素晴らしい出来です。
シェリー由来と思われる香味と、ブナハーブン由来と思われるナッティさや独特のクセのある樽感が、複雑にマッチしています。

仄かに火薬っぽい感じがありますが、全体的な香味のバランスを壊すようなタイプではないですし、瓶内熟成(瓶内変化)で、徐々に消えていき、味わいに深みを与えるタイプではないかと思っています。
また、テイスティングノートを書かれた、ザ・マッシュタンの鈴木氏に確認したところ、開栓後、10日ほどで気にならなくなると仰っていましたので、火薬っぽさは心配されなくて大丈夫だと思います。

モルトヤマの4周年のタイミングで、ご紹介できて嬉しい1本です。
店主の太鼓判とさせていただきます。

それにしても、予め頂いていた、商品案内の写真の色味と、実際に届いたボトルの色味がかなり違って見えます。

もちろん、カメラやライティング、ディスプレイの色など、いろいろな条件の差があるので、参考にしかならないにせよ、かなり違うような気がしましたが、これは、しょうがないですが……。

それと、カスクタイプに関しては、商品案内に関しては、ホグスヘッドという表記のみでしたが、色味や味わいから察するに、明らかにシェリーカスクで、インポーターさんに確認させていただいたところシェリーホグスヘッドだということです。

ウイスキーファインドに関しては、新しい台湾のボトラーズで、最近では、目黒のザ・マッシュタンさんとのジョイントボトルで、クレイゲラヒとアードモアをリリースしたのが、記憶に新しいです。

新しいボトラーズにも関わらず、かなり、他のボトラーズとのコネクションもあり、良い樽を引っ張る事が出来ているようですし、積極的にリリースをされています。

今年、もっとも注目すべきボトラーズの一つだと思いますので、要チェックです!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

アードモア 2001 15年 51.5% バーボンカスク / クーパーズチョイス

アードモア 2001 15年 51.5% バーボンカスク / クーパーズチョイス

ナッツのオイルと軽めのスモークが感じられるアードモアです。

香り:ナッツのオイル、モルト、バニラ、軽めのスモーク、プレーンな樽香、僅かに桃のようなフルーティさ。
味:ナッツのオイル、スパイシー、しっかりとしたモルティな甘さ、アルコールが切れ上がる。

比較的マイナーだと思われる東ハイランドの蒸留所のアードモアですが、2014年にサントリーが、ビーム社を買収したため、現在は、サントリー傘下となっている蒸留所で、スモーキーなブレンデッド・スコッチのティーチャーズのキーモルトが、このアードモアです。

最近では、少しずつ、アードモア レガシーというオフィシャルボトルを、大きな酒販店や専門店で見かけることが多くなってきているように思います。

ハイランドモルトの中では、スモーキーさが強いタイプの蒸留所で、アイラモルトほど、スモーキーさの中に複雑さや強さを感じない物が多いですが、ブラインドだとボウモアや他のアイラモルトと判別が難しいものも散見されます。

アードモアのハウススタイルというと、オイルっぽさやタールや炭を思わせるスモーキーさだと感じています。

こちらのボトルは、ナッツのオイルのような油脂分を感じ、しっかりとしたモルティな甘さが印象的でした。

また、僅かにではありますが、桃のようなフルーティさを感じました。

スモーキーなハイランドモルトとしてや、アイラモルトのシングルカスクなどとの比較としても楽しめる1本だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。
アードモア 2001 15年 51.5% バーボンカスク / クーパーズチョイス
https://e-singlemalt.co.jp/?pid=115953972

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

アイラ シングルモルト 2008 8年 52.7% / サクラ スコッチモルト販売

アイラ シングルモルト 2008 8年 52.7% / サクラ スコッチモルト販売

ピートの強いアイラモルトですが、桜の様に繊細な印象でした。

香り:レモン、強めのスモーク、炭、磯、バニラのようなスパイス、シンプルで繊細。

味:ややライトでドライ、スモーク、炭、磯。

蒸留所不明のアイラモルトで、中身に関しては、酒屋にも知らされていません。

最近、このような2000年台のアイラモルトの短期熟成が多く、蒸留所名が伏せられているものも、少なくなく、中身はラガヴーリンではないかと思われるものが割りと多いのですが、中には、カリラかもしれないと思われたり、ラフロイグではないかと思うものもあったりと、蒸留所を想像するのは、用意ではありません。

本ボトルに関しては、8年で若いながらも仕上がっており、未熟さが、うまくスモーキーさや磯っぽさにマスキングされており、シンプルで繊細にまとまっているタイプだと思いました。

その反面、似たようなスペックのアイラモルトの中で、強い個性や存在感はないので、その点では好みが出やすいボトルかと思いました。

4月に、同じシリーズのタリバーディン 1993 23年 48.7% / サクラ スコッチモルト販売が同時リリースされており、どちらのボトルも、桜のラベルのイメージに合わせて、繊細なものやライトなものを選ばれたかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

タリバーディン 1993 23年 48.7% / サクラ スコッチモルト販売

タリバーディン 1993 23年 48.7% / サクラ スコッチモルト販売

春らしいラベルのタリバーディンです。

タリバーディン 1993 23年 48.7% / サクラ スコッチモルト販売

香り:バニラ、ミント、カスタード、樽、植物感、モルティ、バナナ。
味:ややライト、樽のウッディさ、モルティ、ミント、青いパパイヤ。

公式のテイスティングノートと、私の感じ方が少々異なる気がしますが、タリバーディンに感じることが多い青い植物感とややライトなボディが、このボトルにも感じられました。

23年という熟成年数と、度数、そして、タリバーディンということで、飲みごたえは控え目ですが、軽やかかつ爽やかで、春にぴったりな仕上がりだと思います。

こちらのボトルは、スコッチモルト販売さんのオリジナルラベルということで、出処がどちらのボトラーズなのかは分かりかねますが、春らしく、そして、日本らしいラベルになっています。

割りと高額なボトルなので、実際に、屋外でのお花見での宴会で、桜を見て、どんちゃん騒ぎをしながらこのボトルを飲むなんて言う方は、いらっしゃらなかったとは思いますし、ハイボールや水割りでは、少し贅沢でなので憚られれますが、ストレートで飲み進めても、比較的飲み疲れしづらいでしょうし、割りと杯数を飲み進められるタイプだと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

グレンゴイン 2007 9年 48% バーボン樽 / アスタモリス for ガイアフロー

グレンゴイン 2007 9年 48% バーボン樽 / アスタモリス for ガイアフロー

グレンゴイン 2007 9年 48% バーボン樽 / アスタモリス for ガイアフロー

香り:ツンとしたアルコール(※時間が経つとすぐに収まる)、バナナ、オレンジ、モルティ、白桃、みかんの缶詰のシロップ。フルーティさは穏やか。
味:加水と思われる丸く柔らかい口当たり、モルティ、缶詰のシロップ、少々粉っぽいテクスチャー。

ベルギーのボトラーアスタモリスから日本向け(ガイアフロー向け)のボトルとしてリリースされた短期熟成のグレンゴインです。

アスタモリスは、ベルギー人のバート・ブラネル氏が代表を務めており、サンプルを少しずつ加水しながら度数を落とし、一樽一樽のベストのアルコール度数を見定めてボトリングされているそうです。

しかるに、一律に50%や46%、43%などという決まった度数ではなく、樽ごとに加水の具合は異なります。

もちろん、カスクストレングスでリリースされるものもありますが、加水でリリースされているものの方が多いようです。

特に最近では、加水の短期熟成のものが多く、当店モルトヤマのプライベートボドルであるマクダフ2006  10年 50%も、その1本です。

アスタモリスのボトルの特徴としては、その多くが、柔らかく角が取れた口当たりで、かつ、シロップぽさと穏やかなフルーティを持つものが多いように思います。

このグレンゴインも例外ではなく、前述の通りのタイプで、加水の柔らかさやフルーティさが感じられるタイプでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 47