ウイスキーはビンの中で熟成するのか?:ひとくちメモ

ウイスキーはビンの中で熟成するのか?

よくあるご質問に、『ウイスキーはビンの中で熟成するのか?』と聞かれることがあります。

メーカーさんや一部評論家の見解としては、『瓶内で熟成をすることはありません』というのが答えです。

ウイスキーはあくまで、木製の樽(※殆どがオーク材の樽)の中で熟成されます。

ウイスキーは、瓶内で全く変化しないのか?

科学的にその香味を定量化して、比較したわけではないので、科学的な裏付けがあるわけではありませんが、飲み手の先輩方や一部のモルトバーのバーテンダーの方の間では、未開封の瓶内での変化が起こると言われる方のほうが、私が知る限りは多いです。

また、自分自身、同時に複数本購入したボトルで、リリース当時の香味と、冷暗所に保管して数年経ってから開栓したボトルの香味が、明らかな違いがあったということが何度かありました。

原理は、解りかねますが、冷暗所に保管しても、コルク栓から、水やアルコールが微量ですが蒸発したり、ウイスキー成分が僅かに含まれる瓶内の酸素と反応したり、瓶内のウイスキーの成分同士がゆっくりと反応したりして、香味が変化するということがあるのかもしれません。

未開封の瓶内での香味の変化を、『瓶内熟成』とか『瓶熟』と呼ぶことがありますが、樽の中での熟成とは全く別のものですし、ある種の『劣化』と考える人もいるようです。

いずれにせよ、良かれ悪しかれ、瓶内の香味が変化するということ自体は、恐らく間違いではないと思われます。

よく言われるのは、シェリー樽の一部で見られるような硫黄化合物の香味に関しては、時間はかかりますが、10年、20年と冷暗所に保管しておくことで、その香味が若干弱まったり、消えていくとい現象です。

また、樽の由来の香味と酒質そのもののとが馴染んだり、アルコールの刺々しさが緩和されてスムーズになったりということも言われたりします。

ただ、あまりに長く保存していると、ものによっては、アルコール度数はしっかり残っているのに、ボディが非常に弱く、腰がない感じになってしまうマイナスの変化をする場合があるので、一概に、良い変化をするとは言えません。

とにかく、長くなりましたが、

『未開栓のボトルを冷暗所に保管しても、ビン内ではゆっくり変化するかもしれないけど、あくまで、それは、ウイスキーの世界では熟成とは呼ばない。』

と理解していただければ良いと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録