スコットランド旅行記~ラガヴーリン蒸留所編~

まず最初に、お断りしておきますが、カリラの項で申し上げましたとおり、ディアジオ系列の蒸留所の内部は基本的に撮影できませんので、ほとんどラガヴーリンの写真は有りませんので、悪しからず。

上の写真は、後述する城跡の方向から撮影しました。

上の写真は、ラガブーリン蒸留所の正面です。昔は、ホワイトホースの馬のマークがあったらしいです。

↑建物のアップです。正面に入り口は、いきなりショップです。

右手に、廃墟となった城跡がありますが、何のお城か忘れました(汗)

蒸留所の右手に流れる用水です。仕込み水なのか、冷却水なのかは分かりません(汗)

写真は、いきなりウェアハウス内。ここだけ、写真をとってもいいようだったので、内部はここだけ撮影しました。

職人のおじさんが、樽から直接ヴェリンチで原酒を汲みだして、シングルカスクのカスクストレングスのノンフィルターの状態でグラスについで飲ませてくれます。

ニューポット、バーボンバレル、シェリーバット(ペドロヒメネス)、あと、1966ビンテージの長熟の樽の原酒を飲ませてくれました。

1966ヴィンテージは、色と味から考えると、シェリー樽系とは考えにくいので、恐らくバーボン系の樽だと思います。

非常に貴重な長熟で、優しく複雑な香味でしたが、樽自体の影響は低いと思います。

酒質自体も、最近のオフィシャルとくらべると、そんなに太くなかったです。

長熟のラガブーリンという点においては感動しましたが、単純に味わいだけで評価すると、微妙でした。

というより、現在当たり前に飲めるオフィシャルの16年の完成度と飲みごたえがしっかりしているから、そう感じるのかもしれません。

むしろ、ペドロヒメネス樽のモノのほうが、ベンリアック12年のシェリーウッドのように、甘くでフルーティで、なおかつラガブーリンらしいピーティさも兼ね備えていたので、面白かったです。

この上の写真は、クリックすると拡大されます。カメラのロングパノラマ機能で撮影しているので、おじさんが細くなったり、多少歪みが出ていますので、ご了承ください。