ハイボールの次へ

こんな記事を見つけた。

「ハイボールの次」へ… 異種コラボ企画でウイスキーの消費者拡大狙う

YAHOO!ニュース by オリコン

 

ボウモア1982 ピアレスコレクション その2拡大写真ハイボール絶頂の昨今、このチャンスを活かそうと、ウィスキーを製造、販売する側が、必死にウィスキーを多くの人に知ってもらおうと、いろんなイベントや企画をしているのわけだ。

一つ一つの取り組みは微力かもしれないが、大事なことだ。

もちろん、美味しいウィスキーを造ることが大事なのは言うまでもないが、そのウィスキーを飲んで貰う機会は、かなり少ないので、こういうやり方が必要なのだと思う。

CMをガンガン流したところで、かかる費用は莫大だし、一過性のブームで終わる可能性が高いので、地道にウィスキーの良さに気づいていただく機会を、積極的に作らなければないらない。

 

個人的には、本当にスタンダードなものでいいので、居酒屋チェーンで、もっとシングルモルトを置いてもらえるといい思う。

たしか、昔、富山の白木屋には、サントリー系のシングルモルトである、山崎、ボウモア、ラフロイグあたりが置いてあった気がするが、もっといろんな居酒屋チェーンで置いてもらえると、BARで飲むよりも気軽にチャレンジできるはずだ。

 

それはそうと、なにより景気が良くならないといけないか……。

政治家さん、頑張ってください。

少しは、信じています。少しは…。

 

あと、日本のウィスキー、もう少し安くしてほしい。特にシングルモルト。

スコットランドと日本とが、物価が極端に違うことはないと思うのだが(苦笑)

輸送費だの、輸入代理店の利益だのを上乗せしているはずなのに、同じくらいの熟成年数のスコッチのシングルモルトが、日本のシングルモルトの半分くらいの値段だったりすると、手が出ないので、よろしくお願いします。