白州蒸留所へ社員研修に行って来ました!

白州蒸留所の見学ツアーは現在も大人気のようです。

スタッフ江尻とモルトヤマのお客さんとの3人で白州蒸留所へ。

3月中旬に、山梨県北杜市のサントリー白州蒸留所へ行ってきました。

私、店主 下野は5回目なるので、自分がどうこうというより、スタッフの江尻の研修とモルトヤマのお客様をお連れすることを目的に伺いました。

私は、ハンドルキーパーで飲むことはできなかったのですが、有料(1,000円)の見学ツアーに参加させていただきました。

事前に予約が必要なのですが、結構、早い段階で、ツアーの予約が店員に達していた模様でしたし、当日も、大勢のお客様で、朝ドラのマッサン以降のジャパニーズウイスキーブームと世界的なウイスキーブームの影響が未だに影響しているようで、ウイスキーへの注目度や人気の高さを改めて感じました。

また、見学に来られている方の様子を見ていると、幅広い年代の方々がお越しになっており、半数近くが女性で、家族やカップルでお越しの方も多く見受けられ、ガチガチなウイスキーファンの方よりも、一般的な消費者の方やウイスキーにちょっと興味があるという方が圧倒的に多いようにも見受けられました。

見学ツアーは、いつもと変わらず、蒸留所内を、女性のガイドさんが案内してくださいました。

何度見ても壮観なのは、蒸留棟で、ポットスチルの数と形のバリエーションの豊かさが、サントリーの凄さを物語っているような気がします。

この多数のポットスチルにより、多くのウイスキーが大量に生産されるだけでなく、形の違いにより、生まれてくるスピリッツのタイプが異なり、結果として原酒のバリエーションに幅をもたせる事が出来るわけです。

もちろん、原酒の違いは、ポットスチルのサイズや形によるものだけではありませんが、ここまで、ポットスチルによって、原酒の作り分けを行っている蒸留所は、世界的に見ても、非常に少ないと思います。

スコッチのウイスキーの世界では、蒸留所やブレンデッドウイスキーのブランドの売買が行われており、一つの資本で、それに伴い、ブレンデッドウイスキーを生産するにあたり、今まで使えた原酒が手に入らないという自体をお互いに避けるために、原酒の売買というのは一般的で、お互いの蒸留所や資本が、ある意味、原酒を融通し合う文化があります。

また、一つの資本で、複数の蒸留所を所有する場合も多く、1箇所の蒸留所内で作り方を大きく変えて、原酒のバリエーションを数多く持たせる必要性があまりありませんし、むしろ、蒸留所ごとに、ある程度の明確な個性や特徴をもたせている場合が多いと思います。

一方で、日本国内では、お互いの原酒を融通し合うことは一般的ではなく、一つの資本の中で、原酒の作り分けをせざるを得ず、大手の蒸留所は、複数の蒸留所を持ったり、一つの蒸留所の中でバリエーション豊かな原酒の作り分けをしなければならないわけですが、その最たるものが、サントリーの山崎蒸留所と白州蒸留所だと言えると思います。

そう聞くと、一箇所の蒸留所、バリエーション豊かな原酒の作り分けが出来るのなら、一箇所の蒸留所で大量生産したほうが効率的なのではないかと思ってしまうものですが、以前、サントリーの輿水名誉チーフブレンダーのセミナーを受けたときに聞いたところによると、

『一つのモルトの蒸留所で原酒を作り分けをして、それらの原酒を使ってブレンドするよりも、2つのモルトの蒸留所で作った原酒を使ってブレンドするほうが、ずっと味に深みが出る。』

という事だそうで、一つの資本が、複数の蒸留所を持つということも、ブレンデッドウイスキーを作るにあたり、非常に意味が大きいことだそうです。

さて、話を見学ツアーの話に戻しますが、試飲付きの有料の見学ツアーでは、『ホワイトオーク樽原酒』、『ライトリーピーテッド原酒』、『白州』、『白州ハイボール』のテイスティングがあり、ハイボールは、その場で美味しい作り方を丁寧に教わり、実際に自分自身でハイボールを作って飲むというものでした。

そして、ツアーそのものではありませんが、有料試飲コーナーで、サントリー製のウイスキーやサントリーが輸入代理店を務めるウイスキーを、格安で試飲することが可能です。

スタッフ江尻には、山崎18年・25年、白州18年・25年、ボウモア25年の高級レンジや原酒などをテイスティングしてもらい、経験を積んでもらいました。

ちなみに、スタッフ江尻は、白州25年の複雑さを大変気に入り、逆にボウモア25年は、いわゆるパフューミーと呼ばれる香水を思わせる化学薬品のような香りが、大変苦手だったようです。

テイスティング中、スマホで、テイスティングノートを書いてもらい、テイスティングノートを書く勉強もしてもらっています。

まだまだ、勉強や経験が必要ですが、予備知識や先入観というものがそこまで無いのに、的を射たテイスティングコメントも有り、筋は大変良いと思いますので、これからも、どんどん経験を積んで、成長し、お客様のお役に立てるスタッフにまで成長してほしいと思っています。

もし、このブログをお読みの方で、蒸留所へ行かれたことが無い方は、ぜひ、思い切って、蒸留所へ行ってみて下さい。

きっと、ウイスキーへの理解や興味が深くなると思いますし、普段飲んでいるウイスキーもより一層美味しく、愛着をもって楽しめることと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ブログの更新について

ブログの更新が滞っていて申し訳ありません。

先週の中頃から体調を崩しておりました…。

いつも、モルトヤマ店主のブログをご覧いただきましてありがとうございます。

ブログの更新が数日滞っていて申し訳ありません。

怠慢ではなく、先週の中頃から体調を崩して、数日間、会社を休ませていただいておりました。

その間、ほぼ寝込んで、起き上がることすらつらい状態で、食事以外、ほとんど何も出来ませんでした。

お休み中、ご迷惑をお掛けして、皆様、申し訳ありませんでした。

現在は、だいぶ良くなり、どうにか仕事が出来るようになっております。

当ブログへの投稿も、再開させていただきますので、次回の投稿まで今しばらくお待ち下さい。

今後共、モルトヤマと当ブログをよろしくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ジャパンインポートシステム(JIS)さんのテイスティングルームにお邪魔しました!

ジャパンインポートシステム(JIS)さんのテイスティングルームにお邪魔しました!

3月の初旬に、東京は神田駅近くにある、大手酒類インポーターのジャパンインポートシステム(JIS)さんのテイスティングルームにお邪魔しました。

かつては、築地にあったのですが、今は、神田で、移転されてからは2回目です。

非常に新しく、綺麗なビルで、JISさんのオフィスの中に、テイスティングルームがあります。

こちらの、テイスティングルームは、酒屋やバーテンダーさんなどのプロとの商談のための部屋なので、一般の方は、残念ながら立ち入ることが出来ないのですが、一度に大量のウイスキーやブランデー、ラム、その他のスピリッツなどがテイスティングできる大変ありがたい場所です。

ウイスキー初心者の方だと、JISさんと聞いても、ピンと来ない方もいるかもしれませんが、ボトラーズだと、老舗のG&M(ゴードン&マクファイル)を始め、ハンターレイン、ダグラスレイン、キングスバリーなど取り扱われており、オフィシャルボトルだと、ベンローマックやロッホ・ローモンド(インチマリン)などを取り扱われています。

以前から、JISさん向け(※日本市場向け)のボトリングをいろんなボトラーズ・ブランドで行われてきているのですが、ここ最近、特にJISさん向けのボトルの良さが光っているように思います。

飲み手の先輩方にも、『JISさんの●●●が、とってもいい仕上がりだよ!』とか『JISさんの○○○を飲んでみたほうが良い!』など、教えてもらうことが多いのですが、本当に、JISさんのセレクトされているJISさん向けの商品は、よく仕上がっている物が多いです。

例えば、↓下の写真のOMCのグレンゴインもその一つで、飲み手の大先輩に教えて頂き、おおっ!思ったボトルです。

派手な味わいやトレンドのフルーティさ、長期熟成のような複雑はないですが、レモンやハチミツ、バニラ、樽香、麦芽の甘さが、バランスよく感じられてキレイで、15年熟成ながら、大変よく仕上がっています。

グレンゴイン自体、メジャーな蒸留所ほどの人気があるわけでなく、さらには、シェリー樽ではなく、リフィルホグスヘッドの15年熟成なので、表面的な文字の上でのスペックだけを見ると、日本向けとして積極的に選びに行くのは非常に難しいはずにも関わらず、しっかり選ばれた審美眼の高さには、酒屋として脱帽のチョイスです。

また、つい最近リリースされた、↓の写真のオールドパティキュラーのグレンロセスも、近年シェリーとしては、大変良くできていて、結構濃厚で太さもあり、ネガティヴさも少なく、ポテンシャルが非常に高いと思います。

そして、コストパフォーマンスも良く、大人気で市場からあっという間に、無くなってしまったのも頷ける1本でした。

グレンロセス 2004 12年 60.2% / ダグラスレイン オールド パティキュラー FOR JIS

普段サンプルを貰えないものなどもありますが、できるだけ、飲めるものは飲ませていただいて、特に良いと思ったものを選んで、今後もお客様に魅力的なボトルをご案内できればと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ウイスキーセミナー講師養成講座を修了しました!

ウイスキーセミナー講師養成講座を修了しました!

無事修了しました。

2017年3月5日(日)に、東京の八重洲で開催されましたウイスキー文化研究所主催のウイスキーセミナー講師養成講座を受講し、無事修了し、ウイスキー文化研究所認定ウイスキーセミナー講師となりました。

本講座は、ウイスキー文化研究所のウイスキーコニサー資格であるマスターオブウイスキーとウイスキープロフェッショナルの有資格者が対象で、セミナーを受講し、基本的な試験をクリアした者を、ウイスキーセミナー講師として認定するというものでした。

自分個人としては、ちょくちょくバーなどでセミナーをさせて頂く機会があるので、これを機会に、改めて勉強させていただこうと思い受講しました。

当日は、朝9時15分から16時30分まで、テイスティングの実技指導や筆記テストも含めて行われまして、参加の殆どの方が無事修了されたそうです。

現在、200名ちょっとのマスターとプロフェッショナル合格者のうち、なんと4分の1強の50数名の参加者がいらっしゃって、参加者の中には、有名バーテンダーさんや有名酒販店さんも多数お越しで、大変緊張しましたが、ウイスキー文化研究所 代表の土屋守先生の冗談を交えた楽しい講義で、あっという間に時間が過ぎていきましたし、最新の情報や話題などを織り交ぜられており、期待以上に有意義な時間となりました。

有料のセミナーの内容なので、詳しくお話することは出来ませんが、特に、樽に関するお話は大変興味深く、現在のマッカランや今後のマッカランがどういう方針でいるのかや、コニャックの製樽や管理の技術の高さの話には驚かされるものがありました。

それと、改めて、スコッチやジャパニーズ、そしてアイリッシュの新しい生産者がどんどん現れてきているのだということを再認識させられましたし、新しい蒸留所が今までにない製法や取り組みをされていることも知りました。

土屋先生も、世界各地の次々と新しい蒸留所が生まれて、最新の資料にまとめても、間に合わないくらいだとも仰っていたことも印象的でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ウイスキーデイ・イン・高岡2017のご紹介

ウイスキーデイ・イン・高岡2017(Whisky Day in Takaoka2017)のご紹介

私、下野もセミナーの講師としてご協力させていただきます。
ウイスキーデイ・イン・高岡2017(Whisky Day in Takaoka2017

2017年3月12日 12:00より、富山県高岡市の高岡駅地下にて、日本バーテンダー協会 高岡支部主催のウイスキーイベントが開催されます。

今年で、2回目のイベントだと伺っています。

大手インポーターなど10社強が出展されて、スタンダードの商品を中心に無料試飲・有料試飲ができるそうです。

高額なボトルやレアのものはないと伺っていますが、入門者・初心者の方には、スタンダードのボトルを気軽にテイスティングできるチャンスだと思います。

また、今回、モルトヤマ 店主の私 下野は、セミナー講師として、入門者・初心者向けのシングルモルトウイスキーセミナーを行わせて頂く予定です。(※詳細未定)

細かいことは確定していませんが、15時から~16時30分で、シングルモルトの特徴に関してご説明して、ハーフショット(15ml)で5種のスタンダードボトルを飲み比べていただこうと思っております。

セミナーの参加費は、無料ですが、会場の関係で定員がございますので、ご容赦下さい。

セミナーの詳細が確定しましたら、改めてブログなどで、ご紹介したいと思いますので、高岡市やお近くにお住まいの方は、ぜひともお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年3月12日 12:00 – 17:00

主催: 日本バーテンダー協会 高岡支部
入場料:1,000円(1,000円分の有料試飲チケット付)

クルン高岡 B1 高岡駅地下街
〒933-0021 富山県高岡市下関町6-1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 14