ウィスキーエキスパート試験勉強中

ウィスキーヘリテージセンターの展示ボトル(マッカラン)平成22年10月に行われるスコッチ文化研究所のウィスキーコニサー試験 ウィスキーエキスパートの試験勉強をちょろっとやっているが、まぁ、これが難しい。 
 
いや、難しいというより、アメリカン、アイリッシュ、カナディアンウィスキーについて、ほとんど無知であるからだ。

情け無いと言う他ない。解けない問題が無いわけではないが、個別の蒸留所の知識になるとお手上げ状態になる。

ただ、平成18年の過去問は、自己採点では、約78点という合格点を取れたが、他の年度(※試験は平成16年から行われている)の試験は、6割くらいという状況で、これでは不合格である。(※合格点は約70点とのこと)

あと、スコッチでも、蒸留所の所有者やマニアックな特徴を聞かれるとかなり怪しい。 
お恥ずかしながら、普段はアイラモルトばかり飲んでいるので、地域区分が怪しい蒸留所が沢山ある。  

というのも、ハイランドと一口にいっても、それが、東西南北ハイランドのどれに分類され、さらに、地図上のおおよそどこら辺なのかまでわからないと厳しいのだ。
 
簡単なところで言うと、例えば、グレンドロナック蒸留所は、現在の地域区分ではハイランドに属するということを知っていても、それがスペイサイドに近い東ハイランドであることを知らないと解けない問題が出てくるわけである。

もっと言うと、全蒸留所のおおよその位置関係が分かっていないと、『蒸留所を北にあるものから順に並べよ』という問題が出たときに、勘に頼る他なくなるわけで、地図を見ながら勉強することが重要なのだ。それ以外にも、スコットランドの地図を使った地理問題や、アメリカとアイルランドの地図を見ながら、地名や蒸留所名や場所を問う問題もある。

試験まで、もう1ヶ月ないのだが、日々、自信がなくなっているのは、間違いないと思う。

頑張ります(涙)