スペイモルト・マッカラン1967と1969のその後

先日のスペイモルト・マッカラン1969~2009という記事でも書いた、スペイモルト・フロム・マッカラン(ゴードン&マックファイル)の1969(~2009、46%、カスクナンバー9368 日本向け)と、1967(~2008、43%)の、開封後の味の変化を確かめてきました。

スペイサイド・マッカラン1967と1969

※写真は、携帯電話のカメラで、お店の方の許可を得て撮影しました。(画質が悪くてごめんなさい。)

感想はというと、両方とも展開の仕方がすご過ぎます。時間の経過共に、味や香りの変化が劇的過ぎて、モルト見習いの限界を超えていました。

あくまで、相対的な評価ですが、スペイモルト・フロム・マッカラン1967(~2008、43%)は、やはり開栓直後と同様、シェリー香がグラマラスでバラの花束のように華やかですが、マッカランとしての適度な重みや力強さも感じさせる、ゴージャスで秀逸なモルトです。

繊細でかつフルーティで、どちらかというと線が細いですが、本当に華やかでリッチなシェリーの香りが素晴らしいです。

そして、開封直後、全然、面白くなかったスペイモルト・フロム・マッカラン1969(~2009、46%)ですが、こちらは飛躍的に変化しました。こちらも、1967に負けないくらい華やかなのですが、シェリーの香りの出方が控えめでバランスが良いという意味では、より洗練されています。ケバケバしく無いモデル美人って雰囲気です。でも、あくまで骨太です(笑)あとは、樽の香りも結構感じられ、シェリー由来の濃いカラメルのような印象が強いです。
酒質の太さは、明らかに1967とは異なり、どっしりと太く、しっかりしています。

1969は、開栓直後とあまりにも違い過ぎていて、驚かされました。

BARのマスター曰く、この1969は、開栓の際は、少し濁っていたのだけれど、その後次第に濁りがなくなって、見た目も全然違うものになったとおっしゃっていましたが、確かに、その通りでした。

どちらにも、共通して言えるのは、グラスに注いでからの味と香りの変化の度合いが劇的で、変化が幾重にも重なって起こります。

展開力が半端じゃないです。

また、熟成年数は、約40年と約41年ですが、決して熟成感があるからと言って、単に儚く、優しくまったりさせるタイプではなく、枯れることの無いボディに、適度に華々しいシェリーをしっかり身にまとっています。

60年代や70年代やオールド・ヴィンテージのオフィシャルのマッカランは、恥ずかしながら飲んだことはありませんが、どちらも、マッカランの名前に恥じない銘酒だと思います。