ウイスキー文化研究所ウイスキーエキスパート試験に関して(2017版)

あと、残り一ヶ月弱、ウイスキーエキスパート合格の為に。

ウイスキー文化研究所のウイスキーコニサー資格であるウイスキーエキスパート試験に受験されるため、勉強されている方がお客様の中にいらっしゃるようですので、今更ながら、簡単にアドバイスをさせていただきます。

なお、出題傾向や形式が変わってしまった場合は、どうにもならないので、その点ご容赦ください。

今の時点で、ほとんど勉強していないという方は、基礎知識量の有無と対策講座の受講の有無には、合否がかなり左右されますが、1ヶ月を切った今からでも、寝る間を惜しんで頑張れば間に合うと思います。

まず、シングルモルトウイスキー大全ブレンデッドウイスキー大全ウイスキーコニサー教本の上下巻を熟読しましょう。※内容が変わっている部分などがありますので、そこは、ウイスキーガロアなどで最新の情報を入手しましょう。

次に、各ページや章ごとに、分からない用語や人名、事柄をノートにまとめましょう。

この時代、大概のことはテキストに書いてありますし、書いてなくてもググればわかります。写真もいっぱい出てきます。

分からなければ、身近な有資格者の方に教えを乞いましょう。

そして、過去問をやりましょう。

正答率が低くてもいいので、分からなかった問題や知らない用語は徹底的に調べて、簡単でいいのノートにまとめましょう。過去問は、ウイスキー文化研究所で販売されているはずです。

最初に解いた時は、ボロボロで、正答率は低いと思いますので、わからない箇所を洗い出すのと、問題の傾向を把握することが重要なのであり、正答率は一切気にしないでください。

そして、分からなかったところは、徹底的にテキストを読んで、ノートにまとめて、覚えましょう。

残念ながら、単純に暗記しないといけないものもあるので、それは、読んだり、書いたり、問題を解いたりと、反復でしかクリア出来ません。

歴史も基本的には、ただただ覚えるしかありません。

1点気をつけていただきたいのは、地図を絡めた問題が出てきますので、蒸溜所やウイスキーに関係する国、国境、川、主な都市などの位置関係は、常に意識して確認しておきましょう。

過去問は、いちいち、ノートに回答するの不便なので、コピーして、バンバン解きましょう。

ウイスキー文化研究所 代表の土屋先生も、

『個人で所有している過去問を自分でコピーして、自分で解くのは問題ないから、コピーしてどんどん解いたほうが効率的だから、そうした方がいいよ!』

と、以前仰っていましたので、遠慮なくそうされていはいかがでしょうか?

『過去問を解く→答え合わせをする→わからなかった部分や自信がなかった箇所をテキストで確認する→ノートにまとめる→ノートを見返して理解して覚える→過去問を解く→(同じループ)』

この無限ループを幾度となく繰り返して、正答率が90%を超えたら、別ノートを用意して、最後に間違えた問題リストを作って、問題文と答えを写して、すぐに読み返せるようにしましょう。また、答えには、分からなかった具体的な事象や自分なりの解説も書いておきましょう。

過去問は、直近の5~6年分があれば十分だと思います。

それでも、どうしても覚えられないものは、単語帳を使って、自分で覚えられない用語や問題を何度も解けるようにしましょう。

上記のことが一通り終わっている方は?

もう、上記のことを一通り終えているけど、まだ、不安だという方は、上級のウイスキープロフェッショナルの過去問を解きましょう。

ウイスキープロフェッショナルの資格試験は、筆記試験が選択式ではなくて、記述式になっていますので、うろ覚えでは正解できません。その為、ウイスキープロフェッショナル向けの問題を解けるようになると、より確実に身につきます。

また、製造に関する基礎原理みたいなものを記述する問題もありますので、そちらを解けるようになることで理解もより深まります。

そして、シングルモルトウイスキー大全ブレンデッドウイスキー大全を虱潰しに覚えましょう。

ただし、蒸溜所が拡張されていたり、買収されたり、情報が変わっているところが多々ありますので、気をつけましょう。(※そういう意味でも、試験対策セミナーを受講するべきだったわけではありますが………できるだけ、ウイスキーガロア読み、そしてネットの最新情報を入手しましょう。)

注意点は、アイリッシュやスコッチ、ジャパニーズなどの新しい蒸溜所について出題

一点注意点があるとすれば、アイリッシュやスコッチ、ジャパニーズなど新しい蒸溜所が、かなり増えていますので、主要な蒸溜所や話題の蒸溜所に関しては、大変ですが、最低限、押さえておくべきだと思います。

特にアイリッシュに関しては、劇的に蒸溜所が増えていますので、その所在と蒸溜所名、所有者、特徴などを押さえるだけでも、かなりの労力だと思います。

もしかすると、アイリッシュなどの新設の蒸溜所に関する出題に関しては、出題方針が試験対策セミナーのときに明かされているかもしれませんが、どういう出題方針かまでは存じ上げないので、その点、今年のセミナーを受験された方に確認されるとべきだと思います。

ただ、例年、アイリッシュの出題数の割合は大きくないので、あまり時間を掛けすぎないように気を付け、スコッチとジャパニーズを確実な得点源にすることを心がけたほうがが良いかもしれません。

繰り返しになりますが、新設の蒸溜所などの最新情報に関しましては、ウイスキーガロアを購入して、整理して、覚えましょう。

最後に、体調管理に気を付けましょう

当たり前にことですが、体調管理にはくれぐれも気を付けましょう。

特にバーテンダーさんは、営業を終えたまま、殆ど寝ずに、もしくは、徹夜で試験に臨まれる場合があるようですが、極力、睡眠を取れるように事前に調整しておいてください。

また、会場から離れた地域にお済みの方は、交通機関に慣れておらず、会場に行くまでも神経を使ったり、焦ったりということがありますので、事前に、Google マップやYAHOO路線などで、会場への経路を確認しておきましょう。


シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!

京都蒸溜所の人気ジン 季の美の構成原酒を飲ませて頂きました。

季の美の構成原酒は、雑味がなく、個性が立っていて美しい。

先日、東京のウィスク・イーさんの事務所にて、京都蒸溜所の人気のジンである季の美の構成原酒をテイスティングさせていただきました。

季の美をカクテルで頂いたことは、まだ無いのですが、バーで、しっかり冷えたものをストレートで頂いたときには、完成度の高さに驚かされました。

今回飲ませていただいた構成原酒は、礎、茶、辛、柑、凛、芳のコンセプトでボタニカルを分けた6種類です。

礎は、ベースで、ジュニパー、オリス、檜を使用しており、いかにもシンプルなジンという香味で、スッキリしています。

茶は、玉露で、毎日煎茶を急須で飲んでいる自分にとっては、とても、馴染み深い香りで、香ばしい玉露らしい香りがとても心地よく、爽やかでした。

辛は、生姜で、これは、あからさまに生姜でした。

柑は、ゆずとレモンで、どちらかというと柚子の香りを強く感じ、その次に柑橘類のピールの部分に含まれるレモンオイルのようなオイルの香りが上品に香っていました。

凛は、山椒の実と葉でしたが、香り立ちは繊細かつ穏やかで、生々しい植物感のある強い山椒の香りを想像していたのとは全く異なり、山椒の香りが苦手な自分でも意外にいけました。

芳は、笹と赤紫蘇なのですが、ちょっとコレは、どくどくの笹の葉ちゃっぽいクセと、乾燥させた赤紫蘇のこもった香りがして、個人的にはちょっと苦手な香りでした。

ざっと、こんな感じですが、どれも、共通して感じることは、雑味がなく、ボタニカルの個性が立っていて美しいという点です。芳に関しては、もともとが、少しクセっぽい香りなので、しかたありませんが、単独で呑んでも個性的で面白いですし、ちゃんと美味しいと感じられるクオリティだと思います。

それらの原酒が、絶妙にブレンドされて、あの季の美が作られているのだと思うと、より一層、季の美やその他のジンにも、興味が湧いてきました。

なかなかこの原酒を飲める機会はないと思いますが、季の美に関しては、割りとバーに出回っていると思いますので、ぜひ、見かけたら召し上がってみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

生ポールジロー体験ツアーでのフリーティスティング

コニャック・ポールジローを9種類、テイスティングさせていただきました。

前回の記事で書いた、生ポールジローツアーでのフリーテイスティングのアイテムと感想をお伝えしたいと思います。

トラディションと今回お披露目のヴィオディナミとスペシャルボトルの1962以外は、全て、飲んだことがあるボトルでしたが、改めて、比較しながら、テイスティングしてみました。

すべてのボトルは、開けたてで、非常小ぶりのテイスティンググラスでしたので、その点ご容赦ください。

ポールジロー トラディション

こちらのトラディションは、最もとお手頃なポールジローで、熟成年数表記がないものとなっています。

若々しく、フレッシュな印象で、白ブドウのフルーティさのなかに、ブドウの皮のような青い植物感がほんのりあります。正直、複雑さはあまり強くないです。

ツアーでは、ウェルカムドリンクとして、このトラディションのトニックウォーター割りが提供されていましたが、爽快で、甘さが引き立ちで、美味しくいただけました。

 

ポールジロー 15年

こちらは、15年の熟成年数表記入りのもので、先程のトラディションとは明らかに熟成感が異なり、味の深みが出ています。

後口の複雑さや余韻の長さに関しては、上の長期熟成レンジのものには及びませんが、口に含んだ瞬間の味わいや香りが良いです。

 

ポールジロー 25年

こちらは25年で、長期熟成といっても良いレベルだと思います。
熟成感とブドウが持つフルーティさとのバランスが素晴らしく、とても安定感のある仕上がりです。

値段も考慮して、最初にどれか1本だけ買うなら、25年をオススメしたいです。

 

ポールジロー 35年

さすがの熟成感と濃厚さ。

舌に少しだけ渋みが残るのが少し気になりますが、25年とくらべてよりリッチで、複雑さと強い円熟味を感じます。

 

ポールジロー オリジナル

ポールジローをポールジロー氏が自社で初めてリリースしたときのボトルの復刻版です。

価格的にも味的にも、15年~25年の中間的な存在で、熟成感やフルーティさは、そこまで強くはありませんが、まとまりがあるタイプです。少し、こじんまりとした印象です。

 

ポールジロー ベネラブルエディション 2015  42%

2015年リリースのベネラブル(ヴェネラブル)エディションで、シングルカスクでリリースされた1本です。度数は、僅かに高めの42%です。

このボトルは、少し、硬さがあり、グラスのせいもありますが、開けたての段階では、香りの発散が強くはありませんでした。

複雑さと熟成感が強く感じられる1本なのですが、もう少し、時間をかけて開かせてから、大ぶりのグラスでゆっくりテイスティングしたほうが好ましいです。

このボトルは、主催のJISさんのテイスティングルームでも、詰替えのサンプルでも頂き、また、バーでも飲んでいるので、このボトルの良さはわかっていましたが、開けたてを飲んだのは初めてで、最初は香りが立ちづらく、かなり印象が違いました。

くどいようですが、開けたての場合は、ぜひ、時間をかけてテイスティングしてください。

 

ポールジロー キュベスペシャル2014

キュベスペシャルの2014リリースで、2013が大変素晴らしい出来で、それと比べると……とおっしゃる方もいらっしゃいますが、全然キャラクターが違いますし、こちらの2014も非常に素晴らしいと思います。

2013とキュベスペシャルと比べると、酸化熟成の強さというか古酒感はあまり強くありませんが、熟成感はもちろんありますし、1976年に蒸留された1本にもかかわらず、瑞々しいフルーティさな甘さが非常に魅力的です。

 

ポールジロー ビオディナミ 42%

ワインでは比較的お馴染みの自然農法のビオディナミですが、それを、コニャックで取り入れた1本です。

かなり、困難を伴う製法で、もう、ビオディナミでは作られておらず、少量作っていたビオディナミの最後の3樽の原酒を、日本向けにバッティングして、今年の10月ごろにリリースされる予定だそうです。

熟成感はそこまで強くなく、適度に若々しいタイプで、香り立ちは普通ですが、奥に特徴的なバラのような花の香や溶剤感を感じました。

明らかに、他のラインナップはとは違った香りがあり、面白いです。

 

スペシャルボトル ポールジロー 1962

このボトルは、ツアーに参加した方だけが飲めたボトルで、ラベルはありませんが、8年前に来日したときに持ってこられたボトルだそうで、蒸溜は1962年で、今回のラインナップでは、完全に頭一つ抜けたクオリティです。

小ぶりのグラスで短時間で飲むなんて、あまりにももったいないボトルでした。

これこそ、一日の終りに、大ぶりのブランデーグラスに注ぎ、手のひらで温めならが、柔らかで華やかな香りに包み込まれたくなるような1本です。

蒸留酒なのに、アルコールをあまり意識させず、ゴクゴク飲めそうなスムースさで、香り立ちも非常によく、古酒感があり、王道感のあるポールジローだと思います。


※以下宣伝です。

モルトヤマでは、ポールジローをお取り扱いしております。

ご興味のある方は、下記のリンク(ネットショップ)をご覧ください。

https://e-singlemalt.co.jp/?mode=cate&cbid=1762288&csid=1&sort=n

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

東京にて生ポールジロー体験ツアーに参加しました!

ポールジロー氏から直接、コニャック・ポールジローの製法について教えていただける貴重な機会でした。

先日、東京は九段のホテルグランドパレスにて、ジャパンインポートシステム(JIS)さんの主催の『生ポールジロー体験ツアー』に参加させていただきました。

『生ポールジロー…』というタイトルが結構攻めているなぁとは思いましたが、本当に、ツアーの間、ずっと生のポールジロー氏から説明をしていただける贅沢なものでした。

広い会場内には、パネルが生産工程ごとに設けられていまして、そのパネルの写真をポールジロー氏が、英語で説明され、JISのスタッフの方が、通訳をされていらっしゃいました。

こちらは、石灰質の土壌について説明されているところで、実際に、ブドウ畑から出てきた様々な貝や海の生物の化石も展示されていました。

特に印象に残ったのは、ブドウに関する説明で、原料ののブドウへのこだわりというものを、非常に強く感じましたし、やはり、そこは、シングルモルトをはじめとするウイスキー全般のそれとは全く異なるものだと感じました。

ウイスキー界ももちろん、原料を大切にしていますし、シングルモルトでも、ピートをどれだけ炊き込んだ、どんな品種の大麦の麦芽をどこから仕入れるか、そして、どう仕込むのか、もちろん各蒸留所のこだわりがありますが、ブドウが原料であるコニャックは、畑の地形や場所、土壌管理など、より繊細な生産管理や収穫(※ポールジローでは100%手積みで収穫)、収穫後の丁寧な取扱が求められるというところでは、かなり扱いが繊細なようです。

シングルモルトでも、品種やテロワールを重視しした蒸溜所や製品がないわけではないですが、スコッチと言えども、そもそも、麦芽は、スコットランド産の大麦とりもイングランドや他国産の大麦を多く使っているわけで、原料が製品に与える影響の大きさの違いというのは、同じ樽で熟成させるタイプの蒸留酒であっても、異なるわけです。

ちなみに、コニャックで使用される品種は、ユニブラン、フォルブランジュ、コロンバールの3種なのですが、コニャック・ポールジローでは、100%ユニブランを使用されています。

その理由は、一つはユニブランの原料として求められる品質が高いことと、もう一つは、ユニブランは、房が大きく、収穫量が多いため、結果として生産量も多くなるのからだそうです。

そんな感じで、お話を沢山伺うことが出来たのですが、唯一、このツアーで残念だったことは、時間が限られており、質問の時間もほとんどなく、樽の仕入先や材質やこだわり、また、原酒のブレンドの仕方について、もっと伺うことができればよかったと思いました。

それはそうと、ポールジロー氏に会える、貴重な機会を設けてくださった、JISさんには、大変感謝しています。ありがとうございます。

次回の記事では、フリーティスティングの模様やボトルの感想について書きたいと思います。


※以下宣伝です。

モルトヤマでは、ポールジローをお取り扱いしております。

ご興味のある方は、下記のリンク(ネットショップ)をご覧ください。

https://e-singlemalt.co.jp/?mode=cate&cbid=1762288&csid=1&sort=n

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ウイスキー文化研究所の『ウイスキーコニサー向けブラッシュアップセミナー』に参加しました。

スコッチの蒸溜所の最新情報とコニャックについて学びました。

先日、東京は八重洲で、ウイスキー文化研究所の『ウイスキーコニサー向けブラッシュアップセミナー』を受講しました。

講師は、同研究所代表の土屋守先生で、内容は、スコッチの蒸溜所の最新情報(主に所有者の変わった蒸溜所や新設のクラフト蒸溜所関連)とコニャックに関してでした。

プロジェクターを使いながら、土屋先生が口頭で説明されていた点が多く、写真がないと伝わりにくいのですが、お話されていた内容の概要は下記の通りです。

・タリバーディンの所有者の変更と製造の変化
→ダブルコンデンサーが通常の1基のコンデンサーに。

・ローモンドスチルの開発者について
→ハイラム・ウォーカーではなく、ロッホ・ローモンド近くのリトルミルの第二蒸溜所でか?要検証

・ロッホ・ローモンド蒸溜所のポットスチル、グレーン(カフェモルト)の生産について

・インチデアニー蒸溜所について
→ウィンターバーレイ、3タイプイースト、ハンマーミル、マッシュタンク&マッシュフィルター、ダブルコンデンサー、ローモンドスチルなど、通常のモルトの蒸溜所と異なる点について。

・リンドーズアビー蒸溜所
→ウイスキーについて書かれた最古の文献に出てくる、あの修道士ジョン・コーがいた修道院跡で計画されている蒸溜所。
→修道院跡の発掘を行ったところ、蒸溜を行っていたのではないか考えられる形状の遺跡とカーボン(燃えカス)が発見され、ジョン・コーが、この修道院で実際に蒸溜を行っていた跡ではないか?

・ビールで有名なブリュードッグのローンウルフ蒸溜所について
→現在はジンとウォッカの生産を行っている。
→スコッチのレギュレーションにとらわれない独自のウイスキー(スピリッツの生産)を目指している。

・ドーノッホキャッスルホテルのドーノッホ蒸溜所について
→小規模蒸溜所で、長濱蒸溜所に似ている。
→1960年代のボウモアなどに現れるトロピカルフレーバーに関しては、ビール酵母の影響ではないかと考えている。

などなど、他にも蒸溜所についてのお話があり、休憩を挟んだ後、後半は、たっぷりコニャックに関してでした。

コニャックのお話に関しては、今回は割愛させていただきます。

それにしても、参加者の方々は、ウイスキーコニサーの方がほとんどで、著名なバーテンダーさん、メーカーさん、酒屋さんがいらしゃって、そうそうたるメンバーでした。

また、某大手酒類メーカーのチーフブレンダーお二人もいらっしゃっており、それだけ、注目が高いセミナーであったことと思います。

今回のセミナーでは、ウイスキーの世界は日進月歩で、新しい生産者や蒸溜所が出てきているだけではなくて、新しい設備や技術やユニークな試みでウイスキーを作ろうとしていて、今まで常識と思われていたことが、少しずつ常識ではなくなっているのだと痛感させられましたし、新興の蒸溜所の活躍が、さらに楽しみになりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

1 2 3 7