スコットランドの旅~アイラ島 カリラ蒸留所編~

スコットランドの旅。今回は、アイラ島のカリラ蒸留所編です。

エジンバラからグラスゴーを経由して、飛行機(プロペラ機)でアイラ島へ入りました。 

この日は、カリラ蒸留所、ブナーハーブン蒸留所、ボウモア蒸留所の3蒸留所を回りました。

アイラ空港とプロペラ機

アイラ島での案内は、アイラモルト好きには、よく知られているクリスティーンにお願いしました。 
彼女は、今までに、ウィスキーライターのマイケル・ジャクソン氏(※キングオブポップではありません)、土屋守氏、小説家の伊集院静氏や数多くの著名な日本のバーテンダーを案内しています。 
クリスティーンとピート

ボウモア蒸留所で勤務されていた時に、ウルルン滞在に出演され、日本でも有名人となり、今は、世界からやってくる観光客やウィスキー関係者のガイドのお仕事をされています。

移動は、クリスティーンのホルクスワーゲンのミニバンです。クリスティーンは走り屋ですが、非常に運転が上手です。

彼女自身、「私は、島一番のF1ドライバーなのよ!」と言っていました。

写真は、ピートの切り出し場です。乾燥させているピートがありました。

ピート

アイラ島の約1/4の土地は、ピートで覆われているらしく、ところどころ道路がひどくガタガタしている一因は、アスファルトの下のピートの層が、車の重さで徐々につぶれて行くからだそうです。

 
では、早速ですがカリラ蒸留所での模様を……。 

カカリラ蒸留所 車から撮影リラ蒸留所 車から撮影 
ガイドツアーに参加しましたが、残念ながら、ディアジオ社の蒸留所の内部は、基本的に撮影は禁止なので、外観の写真しか有りません(涙)。

カリラ蒸留所を海から撮影

これは、ディアジオ社のポリシーらしいですが、アイラの他の某蒸留所のスタッフの方は、「蒸留所内の写真を取らせないなんて、クレイジーだ!」だと言っていました。 ただ、カリラやラガヴーリンは、ウォッシュバックから直接汲んだ、ウォッシュ(※アルコール度数7~8%くらいのビール状のもの)を飲ませてくれたので、その点親切ではありました。

標識(ポートアスケイグ)
カリラ蒸留所は、アイラ島のポートアスケイグに位置しており、最近、ボトラーズから地名のついたボトルがリリースされていました。

カリラ蒸留所
 
外から見える、ポットスチル。 

カリラ蒸留所のポットスチル外からはネックが、かろうじて見られます。 
カリラ蒸留所のポットスチルその2

蒸留所自体が海岸にあって、アイラ海峡を挟んで対岸がジュラ島です。 

アイラ海峡とジュラ島
このアイラ海峡(= Caol Ila(※ゲール語) = Sound of Islay(※英語)) のゲール語の名前が、カリラ蒸留所の名前の由来となりました。 
 

下の写真は、ウェアハウス(樽の貯蔵庫)です。蒸留所の名前を見ることができます。

カリラ蒸留所 ウェアハウス

海は、非常に澄んでいます。

カリラ蒸留所側の海岸
写真中央の猫は、クリスティーンの飼猫、『SUSHI(スシ)』です。(※後ろの見える山がジュラ島)日本好きのクリスティーンらしいネーミングです。

SUSHI(スシ)

SUSHIとカリラ蒸留所で出逢ったのは偶然で、クリスティーンも驚いていました。

ちなみに、カリラ蒸留所のすぐ側に、90歳を越えるクリスティーンのお母さんの家があります。

クリスティーンのお母さんは、90歳を越える高齢にも関わらず、車で買物に行くくらい元気な方で、途中、我々の車ともすれ違いました。クリスティーンのお母さんは、ウィスキー雑誌のウィスキーワールドのアイラ特集にクリスティーンと共に登場したことが有ります。

こんな素敵な場所でくらして入れば、長生きできそうですね。

 
次回は、アイラ島 ブナハーブン蒸留所編です。