スコットランド旅行記~ボウモア蒸留所 蒸留&熟成編~

だいぶ、前回から間が開きましたが、続編を…。

ボウモア蒸留所のポットスチルは4基で、確か右2基が初留器、左2基が再留器だったと思います。

ネックも、初留器の方が太くて、一回り大きですね。

上の写真は、初留器とコンデンサーです。ネックの所にガラス窓が付いていますが、サイトグラスといって、基本的に初留器に取り付けられている部品で、内部の泡立ち具合のチェックに使用します。

そして、その蒸留液が通過するのが、真ん中のスピリットセーフです。

左は、蒸留のコントロールを行う制御装置だそうです。

次に、ウェアハウス(熟成庫へ)。
上の写真は、1番目のウェアハウスです。ここを案内してもらいました。もちろん、厳重に施錠してありますが、セコムやアルソック的なセキュリティーは見当たりません。

上の写真は、蒸留所のお姉さんが、ニューポットを見せながら、最初は、こんなに無色透明なんですよ!と説明しているところです。

ニューポットの試飲をしています。左のお兄さんは、台湾人のワンさんです。ワンさんは、英語がペラペラでした。

これが、樽の側面で、鏡板にバーコードを貼って、樽を管理しているようです。

これが、自分で樽からくみ取ったモルトたちです。奥にあるとんがった金属の棒を刺して、だぼ栓(ふた)を開け、ヴェリンチとかいうでっかいスポイトみたいな金属の棒で吸い上げます。

手前から、バーボン樽熟成、シェリー樽熟成、ニューポットです。バーボンタルトシェリー樽のどちらも10年くらいの熟成だったと思います。

シェリー樽の方は、これといった特徴もなく普通でしたが、バーボン樽の方は、パイナップルフレーバー全開でした。パーフェクトドラムのボウモア1993 16年に通ずるパイナップルフレーバーでしたが、割と単調でマンゴー的な要素は感じ取れませんでした。

上の写真の樽は特別な樽で、左は1965年の樽で、中身が入っていました。ローマ字で「シェリフズボウモア」って書いてありました。

お姉さん曰く、マンゴーのような南国フルーツの香りが炸裂する絶品らしいです。

右の樽は、サントリーの経営者一族の佐治氏の名前が入っています。

ワンさんが『飲ませてよ!』って言ってくれたのですが、もちろん、一滴も飲ませてもらえませんでした。

うまく、英語が聞き取れなかったのですが、上段の右の樽が、現存する最古の樽で1957ヴィンテージだと説明されたと思います。中身が入っているのかどうかは、確認できませんでした。

このあと、お客さん向けのテイスティングルームに通され、数種のボウモアを頂きました。個人的には、21年ポートワイン熟成が好きでした。

単調ではあるのですが、麦芽の甘みと香りが強良く、あんまり難しいことを考えずに飲めます。

とりあえず、ボウモア蒸留所に関しては、これにておしまいです。次回からは、ラガヴーリンです。

お楽しみに。