サンシャインウイスキー プレミアム 40% (ブレンデッドウイスキー)

サンシャインウイスキー プレミアム 40% (ブレンデッドウイスキー)

個性ある三郎丸蒸留所の原酒由来の香味も感じられる、比較的お手頃なウイスキーです。

サンシャインウイスキー プレミアム 40% (ブレンデッドウイスキー)

香り:モルティ、バニラ、乾いたピート、独特のミーティさ、漬物を漬けた古い木樽のウッディさ、うっすらカスタード、やや若いアルコールが鼻腔を刺激する、オレンジ。

味:若さを感じるアルコールの刺激、素直なモルティな甘さ、僅かにミーティ、ピートはあるが強くはない。

サンシャインウイスキー プレミアム 40% (ブレンデッドウイスキー)
先日、ウイスキーデイという富山県高岡市でのウイスキーイベントで発表された、若鶴酒造(三郎丸蒸留所)から、4月12日にリリースされる予定のブレンデッドウイスキーです。

もちろん、若鶴酒造三郎丸蒸留所のステンレス製スチルで製造された原酒も使われているのですが、海外から購入されたモルトやグレーンの原酒も使用されているようです。

若さはあるものの、2,000円台のレンジとしては、モルト原酒の味わいがしっかりと感じられますし、三郎丸蒸留所の原酒独特の硫黄系成分の独特のミーティさも感じられ、価格と個性と味のバランスが、限られた条件の中で、うまく整っているように感じました。

三郎丸蒸留所の原酒だけでは、ステンレス製スチルの原酒は、銅製のそれとことなり触媒作用がなく、どうしても、硫黄系の成分が強く癖も強いため、どうしても、それ単体で、正統派のウイスキーを作り上げることは、困難が伴うと思うのですが、このブレンデッドウイスキーに関しては、三郎丸蒸留所の個性を残しつつ、肯定的な意味での飲みやすさというものも、とても大事にされていると思います。

フライヤー サンシャインウイスキー プレミアム 40% (ブレンデッドウイスキー)

ところで、三郎丸蒸留所は、現在、7月のリニューアルオープンを目指して、蒸留所のの改修や新たな機器の導入を進められており、特に大きなポイントとなるのは、今までステンレス製だったポットスチルが、形やサイズを踏襲しつつ、銅製となることで、それにより、大きく酒質が改善することが期待されています。

世界的に見ても、ステンレス製スチルで蒸留されたウイスキーが、一般に流通しているということは、恐らく他に例がないと思いますので、そういう意味では、その原酒も使われているこのブレンデッドウイスキーというのは、少し貴重な存在だと思います。

今後も、三郎丸蒸留所から目が離せませんね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

ザ・ニッカ 40年 43% (ブレンデッドウイスキー)

ザ・ニッカ 40年 43% (ブレンデッドウイスキー)

価格もさることながら、中身も超弩級のブレンデッドウイスキーでした。

ザ・ニッカ40年

香り:マンゴーのような完熟の南国フルーツ、奥からハッキリとしたピート、ミズナラと思われる特徴的な樽香やこなれたスパイス感、腐葉土、ドライフルーツ。非常に複雑で、情報量が非常に多い。
味:非常に柔らかく、スムーズで熟成感が強い。完熟の南国フルーツとやや強めの樽のうっとりする甘み。フルーティさ、ミズナラと思われる特徴的な樽の甘さ、しっかりとしたピーティさ。やはり複雑。ピーティさのいずれも余韻として心地よく残り、ブレンデッドウイスキーとしては余韻が非常に長い。

ザ・ニッカ40年 裏面

雑で抽象的ではありますが、本当に『複雑』という表現が本当にしっくり来ます。

まず、驚いたのは、完熟の南国フルーツ感の要素があったこと。これが、どの原酒由来のものなのかは、よく分かりませんが、ブレンデッドウイスキーでは、響30年にもそれ近い完熟の南国フルーツ感を感じましたが、より、ザ・ニッカ40年では、強く感じられました。

もう1つは、余韻の長さ。とにかく余韻が長くて心地よいです。
それも、ブレンデッドウイスキーでここまで余韻が長いというのも、そうそう体験できるレベルではないと思います。

今まで、長期熟成のブレンデッドウイスキーだと、響30年、バランタイン30年などを初め、代表的なものはいくつか飲んでいますが、ここまで、余韻が長いものは、経験がありません。

私一個人の感想にしか過ぎませんが、自分が飲んだブレンデッドウイスキーなかでは、一番好みの味わいでした。

飲む前に、飲みての大先輩や仲間からは、『非常に素晴らしい』とか『最高!』だという称賛の声を伺っていた反面、『大したことはない』、『あまりに高い』などの否定的な声もありましたが、また、飲めるような価格でないこと以外は、非常に満足できましたし、素晴らしい貴重なブレンデッドウイスキーだと思いました。

例外的なものであることは間違いないですが、飲めて非常に勉強になりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ
http://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録

光吹(みぶき) ブレンデッドウイスキー 43%

光吹(みぶき) ブレンデッドウイスキー 43%

大阪大学の学生の手によって企画された、サントリーのブレンデッドウイスキーです。

光吹(みぶき) ブレンデッドウイスキー 43%

香り:赤ワイン、青い植物感、少し焦げた香ばしい麦芽、柔らかなキャラメル、ピート、熟したビワ、赤いリンゴ、炙った昆布、レモン、ほんのりイチゴ。香りのキャラクターが豊か。

味:少し赤ワインの渋み、香ばしいピーティな麦芽、ビワのようなフルーティさ、オレンジ、キャラメル。

光吹(みぶき) ブレンデッドウイスキー 43% 裏面

能書きは、裏ラベルやネットに掲載されていますので、述べませんが、学生のチャレンジ精神に脱帽です。

あえて、11学部に合わせて、個性のある原酒を11種選び、ブレンドして、一つにまとめあげようとして、面白いブレンデッドウイスキーとして成立している点は、素晴らしいと思います。

きっと、ウイスキーのことに詳しい大人なら、流行りのミズナラ原酒を主体にして、その分のコストの面なども考慮して残りをグレーンとプレーンなタイプなモルトで構成して、ミズナラの利いた日本らしいブレデッドっていうことで販売しようと考えるのでしょうけれど、そんな商業的な側面や流行にとらわれず、学部単位で原酒で表現し、大阪大学を体現しようと挑戦したことは、賞賛されるべきだと思います。

もちろん、サントリーさんの原酒のバリエーションの豊富さや、ブレンド力、ブレンダーの方の的確なアドバイスがあって、実現できた商品でもあると思います。

わざわざオークションで高値で買う必要はないと思いますが、もし、飲めるチャンスがあれば、普段ブレンデッドウイスキーを召し上がらない方でも、ぜひ、一度飲んでみていただきたい1本です。

光吹(みぶき) ブレンデッドウイスキー 43% 原酒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

ジョニーウォーカー ブラック 12年 80年代流通 リッターボトル

ジョニーウォーカー ブラック 12年 80年代流通 リッターボトル

80年代流通のジョニ黒です。飛び抜けてはいませんが、しみじみうまいボトルです。

ジョニーウォーカー ブラック 12年 80年代流通 リッターボトル

香り:強くはないが上品で深みのあるカラメルのようなシェリー感、香ばしい麦芽、穏やかなカスタード、アプリコット、熟したオレンジの皮、少しミントのようなハーブ、あとから灰や粘土っぽい優しいピート、軽く焦げた麦芽の殻。
味:粘性を伴う麦芽と上質なシェリー甘味、少しのスパイシーさ。熟したオレンジの酸味と皮を思わせる苦味と灰。モルティな後口。オールドボトルで、角が取れているが、イキイキとしたアルコール。

この麦芽感は、たまらないです。

当然、時代が違うので、味は当然違う訳ですが、特に、シェリー、ピート、麦芽は、現行とは全く違います。

ブラインドでも、これは、オールドボトルだと分かると思います。

ただ、不思議なくらい、アルコールの角がとれているのに、しっかりしていて、バランスもよく、ブラインドだと、うっかりするとブレンデッドウイスキーだということを見落としそうだなぁと感じました。

このボトルは、友人から、飲み差しのものを譲ってもらったのですが、全くヘタった感じもなく、非常に状態が良かったです。

ジョニーウォーカー ブラック 12年 80年代流通 リッターボトル 裏面

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

バランタイン17年 70年代流通(紋章 赤青)

 

バランタイン17年 70年代流通(紋章 赤青)

バランタイン17年 70年代流通(紋章 赤青)

サンプル交換で頂いたものです。※写真の右のサンプルボトルです。

香り:レーズン、カスタード、白い花、ハチミツ、淡く優しいピート。何の果物か特定できないがフルーティ。
味:濃密な凝縮感。上品なぶどう果汁。昆布の様なダシや甘み凝縮されたような印象。僅かに青い植物感。ブレンデッドウイスキーとしては、全体的にしっかりしている。余韻が長く、現代的なブレンデッド・ウイスキーのように、ガクッと余韻が短く終わるような感じはない。後口は少々スパイシーで活き活きしている。完成度が高い。

バランタインの流通年代の判別には、紋章の色の組み合わせが有効で、70年代は赤青、60年代は赤白となっているそうです。

こちらの70年代は、月次ですが、流石バランタインというべき完成度でした

貴重なものをありがとうございました。

ちなみに、昨年、80年代流通と聞いて、飲ませていただいたバランタイン30年は、上記のどちらの紋章でもなく、やはり、80年代流通で間違いなさそうです。

バランタイン30年 1980年代流通?
http://singlemalt-whisky.net/archives/2067/dsc_1699

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。

シングルモルト通販モルトヤマ

http://e-singlemalt.co.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01210022

よろしければ、クリックしてランキングにご協力下さい。

1 2 3