スコットランド研修2017レポート:ゴードン&マクファイルとベンロマック編

さすがの老舗ボトラーズで、圧倒的な古酒のストックをもつゴードン&マクファイル。

エルギンにある大手の老舗ボトラーズのゴードン&マクファイル(※以下GM)へ伺いました。

残念ながら、こちらの内部の撮影できなかったので、写真が少ない点ご容赦下さい。

こちらは、本社オフィスの外観です。

このオフィスの2階で、サンプルのテイスティングをさせていただきました。

↓こちらは、オフィスの正面に向かって、右手に併設されて建物で、こちらは、ボトリング施設とラック式のウェハウスになっています。

内部の写真が撮れなかったのが、残念でなりませんが、半世紀やそれに近いくらいの熟成をしている古酒と言うべき、非常に古いヴィンテージ樽が何樽もあり、流石というべき、ストックの古さと量でした。

それに、ボトリング施設で箱詰めされて、出荷待ちの商品を見ても、ビックリするようなヴィンテージやレアな蒸溜所のものが……。

具体的なことは申し上げられませんが、どうやら日本以外の市場へ向けて、1本10万円以上するような高額のボトルが、何ケースもボトリングされていて、一体誰が、買うんだろうと思うようなレベルでした。※抽象的な話しか書けなくてすみません。

ウェアハウスでは、GMの歴史や樽へのこだわりなど、多岐にわたってご説明を頂き、今度は、GMのショップへ歩いて伺いました。

GMのショップにも伺いました

↓こちらが、事務所から歩いて10分かからないくらいのところにあるGMのショップです。

もともと、食料品を販売されているということもあり、半分は、食品や他の酒類が販売されているのですが、1つのスペースは、完全にスコッチの販売のコーナーで、現行品から、過去の商品まで幅広く販売されていますが、過去の商品の値段は、まさに今の相場というべき価格で、もう、夢のような価格でした……。

欲しいものは、どれも、ウン万円、ウン十万円というレベルで、とてもとても買えないレベルでした。
3年前に伺ったときも、高くて買えなかった記憶がありますが、その時以上に、貴重なものは、相場に合わせて値段がが上がっているように思いました。

GMの所有するベンロマックへ

そして、昼食をとって、その後、GMが所有する蒸溜所であるベンロマック蒸溜所へ。

1993年に蒸溜所を買収して、5年を掛けて改修し、1998年に蒸溜所を再稼働させました。

ベンロマックでは、一部商品のテイスティングをさせて頂きました。

蛇足

あまり重要なことではありませんが、GORDON & MACPHAIL(ゴードン&マクファイル)の現地の方の発音は、『マクファイル』というよりは『マクフェイル』に近いような気がしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。
https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録