ボウモア1993~2010 16年 59.9%/ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム

ボウモア1993~2010 16年 59.9% /ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム EXバーボンホッグスヘッド

ボウモア1993~2010 16年 59.9% /ザ・ウィスキーエージェンシー パーフェクトドラム EXバーボンホッグスヘッド

巷で話題になって、しばらく経ちましたが、ついに飲みました。

お世話になっているバーに差し上げて、1杯頂きました。

なお、今回から、テイスティングノートの香りと味を分けて、書くのを止めて、おりまぜて書きます。やはり、香りと味を分けて書くのには無理があるので、その様にさせて頂きます。

※開栓直後の1杯を1時間半程かけて飲みました。

色:薄いゴールド

香りと味:①、②、③、④は時系列。

①開栓直後:極めて鋭いアルコールで鼻が痛い。鼻がやられそうな位アルコールが感が強い。アルコールが若い印象。口に含むと鼻で感じたほどは、アルコールがヤンチャではないが、やはりパワーがある。適度にピーティ。少し潮気。やや甘い。この時点で、アルコールのパワフルさ以外は、ここ最近のボウモアのイメージからは、逸脱していない。

②5~10分経って少しアルコールが落ち着いてくると、香りの展開力を発揮し始める。バーボン樽(ホッグスヘッド)由来と思われるパイナップル香全開。やんわりマンゴー。微かにパッションフルーツが見え隠れ。開栓直後のキャンベルタウンロッホ10周年のボウモアに比べると、マンゴーの印象は薄い。米のもみがら。小麦粉。薄いカカオ。

③さらに時間が経っても、アルコールの力強さは健在。徐々にパイナップル香から、松の葉や針葉樹の新しい材木を切断した時の香りへ変化。小麦粉の様な穀物感が持続。

④加水すると、アルコール感と針葉樹を切断した時の香りが薄れ、小麦粉や甘さ控えめなクッキー的な穀物感が鮮明になる。

総評:個人的には、キャンベルタウンロッホ10周年のケイデンヘッドボウモア1993の方が、マンゴー感や心地よい程度に焦げた麦の甘みが感じられて(※そのボトルも開栓後の一杯目を頂いている)好み。ハッキリ言って、開栓直後の状態では、飲みづらい方もいらっしゃるかと思うので、ある程度、若干ボトルの量が減って、香りが開く待ったら若干飲みやすくなるかもしれない。展開力とポテンシャルは本物。言葉では表わしきれない、色んな香りと味の要素を持ち合わせており、その点は、極めて非凡だと言える。もう少し、時間をおいて、再チャレンジしたい。
 
   

ちなみに、このボトルは、富山市の桜木町(※住所は総曲輪)のリンカーンホール1階の、ショットバーリクオルさんで、お召し上がり頂けます。※売り切れの際は、ごめんなさい。

ワンショット 1,500円です。

『貰い物なのに金をとるな』なんて無粋な事を言わないでください。

お店に利益が出て、その余力で新しいボトルをお店において頂ければ、他のモルト好きの方にも自分自身にもメリットがあるので、それで良いと思っています。

もし、チャンスがあれば飲んでみてください。万人向けでは無いかもしれませんが、面白いと思います。

ボウモア1993~2010 16年 59.9% / パーフェクトドラム