キルホーマン2006シングルカスク(バーボンカスク#348/06) For Whisky Magazine Live!

キルホーマン2006 シングルカスク 61.5% (バーボンカスク#348/06) For Whisky Magazine Live! ボトリング2009年  

キルホーマン2006 シングルカスク 61.5% (バーボンカスク#348/06) For Whisky Magazine Live! ボトリング2009年
 アイラ島の期待の新星、キルホーマンの貴重な初のシングルカスクの商品で、尚且つウィスキーマガジンライブの記念ボトルということもあり、かなり入手困難だったようで、実際、小生も買いそびれました(泣) 

 

3年のセカンドリリースは買って、まだ飲んでいませんが、ファーストリリースは、個人的には、期待ハズレだったのでこのボトルも若干心配していました。でも、このボトルは素晴らしいです。 
 
キルホーマン2年のアンティサペーション(※まだ、ニュースピリッツ)の延長線上にいながらも、3年の熟成年数にも関わらず全体的なバランスが非常によくなって、完成度が高くなりました。  
  
 

テイスティングノート
 
色は非常に薄く、香りは、まず最初に若いアルコール感がきて、すぐさまタラバガニを焼いたような焦げ臭い煙と苦い薬品臭が支配的になる。  
 
口に含むと最初のうちは、若いアルコールのパンチがあるが、不快ではなく、ボディが重すぎることもない。時間が経過するにつれて、アルコールの刺激が大人しくなり、味わいが鮮明になり、自然な、癖のない軽やかな甘さの上に、煙と薬品臭がしっかりと乗っている。やっぱり、タラバガニを焼いて焦げた感じの煙。 
 
間違いなく、独特のスモーキーなクセがあるが、ある程度時間がたつと、多少角がとれて、意外にもバランスがよくりなり、3年のファストリリースにはない飲みごたえとパンチ、2年のアンティサペーションにはない落ち着きと優しさがあり、3年熟成のシングルカスクで、この出来は素晴らしい。  
 
キルホーマンの今後に、さらに期待が高まります。