ブナハーブン 1987 29年 44% ホグスヘッド / ウイスキーファインド 山海經シリーズ 盤古開天

ブナハーブン 1987 29年 44% ホグスヘッド / ウイスキーファインド 山海經シリーズ 盤古開天

香り:スパイスミックス、シェリー、カカオ、なめし革、朽ちた樽材、チョコレート、梅干しの仁、ナッツ、レーズン、オレンジピール、仄かに火薬。
味:穏やかなシェリー、カカオパウダー、ミルクチョコレート、古めの樽のウッディさ、円やかだがややスパイシー、ドライアプリコットのようなフルーティさ、オレンジピール、心地よい渋み。

当たり年と言われる87ヴィンテージですが、こちらのボトルも大変素晴らしい出来です。
シェリー由来と思われる香味と、ブナハーブン由来と思われるナッティさや独特のクセのある樽感が、複雑にマッチしています。

仄かに火薬っぽい感じがありますが、全体的な香味のバランスを壊すようなタイプではないですし、瓶内熟成(瓶内変化)で、徐々に消えていき、味わいに深みを与えるタイプではないかと思っています。
また、テイスティングノートを書かれた、ザ・マッシュタンの鈴木氏に確認したところ、開栓後、10日ほどで気にならなくなると仰っていましたので、火薬っぽさは心配されなくて大丈夫だと思います。

モルトヤマの4周年のタイミングで、ご紹介できて嬉しい1本です。
店主の太鼓判とさせていただきます。

それにしても、予め頂いていた、商品案内の写真の色味と、実際に届いたボトルの色味がかなり違って見えます。

もちろん、カメラやライティング、ディスプレイの色など、いろいろな条件の差があるので、参考にしかならないにせよ、かなり違うような気がしましたが、これは、しょうがないですが……。

それと、カスクタイプに関しては、商品案内に関しては、ホグスヘッドという表記のみでしたが、色味や味わいから察するに、明らかにシェリーカスクで、インポーターさんに確認させていただいたところシェリーホグスヘッドだということです。

ウイスキーファインドに関しては、新しい台湾のボトラーズで、最近では、目黒のザ・マッシュタンさんとのジョイントボトルで、クレイゲラヒとアードモアをリリースしたのが、記憶に新しいです。

新しいボトラーズにも関わらず、かなり、他のボトラーズとのコネクションもあり、良い樽を引っ張る事が出来ているようですし、積極的にリリースをされています。

今年、もっとも注目すべきボトラーズの一つだと思いますので、要チェックです!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※以下宣伝です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シングルモルトウイスキーのご用命はシングルモルト通販モルトヤマへお願いします。シングルモルトウイスキー専門店 シングルモルト通販モルトヤマ

https://e-singlemalt.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 シングルモルト通販モルトヤマ メルマガ登録のご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メルマガでは、新着商品や限定のご案内品のご案内をいち早く行っております。
メールアドレスの入力で、簡単に登録できますので、お気軽にどうぞ!
メールマガジン登録