第1回シングルモルトウイスキーを楽しむ会のガイドを務めました。

7月14日(土)に、総曲輪のBAR&KITCHEN TOWSER(タウザー)で開催されました、『第1回シングルモルトウイスキーを楽しむ会』のガイドを、スコッチ文化研究所 認定 ウイスキープロフェッショナルのせんむくんが務めました。

お陰様で、参加者の方は22名様と、予想を反する大盛況でした。

6種類のシングルモルトウイスキーの製法と味わいの違いを、ご説明させていただきました。

・マッカラン12年

スコッチの中のシングルモルトウイスキーの定番ですね。知名度抜群。スペイサイド代表として。

そして、シェリー樽熟成にもっともこだわる蒸留所の一つということで、お出ししました。

・スプリングバンク15年

キャンベルタウン代表として。これには、塩気とアルコールの刺激というかドライさを感じて貰いたいとの思いで選びました。

・クライヌリッシュ14年

北ハイランド代表として。いろんな要素をバランスよく兼ね備えているのがクライヌリッシュの特徴です。ボトラーズものによっては、麦芽感が非常に強い物や海藻や海っぽさが強い物がありますが、このオフィシャルのクライヌリッシュには、飛び抜けた個性はないですが、優れたオールラウンダーとしての魅力を感じて頂きたくて、選びました。

ただ、他の個性的なラインナップに比べて、特徴をつかみにくかったと思います。

・ハイランドパーク18年

アイランズ代表として。オークニー諸島のメインランド島で作られる、独特のアロマティックなピート香と、バラスがよく、しっかりとした飲みごたえが特徴だと思っています。

本当は、12年をお出ししたかったのですが、お店の都合で18年に……。18年はシェリー樽で熟成させた原酒の影響が大きいせいか、独特のピート香は、12年よりも感じにくかったかもしれません。

・ボウモア12年

アイラ島代表として。アイラの女王と呼ばれ、位置的にも酒質的にも、アイラの中で中間的・中庸的な存在だと言えると思います。ピート香(正露丸的な香り)とかすかな塩気(潮気)を感じていただけたと思います。

・ローズバンク21年(1990年ヴィンテージ)

ローランド代表として。そして、今回の目玉ボトルを担ってもらいました。

1993年に閉鎖した3回蒸留を蒸留所ですが、個人的にはなかなか好きです。

このボトルは、限定品のカスク・ストレングス(樽出しのアルコール度数)の53.8%で、価格も2万円オーバーで、他のボトルの倍以上の値段の希少な高額商品です。

アルコール度数が高いので、もちろん、飲みづらい 点はあったと思いますが、柔らかくバニラ的で上品な甘みと、ボティは細身なのにもかからわず、口の中に広がった香りや刺激が心地よく鼻まで抜ける切れの良さと、甘く華やかな香りの豊かさを楽しんでいただけたと思います。

このローズバンクには、ほとんどの方が大満足でした。

自分が気付いていないだけでなく、富山にウイスキーに興味がある方々が、たくさんいらっしゃること非常に多くいらっしゃることが分かり、非常に嬉しかったです。

また、まだまだ自分自身の勉強不足を感じ、反省点も多々ありますので、この経験を第2回目以降に活かしたいと思います。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、宣伝などでご協力いただいた皆様にも、この場を借りて御礼申し上げます。

ちなみに、第2回はこちら↓たくさんのご参加をお待ちしております。前日までにお申し込みください。

タウザー第2回シングルモルトWhiskyを楽しむ会
タウザー第2回シングルモルトWhiskyを楽しむ会