シングルモルトウィスキーを楽しむ会 前編

どうも、未だに風邪にやられているモルト見習いです。

でも、頑張って、記事を書きます!!

 

実を言いますと、11月の某日、富山市内の某所の喫茶店にて、モルト見習いの企画でシングルモルトウィスキーを楽しむ会を開催いたしました。

この会は、あくまでマニアックな試飲会ではなく、お酒が好きな方であれば、普段シングルモルトになじみのある方でも、そうでない方でも楽しめる会として企画をし、食事もお出ししました。

 

テーマは、『高級シングルモルトウィスキー』ということで、“富山では”比較的珍しい物を中心に揃えました。

あくまでも、“富山で”ですので、都心部の皆様、馬鹿にしないでくださいモジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

写真は、喫茶店の店主の方が、この会の趣旨について、改めて事前に説明をしてくださっているところです。

モルト見習いが写っている写真は、まだ、データーを頂いておりませんので、それは、後日ということで…。

写真には、かろうじてボトルの写真が写っています。

ウィスキーを楽しむ会 オープニング

(≧▽≦;)あちゃ~。 分かりづらくて申し訳ありません。

頭の陰にボトルが…

参加者の方の頭の影に、かろうじてボトルが見えます(汗)

参加者は13名様でした。

お出しした、シングルモルトウィスキーは以下の通りです。

 

グレンリベット12年 フレンチオークフィニッシュ 40%/オフィシャル

 グレンリベット12年 フレンチオークフィニッシュ

 

グレンリベット16年 ナデューラ 59.7% バッチ№0407C/オフィシャル

グレンリベット16年 ナデューラ

 

ボウモア6年 シャトーマルゴーフィニッシュ 46%/マーレイ・マクダヴィット

ボウモア6年 シャトーマルゴーフィニッシュ マーレイ・マクダヴィット

 

ピアレスコレクション・ボウモア1982年(~2009年) 26年熟成 54.8% カスク№85065/ダンカンテイラー  

ピアレスコレクション ボウモア1982 26年 54.8% 

 

マッカラン FORTIES 40%/オフィシャル

マッカランFORTIES

 

スペイモルト(フロム)マッカラン1969年 46% ボトリング2009年 CASK No.9368/ゴードン&マクファイル

スペイモルト・フロム・マッカラン1969(~2009) ゴードン&マックファイル

 

すべて、モルト見習いの個人ストックです。

大切にしていた、マッカラン1969を開けちゃいましたウルウルo(TωT )( TωT)o ウルウル

 

いずれも、ハーフショットでご提供しましたが、ウィスキー代はお一人様あたり2,000円でしたので、大変お得だった思います。

っていうか、このために開封した物が多いので、モルト見習いは、大赤字です(汗)

別に、転売したり、誰かにお店で提供するわけじゃないですが……。

 

おまけに、このためにテイスティンググラスを40脚くらい購入したので、目も当てられません。

これも、シングルモルトウィスキーの魅力を伝えるためと思えば、痛くな………痛いです(苦笑)

でも、これも、シングルモルトウィスキーの未来のためです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

 

目玉は、スペイモルト(フロム)マッカラン1969でしたが、個人的にはピアレスコレクションのボウモア1982が、一番気に入りました。

正直、経験が少ないのでえらそうなことは何も言えませんが、好き嫌いが分かれる80年代のパヒューミーなボウモアの中でも、かなりの上物かと思います。

いわゆる、香水だのラベンダーだのハーブだのって言われるタイプですが、これが意外にも、すごくバランスが良いんです。

 

長くなりましたので、ボトルの内容や会の詳細に関しては関しては、”シングルモルトウィスキーを楽しむ会後編”でお伝えいたします。

お楽しみに☆