閉鎖蒸留所のテイスティング会のガイドを努めさせて頂きました。

先日、閉鎖蒸留所のテイスティング会のガイドを努めさせて頂きました。

<ラインナップ> 
1、リトルミル12 年 OB 
2、ピティヴィアック1986 14 年 チーフテンズ 
3、コンバルモア1981 17 年 G&M コニサーズチョイス 
4、レア エアシャー( レディバーン)1975 36 年 S.V.  カスクストレングス コレクション 
5、キャパドニック1969 41 年  DT レアレスト・オブ・ザ・レア

テイスティング会の模様

ご参加いただいた10名の皆様、ご協力頂きました皆様、会場をご提供いただきましたリクオルの杉本さん、そして、主催・企画・ボトルの提供の長谷川さん、ありがとうございました。

おかげさまで、満員御礼で、マニアックなボトルで、味もマニアックなのが多かったですが、お楽しみ頂けたことと思います。

次回の開催時期は未定ですが、ボウモアをテーマに長谷川さんが企画されていますので、皆さん楽しみにしていてください。

ちなみに、先日は、遥々、岐阜県高山市からのお二人の方にお越し頂きました。
そして、そのうちのお一人は、アメリカ人の男性で、店主と同じ30歳の方でした。

テイスティング会が終わってからも、そのお二人は、熱心にジャパニーズモルトを中心に沢山美味しいウイスキーを召し上がっていらっしゃいました。

アメリカ人の方が、アメリカンウイスキーではなく、ジャパニーズウイスキーを熱心に召し上がっていて、改めてジャパニーズウイスキーの魅力に気付かされましたし、日本人として、誇らしい思いでした。(※そのアメリカ人の方は軽井沢がお好きなようでした。)

こうやって、ウイスキーの輪が、県外の方や、外国人の方にまで広がっていくことは、ほんとうに嬉しい限りです。

今後も、富山からウイスキー好きを増やし、ウイスキーを発信できるように頑張りますので、よろしくお願いします。