ロングモーン1972~2010 37年 51.3%/スリーリバース ザ ライフ

ロングモーン1972~2010 37年 51.3% リフィルシェリーバット カスクNo.1098 ザ・ライフ / スリーリバース

ロングモーン1972~2010 37年 51.3% カスクNo.1098 ザ・ライフ / スリーリバースこのボトルは、スリーリバースとウィスキーエージェンシー(TWA)が同じひとつの樽をシェアしてそれぞれのブランドでリリースしたのですが、そこまでする価値のある樽だと思います。

ウィスキーエージェンシーでは、パーフェクトドラムとしてリリースされていますが、当然のレベルですね。

個人的に、モルトで久しぶりにホームランが出ました(笑)

満塁ホームランじゃないかもしれませんが、かなり素晴らしいです。3ランかな(笑)

いずれにせよ、自分にとってはホームランレベルです。

表のラベルのインパクトもさることながら、何がすごいかって、ボトルの裏面のラベルのテイスティングノートが、全く期待を裏切らないこと。

ハッキリ言って、ボトラーズのコメントやらインポーターのコメントなんていうのは、商い的な感じで『盛ってる』(大げさに言っているの意)わけで、今まで、何度と無く裏切られてきたわけですが、このボトルは違いましたね。

今回は、裏のラベルのテイスティングノートがあまりにも無駄がなくて解りやすいので、細かいことは述べません。

補足するなら、全体として熟成感はありますが、まだまだアルコールが活き活きとしていてで、エネルギーを感じられるところがいいですね。

どちらかというと、昨年末にリリースされていたGMのケルティックラベルのロングモーン1965 44.4%などの長熟ロングモーンと比べると、パワフルでボディがしっかりしていて、飲みごたえもしっかりあります。

それに、ねっとりした甘みにハッキリとした南国フルーツフレーバー(マンゴー、パッションフルーツ)、桃とが合わさって、そこに爽やかな軽い苦味がアクセントとなり、たまりません。

素晴らしいです。とにかく、難しいことを考えず飲めるというか、率直に『感じる』ことが出来る1本で、今まで飲んだロングモーンの中では、ダントツでした。

今のところ、個人的には今年No.1の1本のオススメです。

ロングモーン1972~2010 37年 51.3% カスクNo.1098 ザ・ライフ / スリーリバース